« いろんなビオラが咲き始めました(今日の庭5/3) | トップページ | ムグムグ »

2011年5月 4日 (水)

スターフライヤー福岡便の販売が始まりました

5月に入り、7月1日就航の羽田~福岡便(1日5往復)の航空券が発売になりました。

SFJの7月の時刻表をようやくゆっくり眺めることが出来たので、福岡便就航後の運用を検討してみました。

目立った変更点としては、関空でのステイ(滞泊)が無くなって、羽田・福岡でそれぞれ1機がステイすることが挙げられます(残りは北九州に帰ってお休み)。関空便は便数こそ同じですが時刻が大きく変更され、早朝深夜の運航が無くなります。不便になるようにも感じますが、ANA便と合わせて考えると、便の間隔は7月以降のほうがマシに見えます(ほぼ同時に出発という便がなくなる)。

6月には6号機(JA06MCが予約されている模様)が到着して、7月以降6機体制での運用になります。

Sfj07

拙作の機材運用予測です。一部羽田での運用に?が付くところがあるのですが、ここで緑と黄色の運用が逆になると、早朝福岡空港を飛びたった飛行機が深夜にまた福岡に戻ってしまいます。この図の通りなら1日あたり、北九州⇔羽田往復専従が2機、北九州を朝飛びたって羽田・福岡ステイが各1機、逆が各1機と綺麗なローテーション。

見づらいと思うので興味のある方はこちらをご覧ください(pdf形式)
以前紹介した、4機体制・5機体制(現行)での運用はこちら(pdf)

減便騒動も早めに収束して、7月以降はこの時刻表の通り、6機フル稼働で飛ばして欲しいものです。

« いろんなビオラが咲き始めました(今日の庭5/3) | トップページ | ムグムグ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターフライヤー福岡便の販売が始まりました:

« いろんなビオラが咲き始めました(今日の庭5/3) | トップページ | ムグムグ »

無料ブログはココログ