« 原色復活の100系に乗車 | トップページ | 泣けた話 »

2011年1月 4日 (火)

485系さよなら企画に乗っかってみた

今度の3月のダイヤ改正。

こちら九州では、なんといっても九州新幹線の全通が話題ですが、その影で引退する車両も。新幹線開通で在来線特急の車両に余裕が出ることから押し出される形で、唯一国鉄時代から残っていた485系特急電車の運行が終わることになりました。

さよなら企画で、国鉄色に塗り直されて運行中。
(JR九州の特集ページはこちら
年末年始は増発のにちりんに充当されて小倉に来るということで、撮ってきました。

Img_0908 Img_0909

国鉄(JNR)マークも再現されてますね。

私が物心ついたのは山陽新幹線が博多まで開業して、山陽本線からブルートレインを除いて特急がなくなった頃。たまの旅行でも、学生時代の帰省でも、特急といえば青と白の新幹線。正直言えばこの色の在来線特急にはあまり特別な思い出や思い入れはありません。

北陸生まれの妻に見せると、「そうそう、雷鳥がこの色だった。私はこれを見て育ったのよねー。ボンネット型のはもうないんだっけ?」とまんざらでもない様子。

「あこがれの列車」「懐かしい電車」の原点は人それぞれ

Img_0937 Img_0898

ついでに撮った883系と885系。JR移行後に作られたもので、いずれもソニックに充当されています。

ま、新しいカメラの試し撮りということで…

Img_0953 休みだったので、天神に買い物に行ったついでに櫛田神社にお参り。

博多祇園山笠で有名な所。

境内には飾り山が展示してあります。

3が日が済んで境内も空いているだろうと思ったら、仕事始めに祈祷を受ける企業関係者で大混雑。

当てが外れました

« 原色復活の100系に乗車 | トップページ | 泣けた話 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

ノコリーユECOはTOTOのお風呂じゃないと付かないのでしょうか?パナソニックのお風呂にしますがパナソニックにはこのような商品が無くどうしてもつけたいのです。TOTOに聞いたらダメといわれましたが諦め切れません・・・そちらの工務店さんに問合せしてみたいのですが無理でしょうか?

NAKAYAMA様、コメントありがとうございます。
ノコリーユECOは2010年3月6日の記事に写真をのせているとおりで、湯船の給湯口を、残り湯取り用の口やフィルターの付いた物に変更する必要があります。私は施工業者でも何でもありませんので、この部分の規格とか互換性はわかりませんが、TOTOもPanasonicもダメというのなら「公式には」無理なんでしょうね。
私が家を建ててもらったところも、ノコリーユECOははっきり言って理解しておらず、入居までに間に合ったからよかったものの紆余曲折ありましたよ。上に書いた記事や、2010年1月10日の記事などを参考にしてください。
ページの右側に検索窓がありますんで、ブログ内を「ノコリーユECO」で検索していただくと、紆余曲折も含めてご理解いただけると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 485系さよなら企画に乗っかってみた:

« 原色復活の100系に乗車 | トップページ | 泣けた話 »

無料ブログはココログ