« SIGMAから冊子が送られてきた | トップページ | 自転車専用レーンの整備が進んでいるようですが… »

2012年9月28日 (金)

関空第2ターミナルは、「プッシュバックしない」運用が基本

Img_3623

10月28日にオープン予定の関西空港第2ターミナル(T2)はLCC用

主には関空を拠点にしているpeachが使用予定で、設備に余裕があれば他社も、という方針のようです。ここが運用開始するとpeachは国内線・国際線ともこちらへ移ります。

T2_01

上の図は現行のチャートから切り出してきたものですが、右下が現在の旅客ターミナルや関空駅、上にあるのが2期島のB滑走路です。

T2はどこに出来るかというと、現行チャートでは空白になっている緑丸のあたりです。ちなみに、今peachがチェックインをしているエアロプラザはピンクの小丸のところ。

T2_1

AIS Japanでは、更新予定のチャートも見ることが出来るので、確認してみるとちゃんとT2が載っていました最初は滑走路だけ、その後貨物機の駐機スペースが少しできただけでしたが、ようやく旅客用の施設が出来て堂々と(?)2期島に立ち入ることができるようになります。

Spot 91-99(99R)の9個のスポットが用意されてます。今のpeachだけでは過剰ですね。もちろん飛行機が今後増えることを想定しているのでしょうが、他社は入るのでしょうか?

T2_2

誘導用の線引きの具合をみるとこのようになっています。T2はPBBを作らないことを基本にしていますが、それを活用して、頭を突っ込んで駐めた飛行機が、右に回って自力で(前進で)出られるように作ってあります。PBBがないぶん乗客の誘導には気を使うと思いますが、飛行機の運用上はプッシュバックの時間が不要になるので折り返し時間の短縮に大いに役立ちます。(99Rだけはプッシュバックを要する大型機向けのようです)

プロペラ機や、ジェット機でもCRJのようなPBBが付かない小型機は今までも自走で出て行きますが、A320が自走で出られるスポット構成は珍しいのではないでしょうか。

LCC向けのコストダウンと、関空2期島故の土地の余裕がなせる技でしょう。

Ecopark

あと、関空ではT2の隣に公園を整備するようです。

KIXエコパーク(仮称)。10月8日まで名称募集中とか(こちらのリンクが公式記事です)

公式に載っている特色を引用しますと

  • 規模 約4ha(甲子園球場とほぼ同面積)
  • 「空」と「海」が同時に楽しめる大規模な公園
      - 飛行機と透明な海が楽しめる!
    B滑走路で羽田や伊丹並に発着があればですね…。
    海は仮にきれいとしても、1期島と2期島の間の海ですから
  • いつでも、誰でも集える芝生広場
      - 大阪国際空港の刈り草を循環利用したエコ農園を併設
    伊丹で刈った草を持ってきて堆肥にでもすると?
  • 第1ターミナルビル、第2ターミナルビルのどちらへも徒歩でアクセス可能
      - 空港駅から約1,800m(徒歩で約20分)
      - ジョギング・ウォーキングコースも併設
    ここをジョギングしようという方なら空港駅から走ってくるかもしれませんね

« SIGMAから冊子が送られてきた | トップページ | 自転車専用レーンの整備が進んでいるようですが… »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関空第2ターミナルは、「プッシュバックしない」運用が基本:

« SIGMAから冊子が送られてきた | トップページ | 自転車専用レーンの整備が進んでいるようですが… »

無料ブログはココログ