« 夜明けの羽田空港 | トップページ | 今日の庭12/18 »

2010年12月16日 (木)

MD90に名残り搭乗

今回帰りの便に選んだJAL371便はバス搭乗。

Img_3244

バス搭乗口へ向かうと、このような案内が。

  1. スターフライヤー(SFJ)は当面全便バス搭乗。
    理由はボーディングブリッジ(PBB)の工事。
  2. 国際線ターミナルへの乗り継ぎ専用バスの乗り場もここ

なるほど。さっきSFJが沖止めスポットに向かっていったのはそのためか。

SFJは第1ターミナルの1番PBBが定位置。ここが工事ってときには、他のPBBじゃなくて沖止めスポットに行くことになるんですな。羽田のPBBはそれだけやりくりが厳しいのか…

Img_3223

国際線に行くバスは、多分かわいらしいこれです。乗り継ぎを急ぐときには、制限区域内を移動できる手段があると助かりますね。

Img_3202

今回JAL371便を選んだ理由は、この便に退役間近といわれるMD90が充当されていたから。この後方エンジンと、T型水平尾翼の形は特徴的で目を引きます。(写真は搭乗便とは違います)

Img_3254

バスに揺られて行くと、MD90が待っていました。

乗ったときの特徴…

エンジンが後ろなので、前のほうに座ったとき、主翼にエンジンがある機材より静か。逆に、同じくエンジンが後ろのMD81の後方に座ったことがあるんですが、それはそれは静かで快適とは言い難いです。胴体とエンジンが近いですからね。

離陸時の機首上げが大きめなのか、上昇率が高いのかわかりませんが、離陸後に「急上昇!」って感じを他の機材より強く感じます。

D滑走路から離陸後、東京湾上空で高度を上げて西に向かいます。羽田から富士山がきれいに見えていたので、機内から見えることも期待していたのですが、どうやら富士山のほぼ真上を通り抜けたらしく、上空から富士山を拝むことは出来ませんでした。

Favicon2 #追伸
こんな画像を元にした「お気に入り」用のアイコン(favicon)を作ってuploadしました。ブラウザの種類によって表示されたりされなかったりするらしいです。

« 夜明けの羽田空港 | トップページ | 今日の庭12/18 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MD90に名残り搭乗:

« 夜明けの羽田空港 | トップページ | 今日の庭12/18 »

無料ブログはココログ