« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の9件の記事

2012年12月29日 (土)

JA08MCの雄姿を撮ってきた(飛んでる姿は小さいです)

Img_6783 クリスマスも終わり、世の中は仕事納めと帰省ラッシュ。私は仕事が少し残っているので完全に正月気分とも言えませんが、妻子が先に帰省したのをいいことに羽を伸ばしています。

今朝は起きると風もなく天気もわりと良い。明日は雨と言っています。そこで、JA08MCを撮りに行くなら今日しかないと情報収集。

朝9時過ぎにFlightradar24を開くと、SFJ76として東京に飛び立ったところ。次は北九州へのSFJ77なので、これなら午前中用事を済ませて、撮影して、夕方の予定に間に合う。これは素晴らしい巡り合わせ。

で、13時前に北九州空港に到着いたしました。

Img_6806 Img_6807

エプロン南側から望むと、周防灘に面した護岸を工事していました。

以前の写真(これは去年の投稿)を見ると、壁などなく緑地帯のすぐ向こうが海のように見えますから、堤防をかさ上げしてるようです。津波対策でしょうね。

写真を撮るときに、バックに海とか船が入りにくくなるのが残念ですが、安全のためなので致し方ない。

Img_6810 Img_6815 Img_6823

SFJ77が到着しました。北側からの着陸で、しかも逆噴射をしっかりしたのか?いつもより一つ手前の誘導路を曲がってしまいました。うーん遠い写真ばかり…

この距離では金帯も相当意識しないとわかりません。

Img_6826

手前から、今日お休みのJA04MC、釜山から帰って来たJA07MC、そして最新のJA08MCという並びになりました。塗装の違いが何となく分かるかなぁ…

Img_6834_2 折り返し作業を待っている間に、ビジネスジェット風の双発リアジェットが(IFRのクリアランスをとって)出て行きました。

あっという間に離陸して遥か頭上へ。

目的地は八尾のようでしたが、どなたが利用されていたのでしょうね?

Img_6843 Img_6847 Img_6853

SFJ82として出発です。今度はR/W36リクエストでこちらへ来てくれました

Img_6858 Img_6860 Img_6866

滑走路へ。新品はマーキングの映り込みがきれいです。

Img_6868 Img_6874

Take Off

36(北向き)離陸だとタキシングは迫力あるけど、向こうに飛んでいってしまいます。結局飛んでる姿は小さくしか撮れませんでした。

36着陸か、18離陸のどちらかは、と期待していましたが、風がないのとトラフィックが重ならなかったので、タキシング距離が短い18着陸・36離陸になってしまいました。

Img_6886

最後に参考は、1号機のJA01MC

2012年12月24日 (月)

クリスマス前に雑感

日付の上ではクリスマスイブになりました。

ついに子供に「新作のゲーム」なるものをせがまれるようになってしまいましたが(まだサンタを信じているらしく、あくまでも親ではなくサンタさんへ頼む、というスタンス)、準備をしていて入手難であることに気づきました。

Butsu
近所の店数軒で売り切れ、入荷見込み無し、イ〇ンのチラシに入荷予定とあったけど、仕事で夕方以降でないと行けない日。通販サイトも見て回って、箱がニヤッとしている某社は在庫はないもののクリスマス前の入荷予定が書いてあったので申し込み。で、なんとか確保できました。

同じソフトのダウンロード(DL)版はいくらでも売っているのですが、特定の3DSにDLして使うというメリットがない状況だし特に安いわけでもないし、サンタからのプレゼントには向かないし、で回避。

通常版(メモリカード)の流通量が少ないのはDL版を売りたい〇天堂の策略か?と思ったりもしたのですが、「メモリチップが特殊で、予想以上の売れ行きで納期が間に合わず」という言い訳がホームページにありました。まぁ仕方ない。

こういう騒ぎになったときに気になるのが「転売屋」の存在。こんなふうにご近所トラブルになったりもしているようです。

子供のクリスマスプレゼントを近所のママから譲ってもらおうとしたら「定価じゃちょっと…」

まぁどっちもどっちという話ですが…

うちが購入した通販サイトでも「出品」と称して「新品」がプレミア付きの値段で売られています。中古市場を作りたい(そこも自分のところでおさえたい)という企業戦略は分かるのですが、自社の販売品と区別がつきにくい画面構成と、プレミア付きの「転売商品」が大手を振って売られているのには辟易します。価格決定は自由なわけですしそこにケチをつけるのは難しいですが、入り口を別にするなどの対策をして欲しいと思います。(なので要注意のサイトと思っているのですが、ここが最安値だったり他に在庫がない物があったりすることも少なくないので、チェックはしてしまいますね

閑話休題

小学校へ上がる下の子のために、机を買おうとカリモクのショールームへ行ってきました。ここの家具はシンプルで造りがしっかりしているので好きです。(正直なことを言えば当面自分の机で勉強しないのは上の子をみて分かっているので、すぐに買わなくても良いのですが、スポンサー様の意向もありますので)

学習机の他にも色々とお勧めされてしまったのですが、これはヤバい(最近流行の良い意味のほうでw)と思ったのはこれ。

First2

「ザ・ファースト」というシリーズで、詳しくはこちらの公式サイトを。

深いリクライニング角度とか、ホールドの良さといった座り心地以上に凄いと思ったのは、リクライニング動作が自然で余計な操作が不要な点。一般的な、レバーを操作したときにロックが外れてリクライニングする椅子とは異なり、座った状態で背を倒していくとスッと倒れる。戻そうとするとスッと戻る。しかし、決してフニャフニャバタバタするわけではなくて、椅子に身をゆだねると角度は変わることなく安定したまま。あくまでもリクライニング角度を変えようと意図的に力をかけたときだけ動くように設計されています。その力加減の調整が良くできていて感心します。

言葉では説明しにくいのですが、一度座ってみればすぐに分かります。結構なお値段と、置き場がないために、私はすぐに手が出せませんが、座ると欲しくなることは間違いありません。そんな椅子です。

2012年12月22日 (土)

山陽新幹線でも携帯使える区間が延伸中

このあいだ、台所にあった我が家の菜園の収穫物

Img_0948

「ホウレンソウの育ちが今イチだなぁ…」と妻に言ったら、「時々収穫しているわよ」との返事。レタスと同様に、伸びてきた葉っぱから次々収穫する作戦を遂行中だとか。ですので、今回収穫されたものも葉っぱ1枚1枚。そりゃ残ってる奴は貧弱に見えるわ

何にせよこの時期に緑が得られるのはありがたいです。

話題変わって、来春のJRダイヤ改正の話題が報道されていました。

各社のプレスリリースをチェックすると、目玉は

  • E5系「はやぶさ」が320km/hで運転を開始
  • E6系「スーパーこまち」デビュー、300km/hで運転
  • 一方、200系は引退

といったところで、JR東日本の新幹線の話題が目立ちます。
N700A投入の話題もありますが、ダイヤ改正とは直結しません。
当地に関連するものは、

  • 広島~鹿児島中央の「さくら」新設
  • 多客日に臨時の「みずほ」を設定

くらいでしょうか。新大阪~鹿児島中央が設定出来ない早朝深夜に区間便を設定してきたのは、直通需要がそれだけあるということですね。

ダイヤ改正を調べていて、次のプレスリリースに気づきました。

「東京~新岩国駅間」で携帯電話がつながりやすくなります

山陽新幹線における携帯電話通信サービスの対策延伸について
 現在、山陽新幹線のトンネル内などは携帯電話がつながりにくい区間があり、お客様にはご不便をおかけしております。(中略)携帯電話の不感地帯の解消に取り組んでおり、去る6月26日には福山~三原駅間のサービスを開始し、現在は三原~広島駅間の対策に取り組んでいます
 この度、広島駅~第2玖珂トンネル間でトンネル内不感地帯の解消に向けた対策を実施することが決定いたしました。
 この対策により、東海道・山陽新幹線では東京~新岩国駅間のトンネル内で携帯電話がつながるようになります。

詳細
1 新たな対策実施区間
 広島駅~第2玖珂トンネル間 平成25年度(2013年度)内までにサービス開始予定
(後略)

徐々にではありますが、山陽新幹線でも携帯の繋がる区間が増えるようで何よりです(今となっては通話がしたいというよりデータ通信が確保したいのですが)。ただ、このペースだと小倉や博多に届くのは3年後?それとも5年後?ってところですね。

2012年12月16日 (日)

SFJの新機材 JA08MC ~Heart of Kitakyushu~

12月14日にスターフライヤー(SFJ)の8号機になるJA08MCが北九州空港に到着しました。

昨日は雨模様で撮影を断念。今日ようやく天気が回復したので、撮りに行ってきました。

Img_6676

まずはエプロン南側からJA04MCの着陸を撮影。

Img_6680

定位置と思っていたターミナルビル南側に居なかったので焦りましたが、北側で発見。

Img_6682
Img_6687

北側に移動して撮影。家族には「どうせ同じ飛行機なんでしょ」と言われますが、新品のピカピカ具合が良いのです

Img_6696

今回は塗装に変更があって、黒と白の間に金色の帯が入りました。もうちょっと太くないと、アップにしない限り従来の塗色と同じに見えますね。

Img_6700

他には、機体後方に書かれたロゴが、"Heart of Kitakyushu"に変更されています。金色の帯も後ろまで続いていますね。

塗装以外の違い?としては、SFJとしては初の自社購入であるほか、ETOPS120を取得済みだそうです。グアム便を飛ばすことも表明しましたし、そのための準備が進んでいるようです。

Img_6719

参考に、釜山から帰ってきたJA07MCを。7号機までは"City of Kitakyushu"と記されていました。

"Heart of Kitakyushu"に変更した理由は何でしょう?自社購入した機材であることから、より愛着をもたれるようにしたかった?それともANAが筆頭株主になり、経営の独立性に疑問を唱える意見もある中で、あくまでも地元北九州の企業であることを強調したくなったのでしょうか?

Img_6735

山口宇部空港に到着するANAのB787と絡んでくれました(肉眼では結構大きく見えますが、写真にすると小さすぎます)

Img_6730
Img_6745

JA04MCが東京に向けて出発するのを見送って、空港を離れました。

JA08MCはいつから営業運航に就くのかな?

2012年12月14日 (金)

「エコボン」で新潟を発つ

新潟を出発する日の天気は大荒れ

Img_0900

特に風が強く、北陸方面の在来線はほぼ全休、飛行機も欠航が出ている様子。帰れるのか不安に思いつつ、ANAのサイトで欠航となっていないのを信じて空港に向かいます。

Img_0904_2

たまに雲の切れ間で日が差すのか、虹が見えたりしますがそれも一瞬。

Img_0909伊丹からの飛行機は遅れながらも無事到着しました。

この風の中では飛行機を操るパイロットも気を使うと思いますが、地上で飛行機を迎える人たちも大変です。

手前は飛行機の停止位置を示したりする役割のマーシャラー。風上に向けてこれだけ体を傾けないと立っていられないのです。

Img_0910

無事飛行機も停止。スポットに停めるのも風上向けなのでしょうか?

Img_0911

DHC8-Q400を緑色に特別塗装した通称「エコボン」。PBBは着かないので、タラップの準備が強風の中進みます。

Img_0914

飛ばされそうになりながら何とか搭乗。風で機体が揺れるのに不安になります。

Img_0922

さぞかし揺れるかと心配していたら、風が滑走路に正対していたのか意外と大丈夫。割と早く雲の上に出て、暮れかかった太陽の方向に向かっていきます。

Shima上の写真はPowerShot S100でシャッター速度1/2000に設定して撮ったもの。プロペラは完璧には止まりませんが、プロペラの影が機体に落ちるのを捉えることが出来ました。

右の写真はスマホのカメラで撮ったもの。何と影がシマシマになってしまいました。

Img_0929CCDをスキャンする速度の関係でこうなるのだと思われます。エンジンの回転数が分かれば、プロペラの枚数が倍に見えることも含めて考察できそうですが

iPhoneで撮影時にわざと動かして、歪んだ写真を楽しむ、というテクを解説しているサイトもあるくらいです。

日は更に落ちて、伊勢湾を越えた頃には落日。明かりの点り始めた大阪の街を見下ろしながら伊丹に着きました。

Img_0939

もうちょっと早く着いて、暮れていく伊丹を眺めるつもりだったのですが、着いた頃にはすっかり真っ暗になってしまいました。

最後に、

今日はスターフライヤーの8号機(JA08MC)が北九州空港に到着したようです。初めての(リースでなく)自社購入で、塗装に細かい変化があったよう。自分の目で確かめてから報告します。

2012年12月12日 (水)

今更ながらE4系Maxとき

前の記事に挙げた深夜のスターフライヤーで東京入りした翌朝。

Img_0863

東京駅って、今まで乗り換えるばかりで、外から見た記憶がないんですよね。丸の内口の工事が終わって話題になっているので、今回はあえて一度外に出て早朝の東京駅を撮影。

Img_0856

このドームの内側もよく紹介されていますよね。

Img_0877

さて、今回の真の目的地は東京ではなく新潟。
少し早めに東北・上越新幹線ホームに上がると、まぁほぼ同じ面構えの編成しか来ないお隣の東海道新幹線と比べて賑やかです。

まずはぶれてますが200系。東北・上越新幹線のパイオニアですが、退役が迫っています。

Img_0882

出発していくE3系こまち+E5系はやぶさ

Img_0884_2

入線してくるE4系8連×2

Img_0885_2

今回のお供のMaxとき。オール2階建て16両編成はなかなかの威容。

東北・上越新幹線の輸送力確保のために導入されたMaxですが、最高速度が240km/hに抑えられたこともあって、青森延伸で速度を要求される東北新幹線からは既に引退。今は上越新幹線のみで運用されています。

Img_0887_2

頑張っておそうじ中

Img_0890_2

2階建ての新幹線もそのうちなくなるのだろう、ということで、当然のことながら2階に陣取ります。

Img_0892_2

大宮駅。東北・上越新幹線開業時の始発駅。ホームが3面あるのは開業時の名残でしょうか。

Img_0895_2

越後湯沢駅。金沢への特急「はくたか」への乗り換えを案内しており、結構な降車あり。ただ、平成26年度といわれる北陸新幹線開業後は、金沢・富山と東京を結ぶ輸送はこちらへシフトすると思わます。現在「はくたか」が走っている「ほくほく線」の行方が気になるところです。

Img_0898

新潟到着。

2階建て新幹線の旅は非日常ということもあって良かったのですが、車両販売は手持ちで大変そうだし、新潟までの2時間の間に一度しか来ないし、また車両のスペース的にも効率の悪さを感じるし、今後は作られないだろうな、と改めて感じました。

2012年12月 8日 (土)

「サメのひれ」で燃費ジョーズ?

こんな浮かれた(ダジャレ入りの)タイトルの記事が地元紙に載りました。

西日本新聞12月6日の朝刊に載った記事のタイトルは、

「サメのひれ」で燃費ジョーズ 日本初、スターフライヤーがA320導入

西日本新聞のサイトでは会員領域でしか本文が読めないので、内容については他のネットニュースへのリンクを貼っておきます

スターフライヤー、エアバスA320シャークレットを導入へ

日本で初めて、ということで地元企業を応援する記事を載せたくなったのでしょうが、内容的には業界紙や趣味誌でとりあげれば十分なレベルじゃなかろうかと。新機材というほどではなく細かな仕様の変化ですし。まさか面白いダジャレを思いついたから載せたくなったとか?

そもそも、SFJが運航しているエアバスA320には、もともとウイングレット(ウイングチップ)が付いています。

737Erj_5

最近B737(-700, 800)やERJに、機体の大きさと比べて目立つ(大きな)ウイングレットが付いているので、エアバスが遅れをとっていたかのような印象も受けかねませんが、A320はデビュー時からウイングレットが付いています。どんなのかは下の写真や今までの記事を見てください。

Img_0842

この間、SFJ92で東京まで行ったときに機内から撮った写真。ちょうど釜山からの便が着いたので撮ったのですが、手前の自機、向こうの機体、それぞれの主翼の先端に矢じり状のものが付いています。

これがあると翼端の空気の流れが落ち着いて燃費が改善するのだとか。細かい理屈は分かりませんが、重くなるぶんや抵抗になるぶんを差し引いても有利なのだそうです。

Img_0845

この日のフライトは天気もよく、久々に神戸・大阪・京都・名古屋あたりの夜景を堪能することが出来ました。

Img_0850

羽田に着いて、京急の駅にいったらちょうど出るのが横浜方面行き。運良く労せずして、完成したばかりの京急蒲田駅3階に降り立つことができました。写真は羽田方面への分岐部分。

Img_0851

羽田空港に直通する列車は品川方面、横浜方面(蒲田で方向転換)ともに設定されているので、蒲田駅から乗車するばあいは空港行きが2階と3階両方から出るんですよね。地元の人がチト可哀想な気がしますが、直通の便宜を優先せざるを得ないのでしょう。

最後に、最初の話題に戻ってB747-400のウイングレット。

747

B747の巨体と比較するとウイングレットも小さく見えます。

2012年12月 2日 (日)

今日の庭12/2

寒い中庭のことも滞りがちですが、久しぶりに

Img_6379

駐車場と建物の間に植えてあるツワブキ。葉が縮れている変わり種です。

Img_6380葉だけではなく花びらも少し縮れております。

晩秋に咲くツワブキの花が好きで、我が家の庭にもちょっと植えているのですが、夏場の乾燥に弱くて、一度しおれてしまうと花がつきません。

ただ、簡単には枯れないようで、気候が良くなるとまた芽吹きます。

Img_6391

庭の芝生は休眠期に入って芝刈り不要な時期になりました。

Img_6385

バーベキューの熱で枯らしてしまった部分はまだ痛々しく残っていますが、よく見ると一部に青いものも覗いています。深いところまで全滅ではなかったのかな。来春早い時期に回復してくれることを期待しています。

もう少しよく見ると、芝の中に雑草が…(写真の左側)
夏の間は芝の生長のほうが早くて気づきにくいのですが、芝の生長が止まると冬でも青い雑草(スズメノカタビラなど)が目につき始めます。気づき次第除去!

Img_6388

目線を変えてよく見ると、芝の穂がたくさん出ています。「穂に栄養をとられないように刈ってしまえ」などと書いてあるものも見つけましたが、この時期なのでもう伸びないでしょう。この長さでいる限り放置の方針。

Img_6394

畑では、今年はイモムシどもに荒らされることもなくニンジンが良く茂りました。本格的な収穫はこれからです。

Img_6397

一方、来春に向けてエンドウを育て始めたのですが、こちらは思うようにいきません。

4週前、2年前に買った種を蒔いたが芽が出ない(去年はちゃんと芽が出たので甘くみていた)
     ↓
種が悪くなっていたと考え、2週前に新しく買ってきた種を蒔くがやっぱり芽が出ない
     ↓
寒くなってきたので発芽は無理かと考え、近所のホームセンターで売られていた10cmほどの「苗」を買ってきて植えたのが今日(これが上の写真)

Img_6396ところが、苗を植えようと掘ったところ、長い根を伸ばした種がゴロゴロと…

「可哀想なことをした」という気分になりましたが既に遅し。でも、2週間でここまでしか伸びていないわけで、芽が出たとしても越冬できなかったかもしれません。そう考えて納得することにしました。

来年はもう少し早めに、期限切れでない種を蒔くことにします。手間も費用も余分にかかったので反省です。

2012年12月 1日 (土)

スターフライヤー、羽田の新規発着枠は全て福岡に

来春の羽田空港の新規発着枠について国交省から発表がありました。先行記事の通り、スターフライヤー(SFJ)は5便を獲得。

福岡-羽田便をSFJ倍増へ 羽田発着枠発表

 国土交通省は30日、来年3月末から1日25便(年約2万回)増える羽田空港の国内線発着枠の配分を発表した。九州を拠点とするSFJは5便、SNA(ソラシドエア、宮崎市)は3便。SFJは増加分をすべて福岡-羽田便に充て、福岡-羽田便を1日10往復に倍増する方針
 その他の新興航空会社へ配分は、SKYが4便、ADOが2便。大手はANAが8便で、経営破綻で公的支援を受けたJALは3便だった。
 国交省は、過去5年間の地方路線維持への貢献度や安全確保への取り組みなどを点数化して配分を決めた。希望した6社の中でSFJだけ、国交省が「保護育成が必要な新規航空会社」の基準としている保有機材12機以下に該当するため、SFJに優先配分した。
 関係者によると、福岡-羽田線はLCCの参入で競争が激しくなっており、SFJは増便でてこ入れを図る方針。
 SNAは、割り当てになる3便の使い方は今後検討するとしている。
=2012/12/01付 西日本新聞朝刊=一部略称置換

現在の5便から10便に倍増して、北九州空港だけでなく福岡空港でも存在感をアピールしたい、というところですね。

現在のダイヤではANA18便、JAL17便、SKY10便となっており、大手2社には届かないものの、SKYには肩を並べることになります。

もう一つ、SFJを後押ししてくれそうな話題。

Jcsi

(財)日本生産性本部サービス産業生産性協議会(代表幹事:秋草直之・富士通(株)相談役)は、業界横断での比較・分析が可能な「JCSI」(日本版顧客満足度指数)の2012年度第2回調査結果をまとめ、7業界の顧客満足度結果について発表いたしました。
スターフライヤーは「国内交通(長距離)業界」の中で、2010年度、2011年度に続き3年連続で顧客満足度「第1位」の評価を受けました。
また、国内航空業界では4年連続で顧客満足度「第1位」の評価を受けております。

純粋に評価したいと思います。LCCに負けずに頑張って欲しいです。

こういう評価に加えて、北九州空港だけでなく福岡空港でも便利、また北九州空港では早朝深夜便も利用できるということで、「福岡県に行くならスターフライヤー」という位置づけがより確固たるものになることを期待します。

Img_3555

そういえば、SFJの8機目(JA08MC)が完成し、今月中にはフェリーされるようです。来年3月にはもう1機。これらが揃うと新規の福岡5往復を担って少し余裕が残るという程度の機材繰りになります。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

無料ブログはココログ