« 自転車専用レーンの整備が進んでいるようですが… | トップページ | 失敗した扇風機の買い物を反省 »

2012年9月30日 (日)

若戸トンネルはETC完全対応じゃなかったのか…

若戸トンネル(新若戸道路)が9月15日に開通しました。

開通前に、どこかで「新若戸道路はETCで通れるようになる」と見た(気がした)ので気をよくしておりました。

来週子供のイベントが若松であるので、本日その下見を兼ねて若戸トンネルの通り初めをしてきました。

道中の写真はありませんが、まずは北九州都市高速を小倉から戸畑へ向かうと、戸畑出口との分岐のあとで若戸大橋へ続く道路になります(ここまでは以前と同じ)。少し走ると、「若戸トンネルは左」の標識があります。確か60km/h制限なので、そのスピードなら全く問題ないと思いますが、快調に飛ばしていると結構唐突に左分岐になりますのでご注意。

アップダウンがあって料金所。
ここには頑張って見回してもETCのマークがない
仕方なく100円払って通過します。

料金所を過ぎると下り坂になって海底トンネルに入りますが、
トンネル入り口の上に洞海湾の水面が見えるので、海底突入という気持ちが盛り上がります
(一瞬ですけど)

Img_0675 Img_0678 Img_0669

下見完了の後、若戸大橋を望むポイントに立ち寄り。
(妻のリクエストで3枚目の写真のお店です)

ここからなら若戸大橋のほうが近いですが、あえてまた若戸トンネル経由で帰宅。

若松側からは、浜町3丁目の交差点からすぐトンネルに入るので、海を越える雰囲気ではありません。トンネルは響方面と直進で繋がっているのですが、響から来て浜町3丁目を右折して若松駅方面へ向かおうとすると、トンネル上下線の隔壁が邪魔をして非常に見通しが悪い今の信号の位置と誘導線だと、直進と右折を分離しないと事故が起りそうな気がします。(トンネル内がうかがえる位置まで誘導線を延ばして、その目線の先に信号が欲しい)

再度トンネルを抜けて戸畑へ抜けると料金所がありますが、都市高速直通の場合、ここはスルーです。若戸大橋を通った場合と同じで、戸畑入口のところの料金所で、新若戸道路(あるいは若戸大橋)と都市高速の通行量を一緒に支払います。ここにはETCあり。

なーんだ、結局は料金も支払い方法も若戸大橋と同じか…

せっかくの新しい道路に料金所なんだから、ETC付けて欲しかったなぁ。都市高速とは管理者が違うので、無理言っちゃいけないのでしょうが、都市高からの車だけでも戸畑ICの先で捌くとか… 料金所の数増えちゃうから無理だよねぇ…

Wakato

詳しい位置関係はこちら。都市高速の案内ページに、支払いの件も詳しく解説されていました。(公開日が開通前日になってるから、ギリギリまで出してなかったんだな)

ついでにこちらも。同じく都市高速のサイトから

Kurosaki

黒崎バイパスと都市高速が本日繋がりました。今までの開通区間だと残念ながらバイパス効果はほとんどなかったと思いますが、今回の開通で黒崎の西側の3号線からと、本城や学研都市方面から都市高速への連絡が良くなります。

本来の3号線バイパスの役割は、春の町ランプが完成する2018年(6年後ですか!)まで待つ必要があります。

今まで下からチラッと見上げたことしかなかったけど、今度のイベントの帰りに通ってみようかな。

« 自転車専用レーンの整備が進んでいるようですが… | トップページ | 失敗した扇風機の買い物を反省 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

バイパスと都市高つながったんだ!
便利になったね'_'

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若戸トンネルはETC完全対応じゃなかったのか…:

« 自転車専用レーンの整備が進んでいるようですが… | トップページ | 失敗した扇風機の買い物を反省 »

無料ブログはココログ