« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の11件の記事

2012年7月28日 (土)

スターフライヤー、自前のフライトシミュレータを受領

Img_3336

梅雨明けして、朝から夏の雲です。今日も暑い。

301_3

朝の釜山行きのSFJ301。雲から出たところで撮ったので後ろからだけ。

釜山行きはちょうど我が家の上を飛んでいきます。高度はだいたい8000ftなので、エンルートの飛行機よりは大きく撮れます。

さて、新聞報道&公式ページから

フルフライト・シミュレーターの受領について(PDF)

空港に隣接して建設中の訓練センターに、シミュレータが納入されたようです。

Sim

公式のリリースから写真を拝借。

真新しい建物で、外壁にSFJロゴがペイントされています。

公式には書かれていませんが、地元紙には、「今後見学や操縦体験も検討している」ということも書かれていました。操縦させていただけるのであれば、有料でも是非行きたい(海外にはこういうツアーを募集しているところがあります)

お盆には、朝夕の釜山便の合間を使って北九州~東京便の1往復増便も行われるようです。頑張ってますねSFJ

303_1
303_2

夕方の釜山行き(SFJ303)

もう少し日没が早まってきて、沈みかけの夕日に下から照らされる時期に是非撮ってみたいですね。

Img_3342

2012年7月21日 (土)

今日の庭7/21

なかなか梅雨が明けず、昼間降らなければ芝刈りしようと思ったもののまた土砂降りorz

Img_3235Img_3236_2
ナスは順調に実がつきはじめました。一方のキュウリは、花はたくさんつくものの実が入らなくて収穫できるものが少ない。久しぶりに一本大きくなってきました。

Img_2888

ちょっと趣向を変えて、庭に来た虫たちを。
まずはキュウリで羽を休めるキアゲハ。

Img_3224_3Img_3223すっかりトウが立っていますが、パセリの残っているやつにキアゲハの幼虫がおりました(クリックすると拡大するので苦手な方はご注意)

何匹かいたのが、ある日、急に姿が見えなくなったのですが、鳥にでも襲われたのでしょうか…

Img_3249

口直しにトンボの写真をどうぞ。
向こうからの光で羽が透けて、翅脈がきれいです。

Img_3228Img_3231
これからの季節の主役はこいつら。

特にクマゼミの合唱を聞くと、体感温度がかなり上がります

SFJの訓練飛行の予定はわかりにくくなりそう

Img_3212

Flightradar24(と、flight24.com)でスターフライヤー(SFJ)の釜山便の運用を調べてみました。

Ja01mc2

18日にSFJ(7G)301-304に割り当てられたのはJA01MC
(表示されている時刻は日本時間ではありません)

Ja03mc2

19日はJA03MC。

2往復同じ機材の様子。また、以前から国際チャーター運用していたので、古い機材も充てられています。

気になるのは、2往復の間にあるSFJ9051という便名。
FR24で見てみると、18日は北九州空港周辺グルグル、19日は大分空港遠征でした。
北九州空港は基本的に視程がよいときはILSアプローチが使えないので(騒音対策と小月との空域調整)、そういう訓練のときには大分まで行くのでしょうか?

以前の記事では、「予定運休があるときを狙おう」と書きましたが、現在は釜山便2往復の間にポッカリと開きがあります。ここを訓練用に使うのであれば、外部からは訓練飛行の予定は分からないですね。残念。

#もちろん訓練は毎日ではないようで、昨日20日はSFJ302と303の間に別の飛行はありませんでした。

Img_3219

2012年7月17日 (火)

北九州空港オマケショット

今回撮った、ヒコーキ以外の写真など

Img_3060

撮影ポイントから振り返ったところに、スターフライヤーの社名入りの建物が建設中。前来たときは何物か分かりませんでしたが、どうやらシミュレータを置く訓練センターですね。今年中に運用開始だとか。

Img_3068

離陸していく小型機のシルエットが上手く撮れました。

Img_3146
Img_3135

電線にはツバメの一家?今年巣立った子供達でしょうか?

Img_3148

ときにカモやウのような水鳥が横切っていきますが、いつも一瞬のことで撮りそこないます。

Img_3160
Img_3170

空港常駐の消防が朝から訓練中。

Img_3184

北九州空港らしからぬ、飛行機がゴチャッと写った写真。

Ubj737Ubj787
山口宇部空港到着便。
左はB737(JAL)、右はB787(ANA)

Img_0288

B787がらみのネタを一つ。

これは某社からいただいたノベルティですが、B787に使われているのと同じ、東レの炭素繊維を使った小銭入れだとか。

2012年7月15日 (日)

SFJの釜山便とJALのE170を撮ってきた

連休の朝、天気予報通り朝日が出ているのを確認して、北九州空港へ。
METARを確認すると6時頃まで濃い霧が出ていたようですが、着く頃には晴れてくれました。

Img_3031

早朝からSFJ2便とJAL1便が出発した状態。SFJのA320が3機並んでいます。
できたら一度5:30の始発便の前に1枚撮りたいですね。
(SFJ5機とJAL1機の6機が居るはず)

Img_3028Img_3036
今日の目的の一つ、定刻7:30着のJAL(J-AIR)のERJ170が到着しました。

朝、北九州発の便を増便するために、5:55羽田発という早朝便で送り込まれる機材です。

視程は既に回復していたと思いますが、空港上空で右旋回してILS18で進入。

Img_3041
Img_3047
Img_3054

SFJが並ぶ間にスポットイン。小学生なら「男の中に女がひとり!」とはやされそうな状況です

Img_3103
Img_3117

予定通り30分少しで折り返していきました。

スタイルはB737に似ているので何となく遠景の写真を見ると気づきにくいですが、窓の数から小さな機材と分かります。

Img_3130

現在JALの羽田便は2往復がE170での運航なのですが、8月からはいずれもB737に変更になっています。供給座席数が増えるのは歓迎すべきことですが、飛来する機材の種類が減るのは少し残念です。

Img_3163
Img_3173

あとは7月12日から就航した釜山便。

こちらは同じ9:00発の東京行き。

Img_3178
Img_3198

こっちが釜山行き。

どっちも見慣れた機材で、外見で内際の区別はできません

Img_3203_2

釜山は東京よりかなり近いので、燃料少なめで軽々と上がっていくかと思ったら、離陸ポイントはあまり変わりませんでした。

Img_3208Img_3211
もちろん、離陸後のコースは違っていて、RW36で離陸後270度右旋回して空港上空を西へ向かっていきました。

Img_3205

全機出発して、1-4番のPBBがガラ空きになってしまいました。

2012年7月14日 (土)

ベスト電器、ビックカメラと破談で、ビックカメラ小倉南店はどうなる?

ベスト電器がビックカメラとの提携を解消し、ヤマダ電機の子会社になることが正式に発表されました。

買収後もベスト電器の店名は残す、雇用は維持するとされる一方、店舗の統廃合のことも書かれています(それをしないと意味がありませんから、当然そうなるでしょう)

そこで気になるのが、地元店舗の動向。

我が家から少し車を走らせたところに、ビックカメラとヤマダ電機が通りを挟んで向き合うように店舗を構えているところがあります。

Bic

このビックカメラ、元々はベスト電器の店舗で、ベスト・ビック提携の結果、ビックカメラに模様替えした店舗なのです(両者が共同出資した会社が運営)

個人的にはビックカメラが残って、ヤマダと競争を続けて欲しいんですけど、どうなるでしょうね…(ヤマダの店舗はここといい小倉駅前といい、何となく居心地が悪くて嫌いなのです。あとは地元にビックカメラがなくなると、ビックカメラSuicaを使う理由が乏しくなる)

競争と言えば、こういうところもあります。

Youme

サンリブグループの旗艦店、サンリブシティ小倉のすぐ近くに、ゆめタウンでおなじみのイズミが「ゆめマート」を展開しました。食品スーパー+ドラッグストアという形態。

ゆめマートで買えるものはおそらくサンリブシティでも買えると思いますが、ちょっとした買い物で大型店に行くのは面倒という層がいる、とふんでのことでしょうか?近くにゆめタウンがない土地柄ですので、名前を覚えてもらう意味?あるいは単に「お試し」でぶつけてみた可能性もありますが

今後の競争の行方が気になる2ヶ所でした。

Img_0254

いつものように、「フェンス飼い」しているキュウリですが、今年は実のつき具合が今イチ。それでも頑張ってツルを伸ばしております。なかなかカワユイ。

…でも、上まで来たので摘心しちゃいました

Img_0275

うちのあたりは幸い被害はありませんが、先ほども土砂降り。

条件を色々と変えてみて、雨粒がそれらしく映るのはシャッター速度が1/125~1/250と気づいた次第

ズッキーニ(左下)はずいぶん大きな株に育ちましたが、どうも雄花と雌花の咲くタイミングが合わなくて授粉できず、何本分も雌花を無駄にしています。2株以上あれば効率が良いのでしょうが、そんなに食べるのかという別問題が… 来年はナシかな…

2012年7月10日 (火)

小倉駅小倉城口(南口)デッキにも屋根が付く

小倉駅小倉城口(慣れないなぁ、つい南口と書きそうになる)のペデストリアンデッキが工事中です。

Img_0234

一部囲いが出来ていて通れません。

Img_0235

「鉄骨工事」と書いてありますが、ソーラーパネル付きの屋根を取り付ける工事が始まったようですね。雨の日でもコレットや銀天街との間を濡れずに行き来できるのは便利になりますが、モノレールや駅舎を見上げたときの景観はどうかなぁ…

Concept

市の公式発表(pdf)から完成予想図を拝借しました。小倉駅コンコースから見た感じは涼やかですが、下から見たらどんな感じになるでしょうね。

Img_0239
カテゴリーに反して小倉駅南口の話題だったので、無理矢理北口の話題を。

Img_0241_3

小倉記念病院西隣で建設中のビル(見る方向によっては病院と一体に見えたりもします)。最近宣伝が付いて、どうやら「コンシェルジュ付き」マンションであったようです。病院関連の施設とか、福祉施設かと思っていましたが予想は外れました。

かなり大きなマンションですが、決して暮らしやすいとは思えないこの場所に高級志向のマンション。病院勤めの人を狙ってる?

Img_0244_3

船だまりから住友金属の工場を望む

2012年7月 8日 (日)

スターフライヤー、予備機導入で就航率改善を目指す

スターフライヤー(SFJ)に関する定番のニュース

Wing_sfj

スターフライヤー:部品不具合で6便欠航 8日も欠航へ

毎日新聞 2012年07月07日 20時14分
 スターフライヤー(北九州市)は7日、北九州−羽田の3往復6便を欠航した。所有するエアバスA320の1機に部品の不具合が見つかったためで、8日も同路線の3往復6便を欠航する。
 同社によると、運航中に異常が発生した場合に機体の位置を知らせる装置の作動ランプが点灯したまま、消えなくなった。ドイツから取り寄せる交換部品が着くのが8日になるという。(後略)

交換の必要性と、それに必要な時間はしかたがないとはいえ、それが即欠航に繋がるのがSFJの残念なところです。

Aviation Wireに載っていた2012年1-3月の遅延率と欠航率(国交省発表)によると、SFJの欠航率はワースト2位。1位は就航直後1ヶ月のデータとなってしまったPeachですから、次期は逆転を許してしまうかもしれません。

今回の記事には関係ないですが、遅延率はスカイマークが今期、前期とも他社を引き離してワースト1位。この点はSFJは優秀です。機材トラブルに対応できる予備機があれば、もっと安心して利用できる環境が整うと思います。

SFJは来年6月にようやく予備機として運用できる機材を導入するようです(Flyteamの記事)10機目にあたるそうなので、これから導入される8機目、9機目までは路線拡大に使われて、しばらくは逆に「機材繰りで欠航」のリスクは増すのかもしれません。

Img_0216

今回のような「機材都合で欠航」の場合、まずは北九州~羽田を単純往復する運用にしわ寄せが来ます。時刻表を見て、予定運休が時々入っている便がそれです。いざというときの「間引き」用運用とは言い過ぎでしょうが、関空便や福岡便に影響が出ず、振り替えなど対応しやすい時間帯。よく考えているとは思いますが、地元発の便に影響が出るのは避けて欲しいなぁとも思ったり…

突然予定が狂うことを予防するには、欠航になりやすいこれらの便を避けるのがいいのでしょうか?個人的には、これらの便を予約する場合には、いざという時に前後どちらかにずらせるようにマージンを考えておくべきと思っています。

2012年7月 7日 (土)

紫川河畔のアンダーパスが切り替え

5日の木曜日

Tele

通い慣れた道がいつもと違う。
JR橋梁の架け替えに合わせて改修の進んでいたアンダーパスの、西側半分が完成して供用されたようです。

Wide

二つ高架がありますが、高いほうが新幹線、低いほうが在来線(鹿児島本線・日豊本線)です。アンダーパスは在来線の橋の架け替えに合わせて拡幅と掘り下げをしていました。新幹線の高架も無縁ではなくて、橋脚ギリギリまで車道がくるので、歩道部分は新幹線の橋脚を回り込むように川のほうに張り出しています。(掘り下げる関係で補強が必要だったかもしれません)

Map2

今更ながらの位置関係ですが、小倉駅と西小倉駅の間です。
上の写真は北側から見たところ。

Img_0226

今日は南側から。井筒屋の横を抜けて勝山橋にさしかかりますが、ここはいつも混んでいます。最終的に4車線化されたら少しはマシになるのか?

Img_0227

常磐橋(木の橋)横は歩道を削って拡幅中。
(歩道が広かったのは多分このため)

Img_0229

室町大橋(火の橋)のところで信号待ち(この信号がまたネック)をしているとパトカーが!
停車中なのでデジカメ操作していても大丈夫ですよね?

Img_0231

新しいアンダーパスにさしかかります。
この写真だとわかりにくいですが、かなり掘り下げてあります。

「右折できます」の先に何があるかは…
小倉の人しか知らんでよろしい(笑)
ここがメインストリートになるのにはいろいろ問題があります。

Img_0232

さすがにまだ真新しい感じ。

Img_0233

ガードレールはカエル君です

2012年7月 2日 (月)

スターフライヤーの国際線定期便への意気込み?

スターフライヤー(SFJ)の7月の時刻表を見ていて面白いことに気づきました。

釜山への定期便が就航する7月12日に、SFJ76→SFJ77, SFJ88→SFJ91の計2往復が運休となっています。この時間帯が、釜山便の運航時間にピッタリ。

Time
(クリックすると元のサイズになります)

釜山就航初日に「水を差す」ことがないように、予定運休にして一機待機させるのでしょうか?

釜山便の時間帯、需要や双方の空港のスポットの空きなどで調整されたのかと思ったら、SFJの機材運用の都合のほうが優先しているかもしれません。しばらくはギリギリの機材数での運用が続くので、何かあれば北九州⇔羽田単純往復の運用を削って、国際線運用に振り替えられるよう「保険」をかけた国際線ダイヤかと推測します。

Img_0220_circle

さて、7月1日のPBB増設の件、西日本新聞の地域欄に記事になっておりました。地域欄のためかwebで検索出来ず、記事をそのまま貼り付けますw

整備の効果の一つ、「遅延解消に役立つ」。遅れが発生したために開いているはずのスポットがふさがってしまうと次の便が到着してもスポットに付けられず、遅れる便が増えてしまいます。スポット数は余裕があるに越したことはありません。

「新PBBから搭乗した60人に歯ブラシの記念品」ってのは記念品の微妙さもさることながら搭乗率低いですね。始発便かなぁ

2012年7月 1日 (日)

北九州空港1番スポットのボーディングブリッジ完成

北九州空港の話題

開港以来2、3、4番スポットの3ヶ所にボーディングブリッジ(PBB)がありましたが(搭乗口の番号と同じ)、スターフライヤー(SFJ)国際線定期便就航に間に合わせるように1番スポットにもPBBが増設されました。

公式ページや記事は調べても出てきませんが、NHKのローカルニュースで7月1日から供用されると報じられていましたので報告。

Img_6799
Img_6788

以前の状態。
上の写真でPBBが付いているのが2番スポット(SFJが主に使用)、左にチラッと見えるのが1番スポットの機材(夜間駐機してた機材)。左に振ると下の写真のように0番、1番を見ることが出来ます。

Img_2948
Img_2947

今の状態(今日の昼頃)。

SFJはいつものように2番に居ました。地上作業やプッシュバックを今まで通り展望デッキから眺めることができそうです(乗客の立場でも1番は歩く距離が長くなるので好ましくない)。1番に入ると展望デッキからは機体の後方しか見えませんね。

国際線が重なって押し出されたときや、深夜の到着・早朝の出発では1番を使うことになりそうです。

Img_2957
Img_2962
Img_2972

短い晴れ間の中、JA03MCが出発していきました。

Img_2992

続いて到着したJA06MC。
晴れを強調しようとコントラスト弄ったら前後で不自然な色合いになったのは、フェンスがかかっていたのかな?

Img_3002

エアバンド聴いてるレシーバを取り上げられてしまいました。
「何言ってるかわかんなーい」
分かったら怖い

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

無料ブログはココログ