« 雪の日 | トップページ | ヒヨドリの餌にならないように… »

2011年2月17日 (木)

もやし作り(実験レベル)

小学生の娘が唐突に、「もやしが作ってみたい」と言い出しました。

理由は間違いなく、国語の教科書。
「すがたをかえる大豆」という文章があって、毎夜のように音読で聞かされました。

大豆は直接目にすることは少ないけど、豆腐・味噌・納豆・きな粉といった加工食品の材料として欠かせないこと、そして、若取りすると枝豆、暗いところで芽を出させたものはもやしとして食卓に上がることを学んだようです。

で、「もやし作り」になるわけですが、家庭で少量を簡単に作れる方法を探した結果、次のページを参考にさせていただくこと人しました。

http://www.shoku-zukan.com/yasai/moyashi.html
http://blogs.yahoo.co.jp/debudebu1852/53341188.html

Day0 Day1

左:ガラス瓶(ジャムの瓶)に大豆を入れて、水に浸したところ
右:翌朝(1日目)、すっかりふくれた大豆

Img_1904

写真のように瓶にガーゼかぶせて暗所に置きます。

ここからは、1日に2回、水道水を注ぐ→ガーゼで濾して水を捨てる→再び暗所に入れる、の繰り返し。発芽には水が必要ですが完全に漬かっては呼吸ができませんし、カビが生えたりしないように適度に洗う必要もある様子。水遣りと洗浄を兼ねた工程です。

Day3 Day4

3日目と4日目。

根が出て伸び始めました。

Day6_1 Day6_2

6日目(今日)の朝と夜

伸びてきたぶん全体のカサが増えてます。

食卓に上がるのは週末か?

« 雪の日 | トップページ | ヒヨドリの餌にならないように… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もやし作り(実験レベル):

« 雪の日 | トップページ | ヒヨドリの餌にならないように… »

無料ブログはココログ