« 中津アドベンチャー1~深耶馬溪編~ | トップページ | 中津アドベンチャー3~青の洞門編~ »

2011年12月 6日 (火)

中津アドベンチャー2~羅漢寺編~

次の目的地は羅漢寺(詳しく紹介されているサイトはこちら

「五百羅漢」が有名な古刹ですが、子供にそういう魅力は通じません。友人に聞いた「リフトがあって楽しいよ」というのをエサにします。

Img_9480 Img_9484_2

麓からリフトに乗って上がっていきます。羅漢寺は中間の駅から参拝。(参拝後、もう一度乗って山頂まで上がることも出来ます)

だが、ここのアトラクションはリフトだけではありませんでした。

Img_9491

Img_9490 リフトを降りて少し歩くと山門(左の写真)。岸壁に寄り添うように建っています。

山門の先にある無漏窟(むろくつ)の中に、上の写真のようにたくさんの石仏があります。

誰でも一つは自分に似た顔の石仏があるとかないとか…

様々な願いを「すくい取ってくださる」というしゃもじがたくさん奉納されているのですが、面白いのは全部釘で打ち付けてあること。古いのとかどう処理してるんでしょう…

Img_9493 さらに上がっていくと本堂があります。ここも岩の窪みにうまく収まるように建っています。

本堂の前の広場からも耶馬溪の風景がよく見えるのですが、一人300円払うと本堂の2階に上がれます。

2階までの通路はびっくりするくらい真っ暗でした。
足元注意

Img_9495

2階からの景色。
「これで300円?」で終わらないのが羅漢寺の良いところ。

Img_9497 Img_9509

本堂2階の右側に進むと、上の写真のような、頭をぶつけそうな怪しい素晴らしい橋を渡って庭園に抜けることが出来ます。庭はちょうど紅葉が綺麗でした。

この橋の存在が下から分からなくてとっても不思議でした。ここまで堪能すると、300円は安く感じます。

Img_9514

「千体地蔵」の建物が山門近くにありますが、帰り道のほうがアプローチしやすいです。この中にもたくさん石仏があります。

Img_9522

帰り道もリフトで

« 中津アドベンチャー1~深耶馬溪編~ | トップページ | 中津アドベンチャー3~青の洞門編~ »

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中津アドベンチャー2~羅漢寺編~:

« 中津アドベンチャー1~深耶馬溪編~ | トップページ | 中津アドベンチャー3~青の洞門編~ »

無料ブログはココログ