« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の6件の記事

2012年2月29日 (水)

テザリングとWindows7のルーティング設定覚え書き

職場のインターネット接続用回線(以下内部LAN)には立派なプロキシが入っている。

接続申請したPCをMACアドレスで選別したうえに、さらにID/passwordを入力しないとインターネットが使えない。ブラウザはまだいい。最初めんどくさいだけであとは問題なく使える。

各種アップデートで、ブラウザのプロキシ設定を引っ張ってこないのか、認証がクリアできないのか分からないが、どうしても差分がダウンロード出来ない場合がある。通販するのにクレジットカードの認証が通らない場合がある。なんとも不便とイライラが尽きない仕様である。

そんな環境で、新しいスマホはWiMaxとテザリングが出来るものを選びました。試しに接続してみると、下り速度は…

3G回線 約800kbps
WiMax  約8Mbps

お、WiMax速い。
アイコンの電波強度を見て見くびっていたわ。

ただ、テザリングon/offしたり、プロキシ使用をon/affしたりすると、プロキシを見失う、外部にpingしても通らないなどの問題あり。ルーティングをちゃんとしておく必要があるな。

以下、自分が次に設定するときの覚えがき。
IPアドレスは一部伏せ字w

内部LAN側
自分のPCのIPアドレス 192.168.xxx.aa
サブネットマスク     255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.xxx.254

DIGNOテザリング側
自分のPCのIPアドレス 192.168.zzz.cc
サブネットマスク     255.255.255.0

内部側で必ずアクセスするサーバ
外部接続用プロキシ 192.168.yyy.1
(本来サーバ名で指定しているが、外部のDNSではひけないのでIPアドレスを明示しておいたほうがよいだろう)
内部用メールサーバ 192.168.yyy.2
→192.168.yyy/24にはテザリングしているときでも必ずアクセスできるようにスタティックルートの追加が必要。万一外で使うときはプロキシ使うことないのでスタティックに追加しても問題ない

ネットワークプリンタ 192.168.xxx.bb
→PCと同じセグメントなので、特にルーティングは意識しなくても大丈夫

スタティックルートの追加
route add -p 192.168.yyy.0 MASK 255.255.255.0 192.168.xxx.254

あとは、テザリングしたとき、プロキシ使わないアクセスが確実にDIGNO側に流れるように、各ネットワークアダプタのIPv4メトリックを手作業で調整。メトリックの数字は小さいほうが優先される。

2012年2月20日 (月)

最速のピッチングマシン vs 最強の連写デジカメ

夕食後、子供達がTVを見ていて、「北九州市民球場だって」と言い出すのでそこから一緒に見始めた。

フジでやってる「ほこ×たて」という番組。「矛盾」という言葉の元になった故事の通り、相反する「最強」のものを競わせるという番組。しょうもない対決もあるが、理系人間には面白い技術者同士の対決が意外と多い。

途中からなので前提が違うかもしれないが、「時速360kmの球が投げられる」ピッチングマシンの放った球を、「最速の連写機能」を持ったデジカメで止まっているように写すことができるのか、という対決のようである。

対決会場が北九州市民球場であったため、冒頭の発言になった模様。

ピッチングマシンのほうは、福岡県大野城市の会社が開発したTOPGUNという製品(公式ページはこちら)。会場が北九州なので地元の会社かと思ったら微妙に遠いw

一方のデジカメは、CASIO EXILIMであることはすぐに分かったが機種名まではわからず。製品化されているようだったので、形が似ていて、現行商品で最高スペックと思われるEX-ZR200と仮定して考察してみる。

撮影した結果は、連写したうちの1枚でボールをフレーム内に捉えることはできたものの、ボールの陰影は横に長く伸びており「止まっていない」ためにピッチングマシンの勝ち。

対決前の解説では「360km/hは100m/sに相当するから、1/30秒の間にカメラのフレームの中を通り過ぎてしまうのではないか」という点が問題になっていた。結果は、フレーミングのタイミングはクリアしたものの、動きに対してシャッター速度が足りていない状態。

いったいどのくらいのシャッター速度で撮れるのか?
スペック表を眺めると、

※高速連写モードのシャッター速度優先AE/マニュアル露出時のみ 1/25000秒まで可能

とある。

仮に初速のまま100m/sの球がやってきたとして、1/25000のシャッター速度だと、その間に球が進む距離は4mm。一眼レフのようにシャッター幕方式であれば、球がフレームの1/4以内の大きさであれば1mm以内のズレに収まる。これだったら多分「デジカメの勝ち」と判定されていたであろう。

カメラマンなら「止めて撮る」にはシャッター速度を速くしないといけないことは常識。連写で有利になるとすれば、一発勝負の撮影の時にタイミングを外さない確率が高まることくらい(今回の勝負では重要っちゃあ重要)。

まぁ要は、フレーム決めて露出を決めた時点で、シャッター速度が1/100とかだとその時点で勝負にならないことは明らかなわけだ。1/1000でも多分ダメ。そこを分かってなかったとすればカシオ側の人は本当にカメラの技術者か?と疑問に思う。ダメと分かっていてもテレビ的に強気を崩さないことを求められたのかもしれないが… もし1/25000にセットしておいてアレだったら、カタログに偽りありだわ

炎天下でなく、雪降る中の勝負だったことも、デジカメ側に不利な要素だったと思われるが、自分がカシオの側だったらどうするだろう… 強力な照明を使っていいかどうか交渉するかなぁ。その前に1/25000で撮影して露出不足にならないだけの明かりっていうのを確認しておく必要もあるな。

2012年2月17日 (金)

東京まで1万円!?

新聞の紙面から

Kimg0011

水曜日には全便・全席1万円という広告。(前日まで予約可能)

TV報道によれば水曜日の搭乗率が低いからだとか。

水曜日に東京行くことはなさそうだなぁ
(だから割引運賃が設定されるんでしょうが)

…なんだ、福岡便限定ッスか

北九州と違って他社との競争に食い込むのは大変なんだろうなぁ

#公式情報はこちらです(PDF)

2012年2月13日 (月)

久しぶりの京都までの新幹線で

所用で京都へ。
頼まれていた買い物も京都駅ですぐに済んだので、新しくできたヨドバシをチラッとみて、そのまま北へ。

#携帯しか持ってなかったので今イチな写真ばかりです

Hi3e0610 Hi3e0615

七条通りのすぐ北は東本願寺。現在阿弥陀堂の修理中。
向かって右側の御影堂は修理が終わったばかりだとか。

Hi3e0611 Hi3e0612

修理中の阿弥陀堂側から入って御影堂へ。

Hi3e0613

中に入ったと思ったらすぐに、「お堂は4時まででーす」という声とともに追い立てられてしまいました。

さて、用事も済んで帰り道。

小倉までの山陽新幹線はトンネルばかりで、携帯は使えないものとばかり思っていました。なので、ほっておくか、メールなどが必要なら停車駅の前後でそそくさと、という程度。

だが、今回の乗車中、トンネル内でメールが届いてびっくり!

岡山過ぎてもトンネルでアンテナが立っていて喜んだのですが、福山から先ではアウト。

公式情報を確認すると、大阪側から環境整備が進められていて、2010年末には岡山県境まで、2011年7月には岡山まで、そして10月には福山までトンネル内でも携帯が使えるようになっています。今年の春までには三原まで使えるようになるとか。

そこから西はいつに…

ちなみに、九州新幹線は博多~新鳥栖の間のトンネルは携帯OKになってるようです。

こういう整備が進むのはありがたいのですが、順番からいくと我が小倉駅の前後は最後になりそうですね。

2012年2月 6日 (月)

機長は何を慌てたんでしょうか…

昨日のニュースから

全日空機尻もち 乗客乗員けがなし 仙台空港

 5日午前9時5分ごろ、大阪(伊丹)発の全日空731便のエアバスA320が、仙台空港で着陸をやり直そうと機首を上げて再上昇しようとした際、尻もちをつくような形で機体後部が滑走路に接触した。乗客160人と乗員6人にけがはなかった。
 国土交通省によると、機体後部で客室の空気圧を支える圧力隔壁の骨組みが損傷したほか、機体には幅約0.5メートル、長さ約2.5メートルの、こすった痕が残った。
 運輸安全委員会は同日、航空事故と判断し、航空事故調査官3人を仙台空港に派遣した。6日から本格的な原因調査をする。
 全日空によると、滑走路の接地点が当初の予定と異なる可能性があったため、機長(46)が着陸のやり直しを判断したという。接地点のずれが起きた原因は不明。(後略)
2012年02月06日月曜日 河北新報

A320_1_2 昨日は大きく報じられていましたが、今日はもう扱いがない。一般の興味はそんなものなのかもしれませんが、今回のはテールスキッド装着機がそこをこすったのとは程度が違います。

よく撮れている動画(元はTBSのニュース映像)

20秒くらいのところで、機首を上げすぎた結果尻餅をつき、反動で一度機首が下がり、そのあとようやく再上昇に転じています。

A320_2 結果として圧力隔壁を損傷したと聞くと、1985年のB747の墜落事故を思い出してしまいます。この機体の点検修理が今後どのように行われるのかは分かりませんが、(乗客や乗務員が)不幸な転帰をたどらないようにして欲しいものです。

しかし、発端となった「接地点のズレ」は風の具合などで起こりうるのでしかたがないとして、その後着陸をやり直す過程でどうしてあれほど「慌てた」操作をしたのでしょうね。十分訓練している操作だと思うのですが。

「緊急時こそ慌てない」改めて肝に命じる必要がありそうです。
我が身に対しても。

2012年2月 4日 (土)

今日の庭2/4 ~冬芽が色々~

Img_0678

2日は気温が低く、当地でも午後から降った雪が積もりました。
翌朝は路面が凍結してヒヤヒヤしながら出勤。

Img_0690

今日は穏やかになりましたが、芝生の青くない庭はまだ冬景色。

そんな中、来るべき春に向けた芽はちょっとずつ大きくなっているようです。

Img_0685 Img_0688

左はカリン。右はハナミズキ。

ハナミズキは昨年から元気がなく、芽が付いている枝がとても少ない。本格的に枯れてしまったらどうしましょうか…

Img_0686

トサミズキの枝で越冬中のミノムシ。
今年も大量発生するのか?

Img_0687

コデマリはこの芽の数だけ花房がつくのでしょうか。

Img_0692

クロッカスほか球根が芽を出しています。
右下のスズラン系のやつは蕾が出てきたのかな?

Img_0693

2度目の越冬中のガクアジサイ。
挿し木から育てているとはいえまだまだ小さい。

Img_0701

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

無料ブログはココログ