« 佐賀県立宇宙科学館(ゆめぎんが)に行ってきた | トップページ | 小倉の新スタジアム、経済効果の試算に疑問 »

2011年11月 4日 (金)

JRの紫川橋架け替えが最終段階に

長らく架け替え工事中の、小倉駅西側の紫川橋。
最後に残った日豊本線用の橋が工事中です。

コンクリート製橋桁が、ほぼ出来上がった状態で、南側の一段高いところに置かれていましたが(川の上に作業上を仮設して作っていたのでしょうか)、数日前に見るとなくなっていました。

目的の位置に設置されたものと思われます。

Hi3e0517_cut

通勤中の信号待ちで撮った写真なので、適当ですみません。クレーンがあるので工事中っぽいことくらいは分かるでしょうか。高架は山陽新幹線。(下の図の↑のように見ています)

いつになるのかはまだ予告がありませんが、今回も一部運休を発生させて深夜帯に線路の付け替えをすることになるのでしょう。そうなると貨物線を一部区間単線にするために作られた紫川信号場も用なしになります(架け替え工事のことも含めてwikipediaに記載あり)

Kokura2_2 

JRのガード下を通る道路と、その先の国道199号につながる部分も(赤丸部分)、鉄道橋の橋脚が作り替えられるのに合わせて徐々に形を変え、ようやく片側2車線に拡幅される姿が見えてきました。ここが拡幅されても、井筒屋横を通り抜ける部分がネックであることには変わりなく、駅の南北を移動する不便さの解消にどのくらい役立つかは微妙です。

« 佐賀県立宇宙科学館(ゆめぎんが)に行ってきた | トップページ | 小倉の新スタジアム、経済効果の試算に疑問 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRの紫川橋架け替えが最終段階に:

« 佐賀県立宇宙科学館(ゆめぎんが)に行ってきた | トップページ | 小倉の新スタジアム、経済効果の試算に疑問 »

無料ブログはココログ