« 噴水といわれればそんな雰囲気に | トップページ | 全日空系LCCのブランド名発表 »

2011年5月23日 (月)

「さくら」の新下関折り返し

東へ向かう用事があったのですが、少し早く小倉駅に向かいました。

Img_3956

お目当ては、「新下関行き」のさくら404号。

Img_3957

予想通りガラガラなので、遠慮なく記念撮影。
シャッター速度が速くて電光掲示の一部が切れちゃいました。1/100秒より遅くないとダメですね。

Img_3961_2

あっという間に新下関駅3番ホーム(上り側)に到着。

Img_3963

下り側の1番線には、さくら411号が既に入線。

Img_3966

下りホームから。「さくら」が2本停車する、新下関駅では珍しい(失礼)華やかなひととき。よく見ると、ホームの表示にちゃんと「鹿児島中央方面」と書いてあります。

Img_3969_3

10分ほどすると、さくら404号は厚狭側に出発して、本線左側にある引き上げ線に入っていきました。

Img_3988

10:32にさくら411号が小倉方面へ出発。
新下関駅の先はすぐに新関門トンネルの入り口です。

Img_3996

次に乗らないといけないこだまがやってきました。

Img_3997

が、まだ動きません。
前照灯が点いていたので、期待していたんですが時間切れ。

Img_4012 の車内から

Img_4013

引き上げ線にいるのをパチリ。

さくら411号は10時過ぎの時点で入線していたので、あと10分も待てれば良かったんですが… 下りホームは2線あるのですが、混乱を避けるため、10時57分発のこだま735号の出発を待ってから入線するのかもしれません。

いずれ、引き上げ線からの入線シーンを補完しましょう。

« 噴水といわれればそんな雰囲気に | トップページ | 全日空系LCCのブランド名発表 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さくら」の新下関折り返し:

« 噴水といわれればそんな雰囲気に | トップページ | 全日空系LCCのブランド名発表 »

無料ブログはココログ