« スターフライヤーの国際線定期便への意気込み? | トップページ | スターフライヤー、予備機導入で就航率改善を目指す »

2012年7月 7日 (土)

紫川河畔のアンダーパスが切り替え

5日の木曜日

Tele

通い慣れた道がいつもと違う。
JR橋梁の架け替えに合わせて改修の進んでいたアンダーパスの、西側半分が完成して供用されたようです。

Wide

二つ高架がありますが、高いほうが新幹線、低いほうが在来線(鹿児島本線・日豊本線)です。アンダーパスは在来線の橋の架け替えに合わせて拡幅と掘り下げをしていました。新幹線の高架も無縁ではなくて、橋脚ギリギリまで車道がくるので、歩道部分は新幹線の橋脚を回り込むように川のほうに張り出しています。(掘り下げる関係で補強が必要だったかもしれません)

Map2

今更ながらの位置関係ですが、小倉駅と西小倉駅の間です。
上の写真は北側から見たところ。

Img_0226

今日は南側から。井筒屋の横を抜けて勝山橋にさしかかりますが、ここはいつも混んでいます。最終的に4車線化されたら少しはマシになるのか?

Img_0227

常磐橋(木の橋)横は歩道を削って拡幅中。
(歩道が広かったのは多分このため)

Img_0229

室町大橋(火の橋)のところで信号待ち(この信号がまたネック)をしているとパトカーが!
停車中なのでデジカメ操作していても大丈夫ですよね?

Img_0231

新しいアンダーパスにさしかかります。
この写真だとわかりにくいですが、かなり掘り下げてあります。

「右折できます」の先に何があるかは…
小倉の人しか知らんでよろしい(笑)
ここがメインストリートになるのにはいろいろ問題があります。

Img_0232

さすがにまだ真新しい感じ。

Img_0233

ガードレールはカエル君です

« スターフライヤーの国際線定期便への意気込み? | トップページ | スターフライヤー、予備機導入で就航率改善を目指す »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫川河畔のアンダーパスが切り替え:

« スターフライヤーの国際線定期便への意気込み? | トップページ | スターフライヤー、予備機導入で就航率改善を目指す »

無料ブログはココログ