« 別府のグローバルタワーは風が吹いて寒い | トップページ | スターフライヤー、羽田の新規発着枠は全て福岡に »

2012年11月29日 (木)

スターフライヤー羽田発着枠を5便獲得へ

久しぶりにスターフライヤー(SFJ)の話題

今朝の西日本新聞朝刊から(ネット記事にはなっていませんでした)

来春、1日25便(年間2万回)増える羽田空港の国内線発着枠。各社の争奪戦が、公的支援を受けたJALの扱いなども話題になりつつ繰り広げられていましたが、SFJには5便が割り当てられる方向で「最終調整中」と報じられました。他の「新興航空会社」は各3便だそうですので破格の扱いです。保有機材の少ないSFJが保護対象として優先的に配分を受けることになったのだとか。

さて、この5便、どこに使うのでしょうか?

北九州便を増やしてもらえればうれしいですけど、今でも整備などで「間引き」の対象になるわけですし、他に振り分けでしょうね。となると今5便しかない福岡?国内での就航地を増やして欲しい気もします。

国交省から正式に発表になれば、呼応して就航計画が発表されることでしょう。楽しみです。

Img_3595

続いて、年末年始の臨時便の発表がありました。

Rinji

公式にはこちらのpdfから。記事の横幅の関係で少し切ってしまいましたが、時間帯を見ると朝夕の釜山便の合間利用ですね。この間の連休にはこの合間を使って那覇までチャーター便を飛ばしていましたし、限られた機材を有効利用すべく頑張っているようです。

Img_6230

« 別府のグローバルタワーは風が吹いて寒い | トップページ | スターフライヤー、羽田の新規発着枠は全て福岡に »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターフライヤー羽田発着枠を5便獲得へ:

« 別府のグローバルタワーは風が吹いて寒い | トップページ | スターフライヤー、羽田の新規発着枠は全て福岡に »

無料ブログはココログ