« ”うみたまご”に行ってきた3 | トップページ | 「周遊きっぷ」ついに廃止… まぁ既定路線でしょうが »

2013年2月 9日 (土)

照明のLED化ぼちぼち進行中

気がつけば新居に引っ越して3年が経ちました。

よく使うところの電球は交換が必要になってきます。

その中の一つ、ダイニングテーブルの上の照明。電球→電球型蛍光灯と更新していましたが、点かなくなったので、一つLED電球に。

LED電球もいろんなタイプがあって選択に困りますが、妻は「天井まで明るくならなくてもいいよ」とのことだったので、光線の広がりが特別広くないタイプを購入。

Img_7330Img_7331

違いが分かりにくいので露出を落として撮影したのが下の写真。右がLEDなのですが、光っている部分が小さく見えます。

Img_7334

60W電球相当の蛍光灯を40W相当のLED電球に変えたのですが、テーブルの上は以前のものより明るく感じます。配光の違いのためか?

特徴的なのは影の形。LED電球で出来る影はクッキリ。点光源であることがよく分かります。雰囲気を大切にする人は大きな違いと感じるかもしれません。

残る一つも、近々交換しましょう。

Img_7341

本命はリビングのコレなんですが、5つまとめて交換すると結構な金額になるので慎重に検討中。まだ手元に予備の電球型蛍光灯が1つありますし。

あとは庭の写真から。

Img_7335

ちっちゃなスズランっぽい花

Img_7337

この間物置から救出されたチューリップの球根。本来の場所に収まって、芽を出し始めました。

Img_7338右の写真は植えたばかりのカボス。実のなる木が欲しくて、何か植えたいと探していました。

「食べること」を期待すると今イチだったときに扱いに困るので、鍋物とかに使うほうが無難かな、という点と、ご近所の大分で良く作られているから、ということでカボスをチョイス。

実がなるのが早いか、アゲハの餌になるのが早いか、というのが今年の注目点です。

Img_7340_2

« ”うみたまご”に行ってきた3 | トップページ | 「周遊きっぷ」ついに廃止… まぁ既定路線でしょうが »

家(インテリア・設備)」カテゴリの記事

家(DIY・ガーデニング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 照明のLED化ぼちぼち進行中:

« ”うみたまご”に行ってきた3 | トップページ | 「周遊きっぷ」ついに廃止… まぁ既定路線でしょうが »

無料ブログはココログ