« 浜岡原発停止… でいいんですか? | トップページ | 川棚のクスの森 »

2011年5月11日 (水)

エンドウのツルを観察してみた

「浜岡原発以外は当面の危険性は低い」と言う一方で、「原子力発電の割合を50%に」という基本方針は見直しだそうですな。当然、新規開業は当面なさそうですが、停止中の原発の再開の目処もますます立ちにくくなりました。

Img_3840

さて、庭の一角ではエンドウが花盛り。

サヤエンドウかと思っていたら、「実」を食べるタイプだったことが判明(種のパッケージを確認)。まだサヤのまま成熟待ち。

Img_3839

エンドウの育て方を見ていると、「簡単な支柱やネットを用意すれば勝手に絡んで伸びる」ように書いてあります。なにせ初めて植えたもので、最初は意識的にネットに誘引してたんですが、気がつくと放っておいてもスクッと伸びている。風にも強い。なぜか?

Img_3839_2_2

私なりに観察してみたのですが、エンドウというのは、一見主となる茎の先端に巻きヒゲがあって、これが支柱に絡んで成長していくように見えます(赤矢印の上端とか)。

ところが、成長したところを見ると、実はこの巻きヒゲは茎から横に出た枝(葉)の先端に付いていることが分かります(赤・青の横線の先)。この枝が支柱や隣の茎に絡み、距離を保ちつつ支えることで、茎は上にまっすぐ伸びることが出来るようです。

Img_5426

たとえとしては無理矢理ですが、エンドウは建築現場の足場のように、隣の支柱(茎)とお互いに繋がる仕組みを持つことで、全体として安定して上に伸びることが出来るのでしょう。

Img_3841_2

同じ「つる性」といっても、写真のキュウリのように茎から直接巻きヒゲが出るもの、朝顔のように茎自体が支柱に巻き付くものと色々です。一つ勉強になりました。

最後に、今日の格言:
新しいイナズマイレブンはスタンド使い同士の戦いか!
(分かる人だけでいいですw)

« 浜岡原発停止… でいいんですか? | トップページ | 川棚のクスの森 »

家(DIY・ガーデニング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンドウのツルを観察してみた:

« 浜岡原発停止… でいいんですか? | トップページ | 川棚のクスの森 »

無料ブログはココログ