« ヒヨドリの餌にならないように… | トップページ | 再びヒヨドリ警報 »

2011年2月22日 (火)

クライストチャーチの地震被害に驚き

ニュージーランドのクライストチャーチで地震がありました。

日本人の学生や旅行者が多いことから報道も多くの時間を割いていますが、私達夫婦も新婚旅行で訪れた町なので余計に驚いています。

450pxchristchurchcathedral1_gobeirn 中でも、大聖堂の塔が崩壊した映像がショッキングですが、このような建物をはじめとして、水路があったりトラムが走っていたりと、とてもきれいな街並みであったのを覚えています。(写真はwikipediaより)

まずは被災者の救援、そして、早い復興を祈りたいと思います。

国内でも、阪神淡路大震災のあとで耐震強度の基準が厳しくなりましたが、ニュージーランドも地震の多い国で、耐震構造は発達しており、新しい建物は大丈夫だったそう。

地震があるといつも問題になるのは「古い建物」ですね。
これは大変難しい問題だと思います。

建築基準が厳しくなっても、これは基本的には新しく建てる建物に対するもの。基準に合わないからと古い建物を強制的に壊すことは普通出来ませんし、今回のような歴史的建造物の問題もあります。

あとは、いくら「地震が多い」といっても、一つの街、一人の人間にとってみれば、たいていは世代を超えたスパンでしか「大地震」は来ないんですよね。知ってはいても、「遠い昔」「他の街」の話であることが多い。

我が家は「最新の耐震基準」で建ってますけど、そういう目で実家を見ると、まぁなんというか…という部分も結構あります。でも、古い家を活用し続けるというのも大事な考え方。結局は住む人がそのリスクをどのくらい受け入れるか、ということになるのでしょうか。

« ヒヨドリの餌にならないように… | トップページ | 再びヒヨドリ警報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クライストチャーチの地震被害に驚き:

« ヒヨドリの餌にならないように… | トップページ | 再びヒヨドリ警報 »

無料ブログはココログ