« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の9件の記事

2011年8月29日 (月)

夏の終わりに狩尾岬@芦屋

(子供達の)夏休み最後の日曜日。起床は遅め。

Img_6923 Img_6926

「もう少し大きくなったら」と収穫を待っているうちに、黄色く熟れてしまったゴーヤ

中の種の周りが甘くて食べられると聞いたので、割れそうになっているのを確認して収穫。

…冷やして食べてみましたがそんなに甘くはありませんでした

残暑!、という感じの日射しと熱気の中、「昼どうする?」。妻の要望は「魚、寿司じゃなくて丼みたいなのが食べたい」ということで、さほど遠くはないんですがあまり行くことのない若松~芦屋あたりで探してみることに。

芦屋の「とと市場」の海鮮丼を勧める記事があったので行ってみました。飲み食い、買い物をしたうえで少し感想を書くと、『「地産地消」を想像していくと期待はずれ』の一言。「写真撮影・価格調査お断り」の掲示も興ざめです。そんな対抗馬となる店は近くになさそうだし、こう書けば「安いに違いない」と思うだろうとか、そんな意図じゃないよね、と邪推。

Img_6942

食事のあと目の前の海へ。「狩尾岬」という玄界灘に突き出した岬で、遊歩道が整備されています。向こうに見えるのは若松の遠見ヶ鼻。

Img_6994

「千畳敷」と呼ばれる岬の突端。上の写真の若松北海岸と同じで、浸食されて程よくデコボコになった岩が広がっています。

Img_6999

誰かが「北海道」と呼んだ窪み。

Img_6989 少し大きな窪みは典型的な潮だまりになっていて、ヤドカリや小魚が観察出来ます。今回は水着まで用意していなかったのでほとんど水面の上から。

岩の切れ目と波の向きの都合で、時々ピシャッとしぶきが上がるのに楽しそう。

だいぶ濡れてましたが

Img_6997 ホントに偶然なんですが、上の写真のところの切れ目からサンダルが打ち上げられて皆で大爆笑。

どこから来たんでしょうねぇ…

周りには中国語の書かれたペットボトルが打ち上げられていたりしましたから。

Img_7000

暑かったですが、天気も潮の具合も良くて楽しめました。

blogram投票ボタン

2011年8月25日 (木)

DLNAをちょっと導入してみた

地デジ完全移行前にこなれた頃を狙って買ったHDDレコーダ(Toshiba RD-BZ810)。ブルーレイやら3D対応やら(今のところテレビを3D対応にする気はありませんが)の新機能もありますが、期待していたのはDLNAサーバ機能。「HDDレコーダに録画したやつを他のテレビとかPCで視聴できる」機能のはずなんですが…

Img_6917

私は夜になるとこんなふうにリビングのテーブルにPCを置き、横目でTVを眺め「ながら」というのが定番のスタイル。レコーダが繋がっているTVはテーブルがPC作業には向かないのと、大きくて電気代モッタイナイ感が強いので、こっちの小さなTVでいろいろと出来れば最高。

建てるときにせっかく有線LANを配線してあるので、動画配信などで負荷をかけてあげないと意味がないよね、って不純な動機も

Img_6913

思い立ってから数ヶ月。ようやく買ったのがBUFFALOのLinkTheater (LT-H91DW)というやつ。TVも含めていっちょまえにHDMIなんか付いているので、接続は簡単です(HDMIケーブルは別売りですけど)。

録画した奴の再生は、レコーダ側でDLNAサーバ機能をONにすればいいだけで簡単。レコーダのフォルダ分けを参照してくれるのは助かります。

通常の再生はコマ落ちもなくスムーズ(当然か)。購入前にレコーダのカタログで確認していたのですが、意外にトラブルが無くてびっくりしたことが一つ。レコーダで直に再生しながら、DLNAサーバを動作させても問題ありません。これは無理があるんじゃないかと、子供が再生しているアニメをLinktheater側で選択し、再生・早送り・30秒スキップとかやっても大丈夫。最近のレコーダはHDDもCPUも余裕があるんですな。

Img_6912

買った直後、Linktheaterの置き場にちょっと困りました。Faxの下に置きたくて、非常に簡単な、コの字を伏せたような台を探したのですが、通販とか調べても本格的なFax台ばかり。

既製品が見つからなければ棚用の材料買って組み立てるか…、とナフコに寄るといいのがありました。30x30cmの天板に足が6本というモノ。商品ラベルを見ると、「棚の中の棚」用だそう。

上に載せたFaxとサイズがぴったりで、非常に収まりが良くなりました。

Hi3e0451 Hi3e0452

雨が数日続いたあとの畑。

妙なキノコがニョキニョキと…

食べられそうな気がしなくもないが…

食べませんよ

blogram投票ボタン

2011年8月24日 (水)

ITOZU YORU ZOO ~夜の動物園~

日曜日、雨の上がるのを見計らって、到津の森公園の「夜の動物園」に行ってきました。

営業的には特に料金の変更や入れ替えがあるわけではなく、通常17時までの営業が21時までに延長する形です。今年は8月中の金・土・日なのでチャンスは次の週末まで。

Img_6878 Img_6879

前にも書いたことがありますが、巣穴の中が覗けるようになっている、プレーリードッグの行動展示はいいですね。夕方になると皆巣穴のほうに入ってしまうようです。

Img_6881_2 食い意地のはったアライグマ

うちの娘は何も持ってないんですけどねー

Img_6886
Img_6890 多分目玉の一つだろうと思うのが、この春新しくできた、キツネザルの獣舎(マダガスカルの世界)に入れる企画。時間帯的には完全に暗くなる前です。

こんな風にエリマキキツネザルや、ワオキツネザルを間近に見ることが出来ます。

目の前で跳んだりするのでちょっとびっくりする瞬間もあったり…

Img_6898

Img_6908 里山がテーマで、身近な小動物の展示が多い「里のいきもの館」

変な容器があると思ったら、アシナガバチの「巣作りライブ展示」

展示中に巣がどのくらい大きくなるのか?、蜂が増えて大きくなっていくとしたら、上手に女王蜂ごと取ってきたものだな、とか興味深い展示です。

ちなみに、エサは何かと思ったら、容器の底にミールワームが入れてありました。

Img_6909

暗いし動くしフラッシュダメだし、とうてい写真が撮れる状況ではありませんでしたが、「ムササビの森」でムササビが飛ぶところが見られたのは大きな収穫。昼間行っても、当然一匹も外にはいませんから。

blogram投票ボタン

2011年8月21日 (日)

今日の庭8/21

週末というのに朝から雨降り。昼になって一時やんだので撮影

Img_6865

妻が貰ってきた一株だけのゴーヤ。隅っこに植えておいたら数個実がつきました。

Img_6851 Img_6852

春から庭にいたミノムシ。気がついたらこんな形で固まってしまって動かなくなりました。

その後1ヶ月は経っていると思いますが…

Img_6854 Img_6856

Img_6857 Img_6861

庭のあちこちに小さな小さなミノムシがいることに最近気がつきました。その数最低10匹。

分布している領域からして、上のミノムシの子供達なんでしょうか。

Img_6862

Img_6864 いずれも実生で勝手に生えてきた、トレニア(手前)とシソ(広報)。

シソは何かと使い出があるので、苦にならない範囲で放っています。

blogram投票ボタン

2011年8月19日 (金)

24時間空港の面目躍如か

Img_6771

今日は羽田の天候が悪く、全国的に航空ダイヤが乱れている様子。

驚くことに、この時間(22時過ぎ)に、羽田→北九州便が5便も飛んでいます。
(SFJ 87, 89, 91, JAL 377, 379の5便。一方のSKY81は本来飛んでいる時間ですがまだ出発せず)

全部が北九州着で終わりじゃなくて、SFJ87はこのあと羽田までもう1往復。JAL377も羽田まで戻る予定のようです。
(8/20訂正:SFJ87はSFJ92で羽田に飛んでステイ、羽田→北九州の最終便は福岡からの最終便が充てられるので間違ってました。それでも昨日は24時過ぎに北九州行きの最終が出たようです)

北九州と羽田が双方とも24時間運用可能なことと、金曜日の夜で簡単に「欠航」というわけにもいかない状況なのでしょうか。

24時間空港の面目躍如ではありますが、遅い時間にバタバタと折り返し作業をしたり、スポットのやりくりをしたりと、大変なことだなと思います。

書いている間にSFJ87, 89が続けて到着し、SKY81は羽田を出たようですね。

Img_6834

blogram投票ボタン

2011年8月17日 (水)

朝の北九州空港2

Img_6803

7時前にSFJ72が出て行くと、北九州空港では唯一設定された、「8時丁度に2便同時出発」の時間帯がやってきます。ダイヤできっちり順番が決まっている鉄道と違って、準備が整ってフライトプランの承認をもらったモノから「早いもんがち」。後れを取ると滑走路の順番待ちで3分は差が付いてしまいます。

2番スポットのSFJと3番スポットのJALが着々と出発準備を進めています。心なしかターミナル内の「チェックイン締め切り時間」「搭乗案内開始時間」「保安検査は早めに」といった案内アナウンスが両社とも多いような…

並んでいる2機を見て、今更ながらこんな違いに気がつきました。

Img_320_1 Img_320_2

こちらはSFJのA320

Img_737_1 Img_737_2

一方のJALのB737

注目すべきはコクピット連絡用のインターホン(?)を付ける場所や、作業してる人の頭の位置。A320は機首部分の下面に接続口があり、B737は側面です。横に立ってる人とくらべても、B737のほうがかなり「車高」が低いのが分かります。

作業効率とか、どっちがいいんでしょうね。

Img_6822 Img_6826

そうこうするうちに両者出発準備が整い、定刻より早くプッシュバック。勝った?のはJAL。
続いてSFJがプッシュバック。

Img_6827

あれ?… こうなっちゃうと…

Img_6837 Img_6846

最後に笑ったのはSFJでした。

詳しくは書けませんが、エアバンド聞いているとJAL側はかなりご不満のようでした。承認もプッシュバックも先でしたからねぇ…

blogram投票ボタン

2011年8月16日 (火)

朝の北九州空港1

(早)朝の北九州空港。
飛行機乗るのに使ったことはあるけど、撮影したことがないので、とお盆の週末に早起き。

5:30発の初便(SFJ70)を撮ってみたかったけど、日の出前だし、さすがに起ききれないしで断念。6:55発のSFJ72に間に合うように出かけました。

Img_6750

PBBのないスポット(0番と1番)で2機(JA05MC, JA03MC)が羽根を休めていました。SFJ74, 76に充当されるはず。

Img_6763

4番スポットからプッシュバック中のSFJ72(JA02MC)

6:30に展望デッキが開放されるので、SFJ72の出発シーンは展望デッキから撮影できます。朝日をバックにするのでかなりの逆光。

Img_6775 Img_6783

お仲間の横を抜けて離陸していきました。

Img_6789 Img_6791

SFJ72出発後、0番スポットから2番にトーイングされるJA05MC

Img_6801

PBBが付けられたり、給油が始まったりするとともに、窓ふきしてました。朝イチの定例作業なんでしょうか。

Img_6802

謎の高所作業車。支柱や階段が真っ黒なのがSFJらしいですが、作業車のチェックなのか、機体の背面の異常のチェックなのか分かりませんでした。

blogram投票ボタン

2011年8月13日 (土)

「浅野シンボルロード」に足を踏み入れてみた

数日前の夕刻、完成したばかりの「浅野シンボルロード」に立ち寄ってみました。

犬を散歩する人、サッカーボールで遊ぶ人、そして外周をランニングする人と、それなりに人を集めているようです。

Hi3e0444

ペデストリアンデッキから降りる、螺旋状の階段

Hi3e0445 Hi3e0443

19時過ぎで暮れかかっているタイミングでしたが、盛大にミストが出ておりました。これがでる時間帯とか温度の条件が気になります。

Hi3e0441_2

一方の噴水は静かなまま。濡れてるので直前まで出ていたようです。時間ごとの制御なのでしょうが、詳しいことの記載は見つからず。

Hi3e0442 Hi3e0439

風力発電と太陽光発電。

Hi3e0438 Hi3e0440

北側の芝生広場と外周歩道(?)。ゴム舗装された歩道には、ランニングの目安用なのか数字が刻んでありました。

2011年8月 6日 (土)

「両生類・爬虫類展」と「夜の水族館」

夏休みで旅行に行ったりして更新が滞っていました。

旅行に関してはおいおいアップしたいと思います。

戻ってきて当地での休日。

Img_6563

定番の「いのちのたび博物館」ですが、両生類・爬虫類の展示の企画展をやっているので出かけてきました。子供達は学校で案内を貰ってきていて興味津々。妻は「断固拒否」だったので留守番。

Img_6575 Img_6576

世界各地の派手なカエルとか、毒蛇の展示もいいんですが、こういう身近な生き物の展示もあっていいですね。どちらも近くでよく見るトカゲですが、上がニホントカゲで下はカナヘビ。並べると違いがよく分かります。我が家で見かけるトカゲ(通称トッキー)はカナヘビが大半のようです。

Img_6564_2 Img_6565 展示水槽の中にはコオロギが入れられていました。
カエル君たちのエサですね。

Img_6632

北九州地区と下関地区が共同で、夏休みの子供向けに博物館などの優待をしています。「関門特別市構想」の実現は難しいと思いますが、こういう形で交流を図る取り組みはすばらしいと思います。

で、夜は下関側の海響館、「夜の水族館」へ。

Img_6626

「夜」とはあまり関係ないのですが、フンボルトペンギンは激しく換毛中。

関係あることを書いておくと、このエリア(フンボルトペンギン特別保護区)は自然に近づけるため照明がなく、日没後は入場できません。ペンギンを堪能したいのであれば少し早めの入場がよいと思います。

Img_6656 Img_6664 Img_6673

意外と(失礼!)楽しめたのがアクアシアターのナイトショー。飼育員がお化けとゴーストバスター?に扮して盛り上げてくれます。

イルカよりもむしろアシカが主役でコミカルなショーになっています。イルカのジャンプは良くないというわけじゃなくて、単にシャッター速度が稼げなくてマトモに撮れなかったという話も…

blogram投票ボタン

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

無料ブログはココログ