« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の9件の記事

2012年6月27日 (水)

北九州モノレールも節電で間引き、一方の我が家は…

北九州モノレールの話題から。
(写真は工作車の車内)

Img_1820

モノレールを平日間引き運転 北九州、節電で7月から

 北九州モノレールを運営する北九州高速鉄道(北九州市)は21日、夏場の電力ピーク時の節電対策として、7月2日~9月7日の平日に限り、小倉-企救丘(きくがおか)間で昼間の6便(3往復)を減便すると発表した。九州電力の節電要請を受けての措置で、北九州高速鉄道は2010年同時期の最大使用電力量に対し、10%の削減を見込んでいる。
 節電期間中の平日は、午前11時~午後2時台の運行を現行の10分間隔から12分間隔にして、計6便を間引く。さらに終日、ホームやコンコース、連絡通路、車両などの照明を一部消灯し、日中は自動販売機も消灯する。
 この時間帯の利用者は1日約3千人。同社は「利用者に不便をかけるが、平日の昼間の乗車率は20パーセント余りで、影響は少ないだろう」としている。
=2012/06/21付 西日本新聞夕刊=

公式発表はこちら。pdf形式の節電ダイヤも載ってます。

JRも昼間の博多~小倉の特急を間引くようですから、この時間帯の列車を減らすことは、電力のピークカットに最大の効果があって、なおかつ営業成績へ与える影響が最小、ということなんでしょう。

乗車率20%なら、いっそ15分間隔にして、もう6本間引いては?とも思いますが、やりすぎですかね。あまり利便性を落とすと乗客離れを起こしそうですし。

Img_3430           (志井河畔の桜とモノレール)

一方の我が家。九州電力が計画停電の概要を発表し、各家庭に通知が来ると聞いていたのですが…

来ました

Img_0204_mosaic2

なんと対象外

停電の心配がなくなるので喜ぶべきなのかもしれませんが微妙な感じです。普通の住宅街なんですけどね。透析病院が比較的近くにあるので、そこへの電力供給を確保するため?などと考えたりしますが、電力網の細かなところまで知るよしもなく、我が家(周辺)がVIP待遇になった理由は謎です。

2012年6月24日 (日)

SFJのJA07MCと宇部到着のB787と

前の記事の訓練飛行の合間。SFJの最新機材(7号機)であるJA07MCが降りてきました。

07img_2803

チラッと訓練機(JA03MC)と絡んでくれました。

07img_2806
07img_2809

降りる姿は同じですがまだピカピカがいい

07img_2872
07img_2873

訓練が終わった少し後に羽田に向けて出発していきました。Rwy36だったので、滑走路へ向かう姿を間近に見られて良かった。

787_img_2770

同じく訓練の合間。訓練機に「山口宇部に到着する飛行機があるので注意」という情報提供あり。羽田から山口宇部空港に降りる便は、一度空港上空を通り過ぎて、周防灘上空で旋回して滑走路に向かうので、北九州空港からも旋回する姿が結構大きく見えます。北九州到着機かと思うとまた小さくなっていくのが悲しいですが

FR24と空を見比べながら目をこらしていると、見えました写真では小さくしか写らないので4枚組み合わせてしかもかなり強力に補正をかけてます。こういう位置からB787を見たのは初めてですが、旋回する姿を見ると主翼のスパンが長いのがよく分かります。

Heli_img_2720

毎日新聞のヘリも出動していきました。

2012年6月23日 (土)

SFJのTouch and Go訓練を見てきた

スターフライヤー(SFJ)の運航するA320は全てFlightradar24 (FR24)で表示されるので、動きが分かって面白いです。情報をフィードしてくれている方に感謝。

時々、9000番台の便名で北九州空港を中心にグルグルしていたり、大分空港まで行ったりする航跡があります。訓練かテストと思われます。地元で訓練飛行をするなら見てみたいけどいつやるのか?予定運休している時間帯を使っているようですが、この時間を整備に充てるのか訓練をするのか、までは中の人でない私にはわかりません。

深夜の時間帯と繋がる運休は時間のかかる整備か?と考えて、SFJ82→SFJ83が運休している時間帯を狙って出撃してみました(前の日同じ時間帯に訓練してたので)。空港へ向かいながらスマホ版のFR24を見てみると、既に始まってます。撮影についてはあいにくの曇り空ですが、滑走路南端付近から見守ることに。

Img_2671
Img_2690

北側から降りてきて(Rwy18)、すぐに飛びたって行きます。

Img_2696
Img_2699

通常の出発なら離陸後すぐに車輪を上げて上昇していきますが、上げずに旋回していくことも。空港東側の海上を飛んでいくのがすぐ近くに見えます。

Img_2705
Img_2709

そうこうしているうちに一度着陸して誘導路へ。

なになに… 乗員を交替して、今後はRwy36(南側から着陸)を使う…

Img_2716
Img_2731

スポットには戻らず、エンジンをかけたまま誘導路で一時停止、そのままRwy36へ。

Img_2756
Img_2792

滑走路の使用方向と、旋回方向を変えて訓練は続きます。軽い横風で、どちらの滑走路を使っても良い状況で良かったですね。

Img_2839

最後の着陸前。写真に写ったコクピットを見ると、後方にチェックか指導をする立場の方が乗っておられます。

Img_2843_2

長時間の訓練お疲れ様でした。

2012年6月20日 (水)

北九州モノレールに、「999」の愛称?

久しぶりにモノレールの話題。紙面から

Img_0144

「銀河鉄道999」愛称に 北九州モノレール

 北九州市は、市内を南北に走るモノレールの愛称を同市育ちの漫画家松本零士さんの代表作にちなみ「銀河鉄道999」とする案を検討している。来年2月の市制施行50周年記念事業の一環としてアニメ文化を地域活性化の起爆剤にする構想を描いており、年内にも実現させる。市関係者によると、北橋健治市長が松本さんと会い、「999」の愛称使用に理解を得ているという。
 モノレールは市が全額出資する北九州高速鉄道(北九州市)が運営。JR駅に接続する小倉-企救丘(小倉南区)間の8・8キロを結ぶ。市は全13駅の看板などに愛称をデザインする。
 また、現在1編成で運行している「999」のキャラクターを描いたラッピング車両を2編成に増やすことを検討。JR小倉駅でスマートフォン(多機能携帯電話)を使って写真撮影すると画面に999号が現れて合成写真が撮れる企画(8月にも開始予定)を、モノレール駅に拡大する案も浮上しており、いずれも同社と協議している。
 松本さんは、8月3日に小倉駅北側に開館する「市漫画ミュージアム」の名誉館長に就任する。少年期を過ごした北九州市内を走っていた旧国鉄添田線のSLが「999」の原点になったと言われている。
=2012/06/20付 西日本新聞朝刊=

検索しても他紙の記事が出てこないので、公式発表に基づいた記事ではなさそうです。その点を差し引いて読む必要がありますが、市長と原作者が合意しているのであれば反故になることはないかな?

以下私の疑問や妄想。

  • 乗り換えなどの案内に「銀河鉄道999」を使うのでしょうか?新幹線の車内アナウンスで流れたら胸熱。
  • モノレールの路線自体に「999」という数字がどこか出てくればいいけど、なかったらモノレールにちなんだ数字を使ったほうがパロディと分かって良いかも。
  • 駅看板に路線の愛称をデザインするだけじゃなくて、いっそ「999」が停車する駅(星)の名前を駅の愛称に付けちゃうとか。
  • 「999」のラッピング車両を増やすのであれば、今度は機関車のデザインを希望。

Img_1812

モノレールを撮った写真があまりないので、今回の写真は古い在庫から。
冒頭の写真は、志井公園から車両基地への連絡線を望む。下は、車両基地の公開日に撮影した作業車。いずれも2008年撮影です。

20120620_062907

インゲンがドッサリ採れました。スティックセニョールはもう終わりの雰囲気。早めに引き抜いて、影になっているオクラの成長を助けてやらないと…

2012年6月17日 (日)

B747最前列の旅

お招きがあって東京へ。

往路の時間の都合と、上級クラスの席を用意してくださると聞き、それに甘えて福岡発着のANA便をチョイス。

深夜早朝の移動とか、車で空港に行く前提なら北九州空港のSFJ便に分がありますし、普通席のプレミア感はSFJが上。自腹ならSFJを選びますが、上級クラスを是非と言われるとグラッときてしまいます

Img_0056

行きは雨の中B767で出発。
プレミアムクラスの○のあたりに陣取りました。

Img_0057

Premium SABOをいただきます。前日の飲酒の影響もあり少し頭が痛かったのですが、コンソメスープとサンドイッチをいただいているうちに解消。持ち帰り可能となっているスイーツも結局全部食べてしまいました。

Img_0061

アナウンスで、「雲が高いところまで発達しており、39,000フィートまで上がりましたが雲の中です」とあったとおり、上空でも薄曇り。着陸直前に東京湾が見えるまでずっと雲の中でした。

帰り道。
プレミアムクラス利用者にも開放されたANA Loungeへ。
前日は禁酒したのと、用事も済んだので「昼ビール」解禁。

Img_0142

新ポケモンジェット(ピースジェット)が駐機中。

Img_0144

帰りの便はB787充当便も魅力的でしたが、退役が進んでいて、もう乗る機会がないかもしれない、そしてプレミアムクラスの位置が他機種にはない特徴を持つB747充当便にしました。

ポケモンジェットを少し期待していたのですがノーマル塗装。


Img_0146Img_0147_3
B747は「コブ」があって一部2階建てなのが特徴ですが、コクピットはこの2階部分。

1階の前方は左の写真のようにくびれていて、窓から前のほうの景色が見えるという特徴があります。

シートマップを見ていて、運良く左最前列(○の位置)を確保できました。

Img_0148

乗ってみるとこんな感じ。
前方ほど狭くなっていて最前列は1+1の2席しかありません。更に前方にはトイレやギャレーもないので、特別な席という感じは非常に強いです。

ただ、プロジェクターは昔ながらのスタイル(3原色が別々に照射されるやつ)のままで画質も悪いです。退役計画のある機材の設備更新は控えるでしょうね。

Img_0150

Premium GOZENにさらにアルコールを足していただいていると、窓にはこんな光景が。

Img_0158

並んで飛んでいる飛行機があるなーと思っていると、徐々に近づいてきて、ようやくJALの新鶴丸塗装だろうと分かりました。

Img_0158_tsuru(右の写真は拡大+若干補正)

その直後に「操縦席からのアナウンス」

「ただいま左側上空にJALの福岡行きが綺麗に見えています。
 当機はまもなくこの飛行機を追い越します」

機内ではざわめきとも笑いとも取れる声が起こって、確かに鶴丸は徐々に後方へ。

記憶をたどると、羽田のD滑走路で一つ前に離陸したのが鶴丸のB777、福岡で、一つ後ろで着陸したのも鶴丸のB777。レジ番号は正確に覚えてないけど両方ともJA8983だったような…宣言通り追い越しできたという前提での分析ですが

鶴丸の福岡行きの離陸が直前だったとしたら、コクピットではその時からB777より巡航速度が速いのを利用して抜き去ることを考えていたかもしれません。鶴丸より低い高度を選択したのも追い越すための布石かも。

Img_0167

プレミアムクラスのサービスと、本当に静かなB747の前方席に満足して帰路につきました。

2012年6月 9日 (土)

今日の庭6/9

Img_1904昨日、梅雨入りしたとの発表。
今日もそれらしい空模様です。

水やりの心配をしなくてもいい点は楽なのですが、庭仕事のしにくい時期に入ってしまいました。

ブルーベリーの木にぶら下がっているミノムシが、気がついたら大きくなっています。一匹、もっと大きなミノムシが混ざっていますが…

Img_1910

ズッキーニはこんなに立派になりました。

Img_1909

Img_1918授粉作業が出来なかった実で大きくなってくるものもあります。どこかご近所の花から虫が運んでくるのでしょうか?

よく見ると短い茎の部分からヒゲが生えています。根ではないので、ウリ科らしく痕跡的にツルが残っているのでしょう。

しかし、ズッキーニの花は大きいです。ようやく咲き始めたキュウリの花がとても可憐に見えます。

Img_1913こちらはインゲン。

フェンス際のスペースを活かすために、「つるあり」をチョイスしてネットを組みました。

順調にツルが伸び、エンドウに比べると地味ですが花を付けています。

(下の写真)花のつく枝の元の側から花が咲き始め、元のほうは既に小さな実が付いています。先端は今咲いているところ。

Img_1911

Img_1915こちらはブロッコリーの葉についたアオムシ。

よくある光景ではありますが、彼?が居るのは以前引っこぬいて放置していたブロッコリーの根元あたりからまた芽が出てきたところの先。

こんな状態です↓

Img_1916

ブロッコリー、モンシロチョウいずれの生命力にも感銘を受けますが、移動も含めた処分がしにくくなってしまいました。

2012年6月 7日 (木)

新若戸道路(海底トンネル)の開通日決定

新聞記事から

海底トンネルで結ぶ「新若戸道路」、9月15日開通

 国土交通省北九州港湾・空港整備事務所は6日、北九州市の若松区と戸畑区を海底トンネルで結ぶ「新若戸道路」が9月15日午後3時に開通すると発表した。
 両区に架かる若戸大橋の渋滞解消を目的に2001年に着工した。片側2車線、全長約2・3キロで、海底トンネル区間は1・2キロ。七つの鋼鉄製の箱を海底に沈めてつなぎ合わせる「沈埋トンネル工法」を九州で初めて採用した。総事業費は約1000億円。
 通行料金は若戸大橋と同額で、普通車100円、軽乗用車・二輪車50円、大型車150円。原付きバイクは通行できない。
(2012年6月7日  読売新聞)

Wakato
(画像は北九州港湾・空港整備事務所のサイトから)

若戸大橋は外から見るのにはカッコイイのですが、これを渡って若松に行くとなると意外と面倒です。洞海湾を出入りする船に支障しないよう高く作ってあるため、上り下りが急勾配。また、元々片側1車線+歩道で作ったのを、渋滞緩和のため片側2車線(歩道なし)に改造したので狭っ苦しい。それに、若松側の出入り口が内陸にあり、特に響側に行くのにはグルッと回らないといけなくて不便です。

新しくできる道路は洞海湾の海底に作られたトンネル。小倉方面から響方面へ行きやすくなるほか、若松の中心部を通過する車(特に大型車)が減ることが期待できそうです。

もう一つ、少し便利になる話。

【会員の皆様へ】エクスプレス予約における山陽新幹線区間(新大阪~博多)での「みずほ」「さくら」「つばめ」の取扱いについて

(抜粋)
 平成24年7月21日(土)5:30から、昨年11月にご案内しておりました通り、山陽新幹線区間(新大阪~博多)の「みずほ」「さくら」「つばめ」について、エクスプレス予約でのお取扱いを開始します。
 これにより、新規予約、予約変更、取消(払戻し)、EX-ICカードによる乗車等が、山陽新幹線区間(新大阪~博多)の「みずほ」「さくら」「つばめ」でもご利用いただけます
<ご注意>
・エクスプレス予約では、九州新幹線区間(博多~鹿児島中央)は対象外です。
・「みずほ」「さくら」「つばめ」をご利用の場合、「エクスプレス予約グリーンプログラム」のポイントはお貯めいただけますが、貯まったポイント(グリーン特典)を利用して「みずほ」「さくら」「つばめ」のグリーン席をご予約いただくことはできません

Img_1417

九州新幹線開業以降、「ひかりレールスター」がほぼ「さくら」に置き換えられてしまい、エクスプレス予約利用者にとっては予約出来る列車が減ってサービスダウンとなっていました。

まぁ小倉から新大阪とか京都へ、と考えた場合には実害は少なかったのですが、「のぞみ」の全便が停まらない駅、特に「のぞみ」より「さくら」が多く停まる駅の利用者は困っておられたのではないでしょうか。

グリーン特典で「みずほ」「さくら」のグリーン車が選べないのは、供給できる座席数が少ないからでしょうね(半車両分24席)。九州まで長時間乗る人にこそ使って欲しいでしょうし。

2012年6月 4日 (月)

ホタル撮影考

近所の川にホタルが飛び始めたと聞き、家族で見に行きました。
無駄と思いつつカメラも持って。

Img_2583_2
満月(近く)が田んぼに映えます。

ホタルは乱舞とは言えない程度の数。ホタルの軌跡をたくさん入れた写真はしっかり長時間露光しないとダメなので却下(三脚も持って行ってませんし)

Img_2579

子供が上手いことホタルを捕まえたので、光ってるところを撮ってやろうと挑戦。

人の目では、周囲が真っ暗な状況でホタルの光が見えると「オオッ」っと思いますが、写真にすると露出もピントも難しいしホタルの体の部分もよく分からないし、ちょっと何が写ってるのか分からない。

フラッシュ焚いてしまうと当然のことながら「蛍の光」は分からない。

Img_2582

街灯の下でかろうじて手とホタルの体部分が分かってピントを合わせられる状態で撮影。

こうやって少し補助光があったほうが、ホタルの記録写真としてはいいようです。

…もうちょっと明るいレンズで撮ったほうがノイズが減って良かったかな

Img_2586
夜道は注意して歩きましょう。

2012年6月 2日 (土)

今日の庭6/2

今年初めての芝刈りをしました。

Img_1870

Img_1869

まだ伸びてないところ(上の写真の手前)と、一部かなり伸びたところ(下の写真のネコバスの横は刈った後)が混ざって、刈った後のスッキリ感は少なかったですが、それなりに量はありました。伸びたところは刈りながら、全体を揃えていくしかないですね。

しかし、クローバーが芝のすき間に芽を伸ばしている勢いにビックリ。ほっとくと負けそうなので一部意図的に刈り込み&伸びた部分を除去

Img_1865

Img_1867

トイレ前の坪庭で、アジサイが咲きかけに。

Img_1872

去年はこの場所のほうが勢い良かったと思うんですが、今年は葉っぱの色も花の数も負けてます。日当たり乾燥の違いなのか、土の質や肥料の違いのか…

Img_1868

肥料と言えば、駐車場の目地に植えてあるタマリュウ(リュウノヒゲ)を放置しているのも可哀想と思い、肥料を蒔いたところ逆に一部に変色が。

「有機配合」とはいえ、この時期に化成肥料を振りかけたのは拙かったかもしれません。反省も込めて記載。

Img_1857

Img_1860

息子の寝姿シリーズ:
上はぬいぐるみをもってそのまま寝てしまったところ
下は今日の夕方、疲れて寝てしまったところに姉2人にいたずらされたところ。それでも起きません

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

無料ブログはココログ