« 若戸トンネルはETC完全対応じゃなかったのか… | トップページ | 山陽新幹線に「カンセンジャー」登場! »

2012年10月 5日 (金)

失敗した扇風機の買い物を反省

この夏買った扇風機がどう考えても失敗だったので、反省も兼ねて、しまう前に紹介。

リビングに置く扇風機が一つ欲しくなりました。よく使うところなのでそれなりのが欲しい。「この夏のトレンドは省エネ・静音性に優れたDCモーター」ということだったので、調べてみるとかなりお高い機種ばかり。そんな中、安いのがあるのに気づいたのでした。ポチッと通販してすぐに届きました。

Img_0679
こんな感じ。確かに今までの扇風機では経験したことのない微風もできますし、扇風機としての基本機能には問題ありません。

1

しかし、電源がACアダプタだったのは通販で気づかない盲点でした。コンセントにバカでかいアダプタが刺さっているのは邪魔だし、室内で移動することもある扇風機の電源コードがこの細さでは不安です。さらに細かいことを言えば、本体側の給電点がこんな高いところにあるのは…

売るほうからすれば、DC制御の本体+ACアダプタのほうが本体の仕様を世界共通に出来てよいのかもしれませんが…

Img_0682

「リモコン付き」かつ本体ベースに収納できるのは正直に○
しかし落とし穴があった。

私が机に置いたはずのリモコンを探していると、子供が「リモコンならしまったよ」。
ほうほう気が利くじゃないか…
と思ったら、なんとリモコンを「逆挿し」されていました。
わずかに覗くリモコンの一部をつかんでも引っ張り出せない。

ベースを分解して何とか取り出せました。内部を見ると逆挿し出来ないような突起がありましたが、子供の力で突破出来てしまったわけです。設計が甘い。

Img_0684

最後はベースの底に開いたこの丸い穴。
(横の細長い穴はリモコン収納用)

買った当初はここにゴム足が入っていました。

だがこのゴム足が、フローリングの床に引っかかって(貼り付いて)抜けること抜けること。一度接着剤でくっつけようと企てましたが、それでも抜けたので諦めて全部外しました。幸い、ベースの底面で床が傷つくことはありませんでした。ゴム足の素材とか固定法とか吟味したのだろうか…

以上、安さにつられて「なんかストレス感じる」扇風機を買ってしまったお話でした。少々高くても国内メーカーのやつを買えば良かったなぁ…

Img_0688_2
数日前、朝新聞を取りに出たら、常夜灯にヤモリがくっついていてビックリしました。バーか何かの看板にでも出てきそうなモチーフです

« 若戸トンネルはETC完全対応じゃなかったのか… | トップページ | 山陽新幹線に「カンセンジャー」登場! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗した扇風機の買い物を反省:

« 若戸トンネルはETC完全対応じゃなかったのか… | トップページ | 山陽新幹線に「カンセンジャー」登場! »

無料ブログはココログ