« B747最前列の旅 | トップページ | SFJのTouch and Go訓練を見てきた »

2012年6月20日 (水)

北九州モノレールに、「999」の愛称?

久しぶりにモノレールの話題。紙面から

Img_0144

「銀河鉄道999」愛称に 北九州モノレール

 北九州市は、市内を南北に走るモノレールの愛称を同市育ちの漫画家松本零士さんの代表作にちなみ「銀河鉄道999」とする案を検討している。来年2月の市制施行50周年記念事業の一環としてアニメ文化を地域活性化の起爆剤にする構想を描いており、年内にも実現させる。市関係者によると、北橋健治市長が松本さんと会い、「999」の愛称使用に理解を得ているという。
 モノレールは市が全額出資する北九州高速鉄道(北九州市)が運営。JR駅に接続する小倉-企救丘(小倉南区)間の8・8キロを結ぶ。市は全13駅の看板などに愛称をデザインする。
 また、現在1編成で運行している「999」のキャラクターを描いたラッピング車両を2編成に増やすことを検討。JR小倉駅でスマートフォン(多機能携帯電話)を使って写真撮影すると画面に999号が現れて合成写真が撮れる企画(8月にも開始予定)を、モノレール駅に拡大する案も浮上しており、いずれも同社と協議している。
 松本さんは、8月3日に小倉駅北側に開館する「市漫画ミュージアム」の名誉館長に就任する。少年期を過ごした北九州市内を走っていた旧国鉄添田線のSLが「999」の原点になったと言われている。
=2012/06/20付 西日本新聞朝刊=

検索しても他紙の記事が出てこないので、公式発表に基づいた記事ではなさそうです。その点を差し引いて読む必要がありますが、市長と原作者が合意しているのであれば反故になることはないかな?

以下私の疑問や妄想。

  • 乗り換えなどの案内に「銀河鉄道999」を使うのでしょうか?新幹線の車内アナウンスで流れたら胸熱。
  • モノレールの路線自体に「999」という数字がどこか出てくればいいけど、なかったらモノレールにちなんだ数字を使ったほうがパロディと分かって良いかも。
  • 駅看板に路線の愛称をデザインするだけじゃなくて、いっそ「999」が停車する駅(星)の名前を駅の愛称に付けちゃうとか。
  • 「999」のラッピング車両を増やすのであれば、今度は機関車のデザインを希望。

Img_1812

モノレールを撮った写真があまりないので、今回の写真は古い在庫から。
冒頭の写真は、志井公園から車両基地への連絡線を望む。下は、車両基地の公開日に撮影した作業車。いずれも2008年撮影です。

20120620_062907

インゲンがドッサリ採れました。スティックセニョールはもう終わりの雰囲気。早めに引き抜いて、影になっているオクラの成長を助けてやらないと…

« B747最前列の旅 | トップページ | SFJのTouch and Go訓練を見てきた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北九州モノレールに、「999」の愛称?:

« B747最前列の旅 | トップページ | SFJのTouch and Go訓練を見てきた »

無料ブログはココログ