« コンセントや電源コードの点検を | トップページ | トンネル内火災の恐怖 »

2011年5月27日 (金)

福島原発の注水中断問題はあまりに酷い

首相「私が止めたことは全くない」
東日本大震災:福島第1原発事故 海水注入中断、首相が指示否定
福島第1原発:東電海水注入、枝野氏「政府は止めてない」
政府、再臨界発言を訂正 「可能性ゼロでない」と
「可能性ゼロではない」口癖が生んだ誤解 注水中断
「空白の55分」混乱の連鎖
福島第1原発:海水注入問題、政府が班目氏発言を訂正
福島第1原発:注水「中断なかった」…所長判断で 東電
班目氏「私は何だったのか」 海水注入の継続発表で
注水継続の吉田所長、処分も検討…東電副社長
「注水中断せず」判断した吉田所長 「処分検討」にネットで怒りの声

適当に見出しだけ抽出したものですが、「海水注入を止めるように指示したのは誰か?」が突然「実は注水続けてました」になるのは何なんでしょうか。

私には、「誰が止めるように言ったのか」が続くと、言った(とされる)政権や原子力行政トップの人間が責任を被らないといけなくなるから、注水が止まってなかったように事実を曲げたのではないかとすら思えるのですが…

もし今回出てきた「所長の判断で注水を続けていた」のが本当に事実なら、原因追及の前に、断片的な情報を元に責任追及が声高に叫ばれる日本社会の悪いところが出たのだと思います。そして追い打ちをかけるように、新たな事実が出たと思ったら、即日「所長の処分を検討」ですか?責任問題とか処分をちらつかせるから真実が出てこないってことが分かってないんですかねぇ…

所長が「消えて」責任問題に関しては幕引き、という古くさい政治ドラマにならないことを願います。

« コンセントや電源コードの点検を | トップページ | トンネル内火災の恐怖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の注水中断問題はあまりに酷い:

« コンセントや電源コードの点検を | トップページ | トンネル内火災の恐怖 »

無料ブログはココログ