« サンタさんまだ信じてるのね… | トップページ | 春へ向けての準備(今日の庭12/23) »

2010年12月28日 (火)

釜山定期便開設ですか…

SFJ関連のニュース

スターフライヤー、北九州―釜山を開設 12年7月

2010/12/28 2:12 日本経済新聞
 スターフライヤー(北九州市、米原慎一社長)は27日、2012年7月に北九州―韓国・釜山線を開設すると発表した。国際定期便就航は、国内航空会社では日本航空、全日本空輸に次ぎ3社目。24時間運用可能な北九州空港の利点を生かし、九州発のアジア路線を展開する方針だが、海外の格安航空会社(LCC)との競争にも直面しそうだ。
 同社は現在、エアバスA320の4機体制。来夏の羽田―福岡線参入などに備え6機体制にした後、釜山線就航のため12年初めに7号機を調達する。釜山へは1日に朝夕2往復の予定で、年間15万人程度のビジネス・観光客の利用を見込む。
 飛行時間は約30分。北九州と釜山との定期便は初めて。福岡―釜山の航空便や下関と結ぶ関釜フェリー、JR九州高速船の博多港と釜山港間のビートルなどと競合するため、今後料金を詰める。
 北九州市内で記者会見した米原社長は「下関を含めた北部九州と韓国の間には空と船便で年間150万人程度の旅客の行き来がある。15万人が利用すれば、約65%の搭乗率で、初年度から黒字を見込む」と強調した。(以下略)

釜山へは下関・福岡から船便が出てますが、門司港への路線は迷走中。福岡空港と釜山を結ぶ空路もありますが、いずれも韓国側の航空会社が就航。

というわけで、近距離故の機材繰りのしやすさもあって、今回の釜山就航表明となったのでしょうか。

個人的には韓国より沖縄とか北海道に飛ばして欲しいですが

続いては…

小倉記念病院、JR小倉駅北口に移転開院

 心臓カテーテル治療で知られる社会保険小倉記念病院(延吉正清院長)が27日、移転先のJR小倉駅北側で開院した。
(中略)
 新病院は、小倉駅とペデストリアンデッキ(歩行者回廊)で直結しており、駅北側地区の活性化にも貢献するとみられている。
(2010年12月28日  読売新聞)

無事移転が済んだようで。病室にも明かりが灯るようになりました。

ここへ来られる際の検索ワードに小倉記念病院が急に増えたことからも期待を感じます。ただ、「新小倉記念病院」と書かれている方が結構いるんですが、ちょっといただけません。小倉には「新小倉病院」という別の病院がありますので。

« サンタさんまだ信じてるのね… | トップページ | 春へ向けての準備(今日の庭12/23) »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釜山定期便開設ですか…:

« サンタさんまだ信じてるのね… | トップページ | 春へ向けての準備(今日の庭12/23) »

無料ブログはココログ