« 守れないマニュアルに意味はない | トップページ | エイプリルフール延期のお知らせ »

2011年3月28日 (月)

2度目のノコリーユECO配管洗浄

半年ぶりにノコリーユECOの配管を洗浄しました。

全開の手順を確認しながら…
(こういうときに、過去に書いた①②が役に立つ)

  1. お湯張り。今回は普段並みの量にしました
  2. お湯張り後、風呂釜洗浄剤を溶かした
  3. お湯取りを使うコースで洗濯開始
  4. 説明書通りに風呂の追い炊き動作(例えば5分)
  5. 洗濯が終わったら風呂の湯を落とす
    洗濯のコースによるけど、洗浄剤の待機時間(例えば30分)くらいはかかるコースが多いのでは?
  6. 浴槽の湯を落とす
  7. もう一度お湯張りをして、洗浄剤を入れずに3-6を繰り返し
  8. 最後に浴槽をサッと流しましょう

すべてが終わったあとで、洗濯機からノコリーユECOの配管を外して見ましたが、意外と目立った汚れ(水垢)は付いていませんでした。

新幹線写真@新下関

Img_2812

700系8両(レールスター編成)と500系8両が、いずれもこだまとして停車中。二つともちょっと前まで花形として活躍していたのですが、時代の流れですかね。

Img_2833

そうかと思うと、ちゃんと「ひかりレールスター」として新下関を通過していく700系もあります。N700系が増える来春には、レールスターも無くなると噂されていますが…

Img_2847_3 Img_2883

下りと上りの「さくら」(N700系8両)

Img_2847_1

芸が細かいなとおもうのは、先頭車両の側面に付いている、
WEST JAPAN / KYUSHU のロゴ。これは、どの方向から見ても、九州側にKYUSHUが来るように書かれています。上り下りは号車番号でもわかりますけどね

blogram投票ボタン

« 守れないマニュアルに意味はない | トップページ | エイプリルフール延期のお知らせ »

家(インテリア・設備)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2度目のノコリーユECO配管洗浄:

« 守れないマニュアルに意味はない | トップページ | エイプリルフール延期のお知らせ »

無料ブログはココログ