« 小倉駅の南口が「小倉城口」に、他 | トップページ | 小倉駅北口の「エコ広場」整備中 »

2011年3月15日 (火)

ポイントやマイルが義援金に出来ます。あとは献血を

地震発生から4日が経ちました。

現地の状況がようやく明らかになりつつありますが、なかなか実態の見えない原発の行く末が不安を増しているのが困ったものです。現在起こっている程度までで食い止めることが出来れば、大きな健康被害には繋がらないと思うのですが…

被災地から遠くにいる我々に出来ることは限られるのですが、この2つは比較的容易です。

1.義援金

様々な募金活動や、義援金の窓口が出来つつあります。

募金全般に言えることですが、具体的にどのような使われ方をするのかわからないのが困ったところ。義援金を騙って、自分たちの資金稼ぎをする輩がいないとも限りません。本当か嘘かわかりませんが、何か災害があるとホクホクしながら募金箱を店頭に置く店主、という話を聞いたことがあります。

私見ですが、一番確実なのは直接日赤とか自治体の窓口に送ること。次が信用のおける企業や団体でしょうか。

ポイントやマイルを義援金に充てられますという企業も現れています。面白い取り組みだと思います(信頼できるのか、という点は各自の判断にお任せします。被災地ではなく、企業への信頼や応援の側面もありますね)。

一例を挙げておきますので、例えば「ちょっとしか貯まってないので、たいした商品に交換できない」「もうすぐ交換期限が切れる」ポイントをこの際寄付しちゃうのはいかがでしょうか。利用中のサービスのサイトに寄付の案内がないか確認してみてください。日頃忘れているところに意外とお宝があるかも。

航空会社
ANA…1000マイル単位で1000マイル=1000円
JAL…7500マイル単位で7500マイル=7500円
SFJ…10000マイル単位で10000マイル=10000円

クレジットカード、ポイント交換サービス
Vpass(VISAカード)…200ポイント単位で200ポイント=1000円
Gポイント…1ポイント=1円で1ポイントからOK

(関連ページへリンクを貼りましたが、リンク切れの際はご容赦を)

こんな時に言うのもなんですが、何かと「横並び」なANAとJALでこれだけ対応が分かれるのは、「経営再建中」のJALのお財布事情を感じさせます。SFJみたいに10000マイルからとかいうのは、「いったい何人が協力できんねん!」ともはや突っ込みの対象。無料航空券に届かないようなマイルの端数を拠出できると、ユーザーとしてはありがたいのですが(企業にとっては負担ですよね…)

3月20日追記:
J-WESTカード…100ポイント単位で100ポイント=100円
新幹線のEX予約のために持っています。数百ポイントしかない上に、年単位で3月末には失効するので、ためらうことなく寄付の手続きをしました。

2.献血

被災地での需要増のみならず、被災地からの供給減もありますから、血液の受給が厳しくなると予測されます。

阪神大震災の時の話を聞くと、直後はワッと献血があったのが、1ヶ月もすると元に戻ってしまったそうです。

輸血用血液の保存期間は短く、赤血球製剤で21日、血小板製剤に至っては採血後4日以内という決まりがあります。したがって、長期間にわたって継続的に献血に協力が必要となります。

日赤の献血に関する案内はこちら
九州地区の献血ルームの案内や献血バスのスケジュール紹介はこちら

Img_2921
Img_2920
昨年挿し木したアジサイ、冬を越して新しい葉が伸び始めました。

右側のちっちゃいほう、ほとんど小さな冬芽一つだけになっていましたが、なんとか耐えてくれました。

さすがに今年花まで期待するのは期待し過ぎかな。

« 小倉駅の南口が「小倉城口」に、他 | トップページ | 小倉駅北口の「エコ広場」整備中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポイントやマイルが義援金に出来ます。あとは献血を:

« 小倉駅の南口が「小倉城口」に、他 | トップページ | 小倉駅北口の「エコ広場」整備中 »

無料ブログはココログ