« スターフライヤー、5号機導入後に関空⇔韓国チャーター便運航 | トップページ | 公園の緑化が進んでいました »

2010年12月 6日 (月)

関空マーキングの機体を目撃

昨日、妻子が出かけてしまったのをいいことに、天気もいいので昼食がてら北九州空港に出かけてみました。

Img_2925

駐車場に着いたとたんに離陸滑走の音がしたので、慌ててカメラを向けたところ

Img_2932 Img_2936

北に向けて離陸し、右旋回して松山方面へ向かうまでをしばらく追っかけてみましたが、小さくしか写らなくて残念。(APS-Cで200mm。等倍トリミング)

展望ロビーから間近に飛行機を見ることは出来ますが、迫力ある離着陸シーンを撮るのには、海上空港であるここ北九州空港はちょっと向いてません。

Img_2973

天気がいいためか、小型機の発着(訓練を含む)が盛ん。
写真はセスナがタッチアンドゴーを行って再上昇してるところ。

Img_2980

ちょうど降りてきたのが、関空発チャーター便の話題と同じプレスリリース載っていた関空マーキングの機体。プレスリリース(PDF)には「2010年11月28日から2011年3月31日まで関空ブランドのイメージデザインを施した機体マーキングを実施」と記載。

Hello! Travelers
From KIX International Airport
have a nice trip!

ですか…(KIXは関西空港を表す略号)
海外の空港でスターフライヤーと同時に関空を印象づけようという目的でしょうね。今までは深夜のチャーターばかりでしたから、機材に余裕があって、昼間チャーターを飛ばせる今のうちに宣伝を、という意図もありそうです。この白黒の機体はどこにいても目をひくことは間違いないですから。

Img_2989 Img_2994

SFJ80便として、定刻に離陸していきました。

« スターフライヤー、5号機導入後に関空⇔韓国チャーター便運航 | トップページ | 公園の緑化が進んでいました »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関空マーキングの機体を目撃:

« スターフライヤー、5号機導入後に関空⇔韓国チャーター便運航 | トップページ | 公園の緑化が進んでいました »

無料ブログはココログ