« 春へ向けての準備(今日の庭12/23) | トップページ | 485系さよなら企画に乗っかってみた »

2011年1月 2日 (日)

原色復活の100系に乗車

明けましておめでとうございます。

年末年始は大雪の報道が続いています。中国地方では鳥取や島根、九州では長崎や鹿児島でかなりの積雪があり交通機関などの影響も出ています。

私はその間で関門海峡をはさんでの帰省となったのですが、幸い雪の影響は最小限でした。ちょっと寒気のピークがずれていたら身動きが取れなかったでしょうね。

今日は仕事の都合があり早朝に新幹線で移動。

Img_0521

新山口にやってきたのは、デビュー当時の原色に塗り直された100系6両編成。左にチラッと写っているのが、短編成化された後の標準塗色。

Img_0528

お次は新下関停車中に。

今春の「さくら」「みずほ」運行開始後100系は徐々に運用から外れ、1年後には営業運転終了の予定とアナウンスされています。

Img_0534 Img_0537

100系を追い越していく700系レールスター。

こちらも、3月以降は主役の座を降ります。一部残る山陽新幹線内の「ひかり」の他は、「こだま」での運用が主になるのでしょう。

Img_0656 Img_0650

先日、新しい小倉記念病院の前に西鉄のバス停が出来ていると書きましたが、こちらは北九州市営バスの「小倉記念病院玄関前」バス停。

くせ者はこの西(若松方面)行きのバス停で、目の前の道路(国道199号)は中央分離帯があり横断不可(対岸の東行きバス停は病院最寄り)。直近の横断歩道も100mほど離れており、正直「玄関前」の表記には偽りあり。利用には注意が必要です。

Kokura_bus 西鉄のバス停(赤丸)と北九州市営のバス停(青丸)

« 春へ向けての準備(今日の庭12/23) | トップページ | 485系さよなら企画に乗っかってみた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原色復活の100系に乗車:

« 春へ向けての準備(今日の庭12/23) | トップページ | 485系さよなら企画に乗っかってみた »

無料ブログはココログ