« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の8件の記事

2012年8月30日 (木)

門川漁港の「うみすずめ」で巨大ハモ天に悶絶

シーガイアに連泊した後、太平洋岸を北に向かいます。

0300a

日向市にある「願いが叶う」クルスの海。クルスは「クロス」と同じ意味。十字架ですね。海が十字になっているからそのように呼ばれます。では、「願いが叶う」のは何故?

Cross同じところで撮った写真を左回転してアスペクト比を弄るとこうなります。

もうちょっと真上から見れないとわかりにくいですが、クルスを作っている岩の左側に小さな岩礁があって、その周りの海を「叶」の字の左側の口に見立てるのだとか。

0300b


そのあとは、「まるで火サスのクライマックス」な日向岬の絶景。

この日は台風の影響で風が強くて波が高い…

0301
0302

この日の昼食は日向市の北隣、門川町の漁港にある「うみすずめ」に立ち寄り。「鱧(ハモ)」がとれるのをPRしています。

漁港のところの道は広いですが、国道10号からここまでの間に一部路地みたいな所を通るので注意が必要です。

0303_2

妻は「ちりめん丼」。子供はさび抜きの寿司。

0304

私は普通の「鱧天丼」のつもりだったのですが、「豪快な男揚げ」というキャッチコピーにひかれて特製(だったかな?)を頼むことに。

0305

丼の蓋がちゃんと閉まってませんw

0306

蓋をとってみるとこの大きさ!

美味しかったのですが、鱧ばかり食べるとさすがに飽きてしまうので、小分けして他の人と交換材料にしちゃいました。

0307

物販コーナーでは、とらわれの身のタコと目があってしまいました

2012年8月29日 (水)

野菜ブッフェでお腹いっぱいになる ~かりのな(仮称)~

宮崎2日目。

0201
この日は結局ズーッとホテルのプール。

0202

夏休みだけ登場するスライダーで大はしゃぎ。お盆過ぎていて割と空いていたのか、何度でも滑り放題。結局親も喜んで滑っておりました。

お疲れなことを想定して、この日はホテル内で夕食を予約しておきました。

前の日が肉だったので、「野菜ブッフェ」があるという「かりのな(仮称)」へ。今年7月にオープンしたばかりで、名前も募集中という…

#追記
正式名は「かりの菜」に決まったようです

地元の野菜を美味しく提供するというコンセプトのようです。

0203
0204

「野菜御膳」「ひむか御膳」を注文すると、まずは「野菜ブッフェをどうぞ」と案内されます。サラダや漬け物だけでなく焼き野菜・蒸し野菜、あと細かくは忘れましたが野菜入りの茶碗蒸しとかバラエティがあります。芋やカボチャもあるので、調子に乗ってとりすぎると肝心の「御膳」が食べきれないかもしれません。

子供には、子供用ブッフェをオーダーすると、揚げ物などの「お子様コーナー」+「野菜ブッフェ」も取っていいよという内容になります。値段的には他のレストランのディナーブッフェの子供料金と同等。芋やコーンを喜んで食べるお子さんなら大丈夫かと。

0205

妻が頼んだ「野菜御膳」の一部。見事に野菜料理です。

0206

私は地元食材の魚や肉料理も入った「ひむか御前」。
これにも野菜ブッフェが付きますから野菜は摂れますw

0207

最後のご飯ものは宮崎名物「冷や汁」でした。
ミョウガと味噌が合ってスッと胃に収まります。

2012年8月28日 (火)

宮崎に行ったら地鶏食べとかないと ~ぐんけい本店~

夏休みの旅行。
宮崎シーガイアはシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに連泊予定。

キャンセル待ちをしていたクイーンズファミリースイートがとれたのでちょっと楽しみです。

0101

行きにえびの高原に寄ってみたのですが、残念ながら雨。韓国岳もマトモに見れず、前回訪れた時と連敗です。

0102

雨の中、鹿の一家がたたずんでいるのを見つけましたが、近づけるわけもなく…

0103

少し下山して、霧島神宮には無事参拝できました。

0104
シェラトンに到着。

夏休み企画でスタッフ6人とじゃんけんするとコインがもらえるとか、スタンプラリーとか、そういうのをやっていたので、プールなどの下見も兼ねて子供達とホテル内を探検。

0105

夕食はホテルを出て「ぐんけい本店」へ。

ガイドブックを見ると、「水曜日定休」と書いてありましたが、店のホームページでは「不定休」。電話をしてみると水曜日でしたが開いていたのでした。良かった。

0106
0107

地鶏専門の店で、鶏以外のメニューはご飯物や冷や奴などしかないという徹底ぶり。飽きるかと思ったら、意外とバラエティがあって楽しめます。

今まで「固い」「焦げっぽい」という印象を持つことが多かった炭火焼きもジューシーですし、手羽の大きさにはビックリします(よく売られているものの3倍だとか)

0108

(もちろん鶏の)お造りもありますが、時代なのか「子供と高齢者には提供不可」ということになっていました。「大人しか食べませんので」と断ってオーダー

0109

関係ないけど、ぐんけいさんのお隣の看板。

「海軍ラーメン」と読ませるのでしょうが、上は左から、下は右から読むというのは何とも分かりづらい

2012年8月21日 (火)

小倉駅の新しいエキナカ展開

Img_0432

お盆も終わった週末。
娘が実家から帰ってくるので小倉駅に迎えに行きました。

Img_0429

新幹線コンコースは臨時の土産・弁当売り場も出てなかなかの賑わいです。

Img_0426

そんな中、新幹線口向かいの一角は「10月上旬リニューアルオープン」と書かれた壁で蓋をされて改装中。前にも書きましたが帰省ラッシュのかき入れ時に閉めなくても…

新聞に新しくオープンする「小倉エキナカひまわりプラザ」のことが載っておりました(検索すると日経の記事に当たりますが既にリンク切れ、地元紙のほうはネット配信なし)

一番大きな変更点は、2階レストラン街からフードコートとラーメン横丁が無くなって(ラーメン店は残りますが)居酒屋が増えること、そして、閉店時刻が24時に延長。「終電まで駅呑み」を推進するようです

2階は18店舗から12店舗に絞り込んで、6店舗が新規出店ということですから、かなり顔ぶれが変わります。

入居するお店はこちら↓(全部じゃないようですね)

Img_0428

3階の物販コーナーは、マッサージ点が増えるようですが、顔ぶれには大きな変化無し。本屋とパン屋が21時まで開いているというのは地味に便利かも。

2012年8月18日 (土)

蛇口の先をワンタッチ接続に交換してみた

Img_0424

暑い日々が続いています。この時期は庭や畑の水遣りが欠かせません。

Img_0419

今まで、ホースリールについてきたワンタッチ接続のやつ(タカギはパチット蛇口と名付けている)を使っていました。蛇口側はプラスチック製の部品を蛇口にかぶせてネジ止め。

経年変化でホース側のコネクタ(緑丸)の動きが悪くなって更新しましたが、その時に気になる商品を見つけました。

Img_0418Img_0420
蛇口の先をワンタッチ接続出来るニップル付きにしてしまうもの。見た目もスッキリして良さそうです。

ただ、パッケージにもメーカーサイトにも、右写真の緑丸の中のように「メタルコネクタと接続します」とある。メタル製のはちょっと高いし、手元にあるプラスチック製のコネクタと繋がるかどうか…

見た目的にはいけそうなので思い切って購入。ナフコで1000円弱。

Img_0421

今までの蛇口部分を外したところと、新しく買った商品(散水用ワンタッチパイプ G301)。ここの接続部分は、きつく締めてない限り特別な工具を使わずに外れるので容易に交換できます。

唯一難点というか戸惑った点を上げると、新品に着いていた「保護キャップ」(上のパッケージ写真の青丸)。引っ張ってもとれないので困ったけど回すと外れました 蛇口を締めるパーツとねじ込みなんですな。

Img_0422_2

設置完了
元の蛇口と若干向きが違うので、勢いよく水を出すと流しから飛び出すのが難点と言えば難点か…

Img_0423

ホースの接続もワンタッチでOK
加圧しても水漏れもなく、問題なく使えそうです。

同じことで悩んでいる方がおられましたら参考になりますでしょうか。
他社も同様の商品を作っていますが、今回は「地元企業」のタカギの商品で揃えてみました。

2012年8月11日 (土)

夜の北九州空港でゴーアラウンドを見た

金曜の夜。
仕事が早めに終わって、妻も所用で一人になったのでフラッと空港へ

Img_3690

SFJ90便が出発準備をしているだけで閑散としています。

Img_3692

この立ち位置では誘導灯もまばらにしか見えず、夜景の演出という点では伊丹のように滑走路端から撮影できるところにはかないません。

Img_3716
Img_3722

出発していくSFJ90

Img_3741

その後SFJ89とJAL379が続けて到着するので、それを見て帰ろうと思っていると、SFJ機の着陸時にトラブル発生。

「滑走路上で鳥と衝突したかもしれない」

Img_3744

後続のJAL機はTWRから意向を確認されましたが、滑走路チェックを優先して欲しいということでゴーアラウンド(着陸やり直し;写真左上)。上空をパスしていくJAL機の写真は残念ながらまともに撮れず、このときばかりは夜であることが恨めしい

JAL機はどこまで行くのかと思ったら、TWRとコンタクトしたまま空港東側ダウンウィンドでホールド。後続機がなければこれで良いのですね。羽田とかだと一度レーダー移管されてかなり遠くで待たされるか、着陸機の列に入れてもらうことになりますが。

Img_3756

幸い滑走路上には何もなく(SFJ機も到着後のチェックで衝突の跡はなかったとのこと)、JAL機も2周ほどホールドしたあとで無事に着陸。

Img_3783

その後釜山からのSFJ304も到着して、賑やかになりました。

滑走路チェックが入ったために、JAL379だけでなく、SFJ304と、宇部到着のANA699(787です)も1周ホールドしておりました。写真で記録するには条件が厳しい夜ですが、FR24のアプリと見比べながら周防灘上の機体の動きが光点で確認出来るのは悪くない、というか楽しめました。

バードストライクなどのトラブルはないのが一番ですが、こういうときの対応や連携を見ることができたのも良い体験でした。

2012年8月 8日 (水)

北九州空港の送迎デッキで発炎筒焚いたアホ

Img_3428

今日の紙面から

空港で発炎筒 北九州の2少年 家裁に書類送致

 北九州空港(北九州市小倉南区)の送迎用デッキで点火した発炎筒を振り回したとして、小倉南署は7日、軽犯罪法違反(火気乱用)の非行内容で同市門司区の大学生と会社員の少年2人=ともに18歳=を福岡家裁小倉支部に6日付で書類送致したと発表した。
 署によると、2人は飛行機で東京の予備校に行く友人を見送っていた。「景気づけに発炎筒をたいた。悪いことをしたと反省している」と話しているという。
 書類送致した非行内容は3月26日午後7時45分ごろ、北九州空港旅客ターミナル3階北展望デッキで、大学生の少年が自宅から持ってきた発炎筒2本を1本ずつ手に持ち、点火して振り回した疑い。
 客が警備員に知らせると2人は逃走。署が飛行機の搭乗者名簿から友人を割り出し、2人を特定した。3人は高校の同級生だった。
=2012/08/08付 西日本新聞朝刊=

いけませんねぇ…

とりあえず、搭乗者名簿から関係者を割り出した警察にはGJ!

この記事を見て、「そういえば新幹線のホームに『旗竿やクラッカー禁止』のような掲示があったけど最近見ないなぁ」という感想を持ったのですが、新幹線に乗ること自体が特別なことではなくなったからでしょうか。空港の送迎デッキにも「発炎筒ダメ!」と書いてあるのは見たことないけど、この事件を機に無粋な掲示が増えないことを願います。

Img_3386_2

先週末の夕刻、空港へ行くと草が刈られて牧草ロールのように転がっていました。単なる雑草処理の方法なのか、それともちゃんと牧草として売られるのでしょうか?

Img_3393_2

釜山行きSFJ303の出発シーンを撮るのが目的だったのですが、聞き慣れないコールサインがアプローチしていると思ったら揚子江快運のB737-300が降りてきました。

北九州~上海の定期便が就航していますが、確か夜間のはず。

Img_3405_2

0番スポットに収まって作業中。

Img_3468_2

滞在30分ほどで飛びたっていきました。クリアランスは「羽田行き」に聞こえましたが、羽田行きが臨時で寄航したのでしょうか?

なかなか明るいときに撮影できない機材でビックリしましたが、少し汚れが目立ったのが残念です。貨物機なので見た目は二の次?

2012年8月 3日 (金)

小倉駅北口にメーテルやハーロックの銅像出現

小倉駅北口のペデストリアンデッキ

Img_0366

囲いの真ん中にブルーシートにくるまれたものが置いて?ありました。しばらく気にもとめずにいたのですが、ずっと警備の人が座ってるし、何だろうという関心が出てきました。

表示を見ると「漫画ミュージアム」の関連と書いてある。

あーもしかしたらこの形は…

Img_0367

今朝通ると白い幕を掛けている最中。漫画ミュージアムのオープンにあわせてお披露目のようです。

Img_0390

夕方見ると、ベンチに座るメーテルと、傍らに立つ鉄郎の像が出現しておりました。私と同じく通りすがりに写真を撮っている人は多かったですが、メーテルの隣に座っている人は見かけませんでした。

Img_0391
キャプテン・ハーロックも出現

Img_0370

案内の看板も出来ておりました。

Img_0321

小倉駅に御用のある方にご注意。

Img_0319
小倉駅新幹線側の「小倉ひまわり通り」がリニューアルのために一時休館になります。既に7月末で2階の飲食フロアは閉鎖。3階の物販フロアは今月16日までです。お盆の稼ぎ時に閉めなくても…と思いますが事情があるのでしょう。ポイントカードが使えなくなる、という告知に微妙な世知辛さを感じます

Img_0324
少し前になりますが、あさの汐風公園の噴水前で結婚式の写真を撮影している人たちに出会いました。場所的にはリーガロイヤルで式を挙げるカップルだと思いますが、お幸せに。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

無料ブログはココログ