« 羽田空港飛行コース公開ホームページリニューアル | トップページ | APECで羽田空港は大混乱 »

2010年11月13日 (土)

今度は小倉駅北口にサッカースタジアムかぁ

今朝の新聞から(一部昨日の夕刊にも載ったようですが)

J2ギラヴァンツ本拠地 小倉駅北に新スタジアム 北九州市が選定へ

 サッカーJリーグ2部(J2)ギラヴァンツ北九州の本拠地となる新スタジアムについて、北九州市が、小倉北区のJR小倉駅北側の駐車場一帯を建設予定地に選定する方向で最終調整していることが12日、分かった。来週中にも正式決定する。
 市は、北九州初のプロチームとして球団を支援し年5千万円を補助している。関係者によると、予定地は住友金属工業(大阪市)が所有し、小倉駅の北東約500メートル。近くに北九州国際会議場や西日本総合展示場などがある。スタジアムは南北に長く建設する予定で、一部が海上に突き出る可能性もあるという。

Kokrua_stn_paint

なるほど。今は屋根のない駐車場になってるところね(赤囲み)

病院が出来ると思ったら(青囲み)、それに呼応するように公園整備(緑囲み)の計画、そして今度はサッカースタジアム。

 市は候補地として、スペースワールドがある同市八幡東区の東田地区も検討していた。小倉駅北側に絞ったのは(1)九州新幹線鹿児島ルートの来春開通をにらみ、九州ダービーなどに九州一円から集客が図れる(2)新幹線停車駅から徒歩圏内で利便性が高い(3)小倉駅北口の活性化につながる―などの理由という。
 新スタジアムのピッチは天然芝で、太陽光発電の屋根を導入するなど環境に配慮した「エコスタジアム」とする方向。建設費は80億―100億円が目安になるという。
 ギラヴァンツは昨年11月、J2に昇格。現在は八幡西区の市立本城陸上競技場を本拠地としているが、同競技場の収容者数は最大1万席で、交通の便も良くない。J1昇格には1万5千席以上のスタジアムが必要なことから、市はJリーグに昨年、J1の規定に合う新スタジアムを建設する意向を表明していた。

本城が手狭で交通の便も悪いことから、新スタジアムの候補地選定中とは聞いていました。広い土地といえば旧北九州空港跡地があるけど、東に偏りすぎだし交通の便がいいとは言い難いよなぁとか考えていたのですが…

新幹線の駅に隣接したスタジアムというのは面白いかもしれません。

ただ、「エコ広場」の次は「エコスタジアム」ですか?何でも安易に「エコ」とつければいいというものではないぞ

 ギラヴァンツは今季、1勝12分19敗(勝ち点15)で最下位に低迷。与那城ジョージ監督の今季限りの退任が決まっている。
=2010/11/12 西日本新聞=

これは残念な事実。今の制度ではJ2から降格というのがないので、スタジアムが無駄にはならないですが…

Kokura_sml 予定地のこのあたりに、サッカースタジアムが収まるかどうか…

具体的に必要な大きさというのがピンとこないので、近隣のスタジアムと比較してみます。

Honjo Levelfive Tosu 左上から、本城陸上競技場(ギラヴァンツ北九州の現ホーム)、レベルファイブスタジアム(アビスパ福岡)、ベストアメニティスタジアム(サガン鳥栖)

サガン鳥栖のホームスタジアムは、とっても駅に近いんですな。知りませんでした。

結論としては、「一部が海上に突き出すかも」という記事の通り、2万人規模のスタジアムは収まったとしてもギリギリですね。

« 羽田空港飛行コース公開ホームページリニューアル | トップページ | APECで羽田空港は大混乱 »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度は小倉駅北口にサッカースタジアムかぁ:

« 羽田空港飛行コース公開ホームページリニューアル | トップページ | APECで羽田空港は大混乱 »

無料ブログはココログ