« 小倉駅北口スタジアム建設への反響 | トップページ | プリンタ故障 »

2010年11月17日 (水)

新スタジアム公式発表

小倉駅北口の新スタジアムに関する公式発表がありました。

海に臨むエコスタジアム J2北九州新本拠地発表

 北九州市の北橋健治市長は17日、サッカーJリーグ2部(J2)ギラヴァンツ北九州の本拠地となる新スタジアムの建設候補地を、JR小倉駅北口とすることを正式に発表した。2015年度末までの完成を目指す。
 北橋市長は記者会見で「財政的には厳しい時代だが、地域活性化につながる。市民の意見を聞きながら慎重に計画を決めていきたい」と話した。
 新スタジアムは約2万人を収容。サッカーやラグビーなど、天然芝の球技専用グラウンド。太陽光発電や雨水の再利用、LED照明などを導入し「エコスタジアム」とするという。敷地の形状により一部は海上に突き出す形となり、建設費は100億円強を見込む。市は起債を活用する方針。
 同市は09年度から候補地選定に取り組み、JR小倉駅から約500メートルという利便性や、懸案である同駅北口のにぎわいづくりに貢献する点を評価した。
=2010/11/17付 西日本新聞夕刊=

市長が掲げていた完成予想図

Sketch3

まずは小倉駅側から。
総合展示場・国際会議場北側に、道路をまたぐデッキを作って、スタジアムの2階部分に繋ぐのでしょうか。屋根の上には太陽電池パネルも書き込まれてます。

Sketch2

海側からの俯瞰。これはいいですね。
観客席だけじゃなくて、海が展望できるデッキが飛び出しているのが印象的。試合のない時も立ち入れて食事やお茶ができるように、でしょうか?
まさか海釣り公園にはしませんよね

問題は最低100億円とされる建設費。
予想図のような「フル装備」のお値段でしょうから、ここからデッキ部分を削ったり、一部屋根を外したり、とかして少し節約するのでしょうか?気がついたら建設費が倍になっていたなんてのは勘弁です

R_honj_2

写真は本城陸上競技場ですが、今度のスタジアムは球技専用で陸上トラックがなくなるぶん、コンパクトで観客席とグラウンドが近くなりますね。交通の便が良くなることとあわせて、応援に行くことが増えるかな?

5年後ですけどね

« 小倉駅北口スタジアム建設への反響 | トップページ | プリンタ故障 »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新スタジアム公式発表:

« 小倉駅北口スタジアム建設への反響 | トップページ | プリンタ故障 »

無料ブログはココログ