« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の15件の記事

2010年11月29日 (月)

ペデストリアンデッキの延長部分供用開始

新聞記事から

歩行者回廊きょう供用開始 小倉駅北再開発

 小倉北区・JR小倉駅北側の浅野地区で、市の再開発事業が進んでいる。27日には、駅と整備中の市立公園、社会保険小倉記念病院を結ぶための新たなペデストリアンデッキ(歩行者回廊)の供用が始まる。2015年度末には、サッカーJ2・ギラヴァンツ北九州の新ホームスタジアムも完成する予定だ。(江上純)
 新デッキは幅約3・5メートル、延長約164メートル。小倉駅と西日本総合展示場を結ぶ既存デッキを北側に延伸する形で整備されており、記念病院と市立公園につながる。事業費は約4億9000万円。(後略)
(2010年11月27日  読売新聞)
現場写真へのリンク

記事には写真が付いていて、国道199号、ペデストリアンデッキの既存部分から今回の延長部分、そして新しい小倉記念病院と公園予定地の全貌がよく分かります。写真には「無断転載禁」と注釈があったのでリンクだけ。

今日の夕方、小倉駅北側の国道199号を通ったのですが、新しいペデストリアンデッキに明かりが点いていて、通れる様子。

歩行者回廊の供用開始 JR小倉駅北口に新設

供用開始された新しいペデストリアンデッキ JR小倉駅北口の施設を一体化させるため新設されたペデストリアンデッキ(歩行者回廊)が27日供用開始され、北橋健治市長らが渡り初めをした。
(中略)
開通式で北橋市長は「これで小倉駅北口のポテンシャル(潜在能力)が高まる」と述べ、延吉正清・小倉記念病院長も「患者さんたちが国道を歩かずにデッキを使って病院に直接入れることで安全性はぐっと高まる」と話した。
=2010/11/28付 西日本新聞朝刊=

小倉記念病院:新病棟を公開 延べ床面積は現施設の約3倍

 老朽化のためJR小倉駅北側に移転する小倉記念病院は27日、内部を公開した。総合病棟と心臓血管病棟を合わせると延べ床面積は約8万平方メートルで、現施設(小倉北区貴船町)の約3倍となる。
 心臓カテーテル治療室を増やした他、特別室(1日35万円)を設けた。また、病床数は658床と同じだが、個室を約20床から278床に増やした。総事業費は約300億円。
毎日新聞 2010年11月28日 地方版

この2つの記事から判断するに、新病院のお披露目とペデストリアンデッキの開通式をあわせた様子。主な行き先である新病院のオープンにはきっちり間に合わせましたね。

しかし、新病院の特別室は1日35万円ですか
この値段の部屋を必要とする(払える)層というのが小倉周辺にどれだけ居るのか… 心臓カテーテル治療には広い範囲から患者が集まるようですが、この値段だと東京と競争ですね。

蛇足ですが小倉記念病院の移転に関するお知らせ
1週間ほど休診にするようです。

更に蛇足ながら、新スタジアムの記事などとまとめて、「小倉駅北口ウォッチャー」のカテゴリーを作ってしまいました。今後、再開発の進行や新店舗オープンなど明るい話題が続くことに期待も込めて…

2010年11月27日 (土)

能古島へ行ってみた その4 ~帰り道~

のこのしまアイランドパークからの帰り道。

他の方が書かれているブログを見たり、「能古かもめ」の方に聞いたりした結果、アイランドパークから港までは下り坂なので子供でも十分歩けるという情報。最初はのんびり歩いていくつもりでした。ところが、一番下の息子が眠そうにし始めたので結局帰りもバスにしました。

案の定、バスに揺られているうちに寝ちゃって、帰りの船ではだっこする羽目に…

Img_2491

出港中

Img_2499

連絡船から見ると、福岡空港へ着陸する飛行機がとっても低く見えます。

Img_2501

姪浜入港直前。

西日を受けて、朝よりビル群がくっきり見えます。

Img_2516 ここからは、能古島じゃなくて、北九州市若松区にあるグリーンパーク(響灘緑地)内の冒険の森。

ここもアスレチック施設があります。

前は登れなかったところをスイスイ登っていくのを見ると、子供の成長を感じます。

Img_2556

滑車付きの良くあるターザンロープ。

曇りの日の林の中。P(プログラムAE)のままでも流し撮り向けのシャッター速度になりました(これはEXIFを見ると1/40)。待ち構えて撮ろうとすると逆に被写体のほうが流れちゃいます。

2010年11月24日 (水)

能古島へ行ってみた その3 ~のこのしまアイランドパーク~

港で猫と戯れた後、フェリーの乗客が少なそうな便のバスに乗りました。目的地はのこのしまアイランドパーク。バスにはギリギリの山道を行くこと10分。アイランドパークに到着です。

Img_2291

普通に西鉄バスで、nimocaなども使えるのにちょっと違和感を感じたりもしますが…
姪浜側の船着き場の目の前が西鉄バスの車庫なので、そこでメンテナンス等しているんでしょうね。

Img_2297 入ってすぐの所にあるのが、「ロープスキー」。入り口のところでソリを借りて滑ります。

ソリがない状態でスロープだけ見ると、かなり「?」が付く光景ですが、ソリを借りてみて納得。ソリの溝にロープが収まることでガイド代わりになるんですな。

グラススキーを整備しようとしてコストダウンを計ったともとれる設備ですが…

Img_2347

ちょっと流して撮影するとかなりスピード感があります。

Img_2363

次は「大ブランコ」
撮り方によっては昔の「ハイジのオープニング」状態の写真が撮れるかも、というくらい長いロープです。

Img_2374_2

うーん、顔がもうちょっと真ん中から出れば…

Img_2398

大ブランコの近くからは、玄界島が望めます。
(地図の赤矢印方向)

Noko3

アイランドパークの一番奥に芝生広場があります。

Img_2422

Img_2448 ここからは海の中道や志賀島が望めます。
(青矢印方向)

一角には、滑車のない純粋な「ターザンロープ」と、海や博多の街並みが見えるアスレチックがあります。

日が傾いて、寒くなってきたので退散。

2010年11月22日 (月)

能古島へ行ってみた その2

能古島に着いて、船から下りた人の大半(は言い過ぎか)はバスに乗ってアイランドパークを目指すようで、連絡船にすぐ接続するバスは積みのこしが出ていました。

そんなバスに乗るのも大変だし、腹も減ってきたので先に昼食を…

Kamome

「能古かもめ」を目指して港沿いを歩いて行きます。

Img_2240

あ、猫だ

Img_2247

人目を気にせず毛繕い

Img_2250 釣れますか?

「能古かもめ」でいただいたもの

Img_0254 Img_2252

上は日替わりの「かもめ定食」850円。
魚の種類と煮物のボリュームが侮りがたい。

左は「のこ丼」(海鮮丼)1400円。ごまダレなのが珍しいと感じました。

Img_0257

食事の後再び猫と戯れタイム。
こういう写真はファインダー覗く一眼レフより、コンデジのほうがローアングルで撮りやすい。妻の撮った写真を採用。

人なつっこい猫たちですが、野生を感じる一コマも。

Img_2259 Img_2277

先ほどの釣り人からいただいたのか、生の小鯛をバリバリとかじっている姿とか、突然飛び出したバッタを追いかけていく姿とかも見ることが出来ました。

Img_2280

漁港では定番の魚を干す風景。
ここではかごに入れて吊るのが標準のようです。

2010年11月21日 (日)

能古島へ行ってみた その1

穏やかな日和になりそうとの予報だったので、前から一度行きたいと思っていた能古島(のこのしま)へ出かけました。

Noko

能古島は博多湾の真ん中に浮かんでいる島で、直近の姪浜から1時間に1本ほど福岡市営の連絡船が出ています。連絡船には車も乗りますが、基本的には住人用。島内の道路事情が良いとは言えず、観光レジャーの方は車はご遠慮いただきたいとのお達しが出ています。

Img_2195

九州道・福岡都市高速も幸い混んでおらず、1時間ちょっとで姪浜の渡船場に到着。
車は隣の駐車場へ。1日500円なり。

Img_2190_2

お隣はマリノアシティ福岡。シンボルであった大観覧車は運行を終了していて、ゴンドラは既にありません。運行終了は残念ですが、全体の解体がいつになるのかというのも気になるところ。

Img_2198

目的地の能古島はこのくらいに見えます。

Img_2203 Img_2205

能古島から「レインボーのこ」がやってきました。
車と人の乗船口は共用です。

Img_2219 Img_2226

ヤフードームや福岡タワーを見ながら進んでいきます。
湾内なので波もなく穏やかです。

Img_2230

10分ほどで能古島に到着。
僚船の「フラワーのこ」が泊まっていました。

Img_2239

港の施設越しに福岡タワーを望む。島から海越しに都心の街並みが見えるというのは少し不思議な感じがします。

2010年11月19日 (金)

プリンタ故障

こんなメッセージを吐いて、去年買ったプリンタ(CANON MP-640)が動かなくなりました。

Img_0231_2

エラーコード自体はマニュアルではわからないので検索すると、排出されたインクを受ける部分の故障?オーバーフロー?じゃないかという報告あり。

修理受付センターに電話して、取りに来て貰うことにしました。ギリギリ保証期間の1年以内だったので、引き取り・配達費用の一部を負担するだけで済みました。

通販だけじゃなく、こういうメーカーサポートも、宅配業者がないと成り立たない時代なんですね。

費用がかかるなら、今年モデルを探してもいいかな?というふうにもちょっと考えたのですが、インクがまた一世代新しい物に変わってるんですよね。少し買い置きしていたインクが無駄になるので、その案は消えました。

Img_2182_2

もう遅いかな?と思いながら蒔いたホウレンソウの芽。プランターに蒔いたのがうまく育たなかったので、地植えでやり直し。

Img_2184_2

来春の収穫を目指してエンドウを植えました。妻のリクエスト。

こうしてみると、恥ずかしながら今まで知らなかった「芽生え」の形が色々あります。

Img_2185

特に何もしなくても元気なダイコン達。

2010年11月17日 (水)

新スタジアム公式発表

小倉駅北口の新スタジアムに関する公式発表がありました。

海に臨むエコスタジアム J2北九州新本拠地発表

 北九州市の北橋健治市長は17日、サッカーJリーグ2部(J2)ギラヴァンツ北九州の本拠地となる新スタジアムの建設候補地を、JR小倉駅北口とすることを正式に発表した。2015年度末までの完成を目指す。
 北橋市長は記者会見で「財政的には厳しい時代だが、地域活性化につながる。市民の意見を聞きながら慎重に計画を決めていきたい」と話した。
 新スタジアムは約2万人を収容。サッカーやラグビーなど、天然芝の球技専用グラウンド。太陽光発電や雨水の再利用、LED照明などを導入し「エコスタジアム」とするという。敷地の形状により一部は海上に突き出す形となり、建設費は100億円強を見込む。市は起債を活用する方針。
 同市は09年度から候補地選定に取り組み、JR小倉駅から約500メートルという利便性や、懸案である同駅北口のにぎわいづくりに貢献する点を評価した。
=2010/11/17付 西日本新聞夕刊=

市長が掲げていた完成予想図

Sketch3

まずは小倉駅側から。
総合展示場・国際会議場北側に、道路をまたぐデッキを作って、スタジアムの2階部分に繋ぐのでしょうか。屋根の上には太陽電池パネルも書き込まれてます。

Sketch2

海側からの俯瞰。これはいいですね。
観客席だけじゃなくて、海が展望できるデッキが飛び出しているのが印象的。試合のない時も立ち入れて食事やお茶ができるように、でしょうか?
まさか海釣り公園にはしませんよね

問題は最低100億円とされる建設費。
予想図のような「フル装備」のお値段でしょうから、ここからデッキ部分を削ったり、一部屋根を外したり、とかして少し節約するのでしょうか?気がついたら建設費が倍になっていたなんてのは勘弁です

R_honj_2

写真は本城陸上競技場ですが、今度のスタジアムは球技専用で陸上トラックがなくなるぶん、コンパクトで観客席とグラウンドが近くなりますね。交通の便が良くなることとあわせて、応援に行くことが増えるかな?

5年後ですけどね

2010年11月16日 (火)

小倉駅北口スタジアム建設への反響

ギラヴァンツ北九州の新しいホームスタジアムを、小倉駅北口に建設するという計画が報じられてから5日ほど建ちましたが、ネットの書き込みを見ているといろんな反応がありますね。

ちょっとまとめ

Kora2

Kora_2

建設予定地の航空写真に、鳥栖にあるベストアメニティスタジアムを貼り付けてくれた方(設置位置wが違うので、下のは単なる切り出しではないと思われる)

私は地図でやろうとしましたがめんどくさくてやめました。

確かに観客席が海にはみ出しそうですな。

Singaporefloatingstadium_2

「海上に突き出す?」と聞いて出てきたスタジアムがこれ。

ネタかと思いきや、シンガポールに実在するマリーナベイ・フローティングスタジアム。なんと日本の佐藤工業の設計・施工。観客席はもともと、シンガポールでF1を開催したときのメインスタンドらしいです(前の道路みたいなところがコースだったの?)

Capetown

海辺で風が強いんじゃないか?
という疑問には、「このくらい囲えば大丈夫でしょ」

写真はワールドカップが行われたケープタウン・スタジアム。68,000人収容のこのスタジアムは当然のことながら予定地には収まりません。

Sf_at_t

天然芝らしいけど潮風に当たって大丈夫?

ホームランが海に飛び込む球場として有名な、サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークも天然芝だよ。

小倉駅北口の商業施設が好調とは言えないだけに、財政面などの批判も当然ありますが、このような応援(?)メッセージもあります。期待のあらわれととらえましょう。

…小倉駅北口ウォッチャーのカテゴリーでも作ろうかな

2010年11月15日 (月)

APECで羽田空港は大混乱

APECも終わりましたが、各国首脳のVIP機飛来が続いた12日は、羽田上空も大変だったようです。

首脳ら到着で羽田120便以上遅れ続出!

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議前日の12日、米国、中国、ロシアなど各国首脳らが特別機で続々と到着した羽田空港では、航空機が上空で待たされるなどし、出発80便、到着43便が遅れ、目的地変更も2便出た。
 12日午後10時に到着予定だったホノルル発JALウェイズ89便ボーイング767(乗客乗員250人)は、上空で待機中に燃料不足となり、目的地を成田空港に変更。午後10時20分ごろに着陸し、燃料を補給して同日中に羽田に向かう予定だったが、成田の夜間発着禁止時間帯にかかってしまい、再出発を断念した。
 日航によると、89便は10月21日の羽田再国際化で新規に就航した路線。乗客には家族連れが多く、2歳未満の子どもも8人乗っていたという。
 また北九州発羽田行きのスターフライヤー88便も関空に目的地を変更した。
[ スポニチ 2010年11月13日 00:27 ]

この記事をわざわざ引用したのは、待たされたあげくダイバートせざるを得なくなった2便にSFJ便が入っていたことが書かれていたから。VIP機を優先せざるを得ないイレギュラーな事態とはいえ、VIP機の数と時間帯はわかっているわけですから、着陸できない便まで出るとはちょっとお粗末と感じました。

SFJ側には混雑がわかっているのだから少し多めに燃料を積まなかったのかとか、逆に管制側にはそもそも上空待機の発生が予測されるときは出発を遅らせる権限があるでしょうにとか、突っ込みどころはいろいろ。現場は「予想以上」のことが多かったのでしょうが…

そんな中、「都心上空を飛行機が飛んでいった」という声があって、12日の状況が公開されるのを待って調べてみました。

12日16時過ぎ。南風運用で22/23着陸。
黄色い線が本来の流れです。

1601_2 

一機(B777-300)が着陸間際にゴーアラウンド(着陸のやり直し)。上昇するとともに右に舵を切ります(赤矢印)。

1602_2

後続機も上昇していくということは、バードストライクなどの理由でB滑走路(22)が閉鎖されたのでしょう。

そんな中、5番目のB777-200が左へ。
D滑走路(23)へ誘導された様子。

1605_02

最初の図から4分後。計4機が着陸できず都心に
後続機は続々とD滑走路へ。

1607

4機目は皇居の上を飛んでいったように見えました。

いや、都心の空を飛ぶこと自体は安全な高度さえ確保されていればまぁいいんですが(むしろ見てみたい)、何人の人がびっくりしたんでしょうね。B滑走路が着陸に使われる機会が以前より増えてますから、今回のようなチャンス場面も増えそうです。

前にストップ安と書いたスカイマーク、今日はストップ高だったようですね。増資をしない方針というのがウケたらしいですが、果たして思惑通りいくんかいな?なんだかそのへんのリアルじゃないお金の動きはよく分かりません。

2010年11月13日 (土)

今度は小倉駅北口にサッカースタジアムかぁ

今朝の新聞から(一部昨日の夕刊にも載ったようですが)

J2ギラヴァンツ本拠地 小倉駅北に新スタジアム 北九州市が選定へ

 サッカーJリーグ2部(J2)ギラヴァンツ北九州の本拠地となる新スタジアムについて、北九州市が、小倉北区のJR小倉駅北側の駐車場一帯を建設予定地に選定する方向で最終調整していることが12日、分かった。来週中にも正式決定する。
 市は、北九州初のプロチームとして球団を支援し年5千万円を補助している。関係者によると、予定地は住友金属工業(大阪市)が所有し、小倉駅の北東約500メートル。近くに北九州国際会議場や西日本総合展示場などがある。スタジアムは南北に長く建設する予定で、一部が海上に突き出る可能性もあるという。

Kokrua_stn_paint

なるほど。今は屋根のない駐車場になってるところね(赤囲み)

病院が出来ると思ったら(青囲み)、それに呼応するように公園整備(緑囲み)の計画、そして今度はサッカースタジアム。

 市は候補地として、スペースワールドがある同市八幡東区の東田地区も検討していた。小倉駅北側に絞ったのは(1)九州新幹線鹿児島ルートの来春開通をにらみ、九州ダービーなどに九州一円から集客が図れる(2)新幹線停車駅から徒歩圏内で利便性が高い(3)小倉駅北口の活性化につながる―などの理由という。
 新スタジアムのピッチは天然芝で、太陽光発電の屋根を導入するなど環境に配慮した「エコスタジアム」とする方向。建設費は80億―100億円が目安になるという。
 ギラヴァンツは昨年11月、J2に昇格。現在は八幡西区の市立本城陸上競技場を本拠地としているが、同競技場の収容者数は最大1万席で、交通の便も良くない。J1昇格には1万5千席以上のスタジアムが必要なことから、市はJリーグに昨年、J1の規定に合う新スタジアムを建設する意向を表明していた。

本城が手狭で交通の便も悪いことから、新スタジアムの候補地選定中とは聞いていました。広い土地といえば旧北九州空港跡地があるけど、東に偏りすぎだし交通の便がいいとは言い難いよなぁとか考えていたのですが…

新幹線の駅に隣接したスタジアムというのは面白いかもしれません。

ただ、「エコ広場」の次は「エコスタジアム」ですか?何でも安易に「エコ」とつければいいというものではないぞ

 ギラヴァンツは今季、1勝12分19敗(勝ち点15)で最下位に低迷。与那城ジョージ監督の今季限りの退任が決まっている。
=2010/11/12 西日本新聞=

これは残念な事実。今の制度ではJ2から降格というのがないので、スタジアムが無駄にはならないですが…

Kokura_sml 予定地のこのあたりに、サッカースタジアムが収まるかどうか…

具体的に必要な大きさというのがピンとこないので、近隣のスタジアムと比較してみます。

Honjo Levelfive Tosu 左上から、本城陸上競技場(ギラヴァンツ北九州の現ホーム)、レベルファイブスタジアム(アビスパ福岡)、ベストアメニティスタジアム(サガン鳥栖)

サガン鳥栖のホームスタジアムは、とっても駅に近いんですな。知りませんでした。

結論としては、「一部が海上に突き出すかも」という記事の通り、2万人規模のスタジアムは収まったとしてもギリギリですね。

2010年11月12日 (金)

羽田空港飛行コース公開ホームページリニューアル

羽田空港の飛行コース公開システムが、新しいD滑走路に対応してリニューアルしました。

作りからすると本来は空港周辺の騒音評価(騒音情報の公開)のためのシステムのようですが、

公開目的  航空情報の利用促進及び航空環境行政の一環

という一文がありますので、趣味活動に使うことも大いに想定されている様子 公開期間が過去1ヶ月に限られますので、以前の運用と、新滑走路供用開始後の運用を比較するなら今のうちです。

こんな航跡図が確認できます(赤が離陸、青が着陸)

Kita_0

これは以前の北風運用。

A滑走路(34L)に着陸、C滑走路(34R)から離陸ということが分かります。整然としているようですが、着陸機の間隔を整理するために管制官が苦労されていたであろうことが、次を見るとよく分かります。

Kita_1

現在の北風運用。

例外はあるのですが、進入・出発方向ごとに滑走路が使い分けられているのがよく分かります。着陸経路の青線が、ほぼ重なっているのが印象的。

北側と南(西)側からの2つの流れを、無理に合流させずに34L、34Rに降ろすので、交通整理のための遠回りやショートカットがかなり減っているのでしょう。管制官がまだ慣れてなくて、臨機応変にショートカットをさせていないという可能性もありますが…

Minami_1

問題の(笑)南風運用。

着陸経路が思いっきり交差していますね。

Minami_2_2

動画モードにしてみました。

D滑走路(23)に向かうB772が、上手にB滑走路(22)に向かう飛行機の間を抜けていきます。

Minami_a

あ、危ない
B738とB763が正面衝突

Minami_b

大丈夫。ちゃんとすり抜けました。

ぶつからないのは、この交差地帯を、22へ向かう飛行機は5000フィート、23へ向かう飛行機は4000フィートというふうに高度差(とはいえ1000フィート=約300mですが)をつけて飛ぶからです。

北風運用で34R/34Lに振り分けるときは通常交差は発生しないのですが、チャートを見てみると、同じように並行するあたりで1000フィートの高度差がつけてあります。状況によっては経路が交差するように進入させても大丈夫、ということですね。

2010年11月11日 (木)

今日の庭11/11

「今日の」といいつつ週末の状況ですが…

Img_0198 葉が落ち始めたハナミズキと、緑のままのオリーブ。

この程度の木なので少しだと思うのですが、妻は落ちた枯葉に不満気。

Img_0199

単に枯れているだけじゃなくて、ちゃんと来春の花芽が付いているのがわかります。

Img_0201

ハナミズキだけじゃなくて、トサミズキにも花芽が。

奥は紅葉したブルーベリー。

Img_0204_2 梅雨時に挿し木したアジサイも根付いた様子。右のやつは小さいので気がかりです。

Img_0213

妻が植えた寄せ植えも、パンジーに変わって、秋から冬の気配です。

2010年11月 9日 (火)

A380導入表明のスカイマークがストップ安

発端は昨日のこの発表

スカイマーク
エアバス社とA380型機導入に関する基本合意書を締結

スカイマーク株式会社は、エアバス社(本社:フランス・トゥールーズ)と「Airbus A380(以下、A380)」の導入に関する基本合意書を締結いたしました。導入予定機数として6機の購入契約(うち2機はオプション)を来年春頃に締結する予定です。2014年度を目途に国際線用機材として導入し、海外主要路線での運航を計画しております。(以下略)
2010/11/8付プレスリリースより

スカイマークがA380導入

A380は通常は3クラス(ファースト、ビジネス、エコノミー)で500人ほど乗せることを想定していますが、オールエコノミー仕様にすれば800人乗せられるという巨大機。

格安路線のスカイマークなので、まさかオールエコノミーの詰め込み仕様か?それとも少しゆったりした席で600-700席あたり?などと空想は膨らみます。

Img_1946 福岡空港に到着したスカイマークのB737-800

ただ、現在B737-800に絞って運用している会社ですから、新しい機材、特に大型機を導入する際にコストだけでなく運用や人的資源は大丈夫なの?ってのは心配です。海外進出となると拠点も新たに作らないといけないわけですから。

こんな報道も

スカイマーク、A380で国際線参入へ 14年度めど

 スカイマークは8日、2014年度をめどに国際線に参入すると発表した。それに向けてエアバスの世界最大の旅客機「A380」6機を、国内勢としては初めて導入する。オープンスカイ(航空自由化)を機に、当初は成田空港と欧米の3都市を結ぶ長距離路線での運航を目指す。
(中略)
 ただ、スカイマークは安全上のトラブルを相次いで起こし、今年4月に国土交通省から業務改善勧告を受けている。小型機に特化した運航態勢を短期間で超大型機に広げるため、管理が追い付くかどうか不安も残る。(後略)
2010.11.9 朝日新聞

ここですよねぇ…

過去のことなのかもしれませんが、個人的にはトラブルメーカーという印象はぬぐえません。路線の改廃も多すぎると思う。経営の判断が早いと言われれば聞こえはいいですが、場合によっては補助金なども用意して歓迎した就航先からすれば、梯子外された以外の何者でもないですよね。

地元北九州にも深夜運航可能いうことで就航しましたが、羽田→北九州はSFJと競争になりそうなものの、北九州→羽田は、深夜2時に羽田についてどうしろと…というダイヤ。本気なのかどうか全く分かりません。

A380の件も、案外、アドバルーンぶち上げてみて、不評だったらあっさり取り下げるかもしれません。正式契約の来春までペナルティがないようならなおさら

Img_9280 フジドリームエアラインズとすれ違うスカイマーク。
FDAの先行きも若干不透明…

そして今日

スカイマーク株、ストップ安 超大型旅客機導入など懸念

 9日の東京株式市場で、スカイマーク(東証マザーズ上場)の株価がストップ安になり、前日比150円安の793円で取引を終えた。前日、国際線参入と超大型旅客機導入を発表したが、リスクが高いとの見方が広がった。 (後略)
2010.11.9 朝日新聞

ですよねー。

みんな同じこと考えているようでちょっと安心した

2010年11月 6日 (土)

小倉駅北口絶賛工事中

小倉駅北側に行く機会がありました。

以前から、199号線を越えたところでペデストリアンデッキの一部を閉鎖して工事していましたが、新しい小倉記念病院への接続部分や、公園部分の工事が本格化しています。

Img_0214

ペデストリアンデッキの北端部分。右に行くとAIM(通行可能)、左側と直進方向が工事中で、それぞれ新病院と公園に繋がります。

Img_0215_2

フェンスに貼ってあった完成予想図。
北から見た図になっているので、何気なく見るとわかりにくい。

Img_0216

上の図に/\と書き込んだ方向を望む。
公園へ降りる階段が出来ていて、その先の細長い土地を造成中。まだ噴水などの作りは分かりません。

Img_0221

外観上は完成していて、門柱なども付いている新しい小倉記念病院(赤矢印の向きに撮影)
まだひっそりしていますが、裏では荷物の搬入などをしている様子。ペデストリアンデッキとの接続も進んでますし、調剤薬局が新しく作られていたりと、開院間近という雰囲気。

Img_0197

1ヶ月放置してもあまり伸びなかった芝ですが、冬の前に最後にと思って刈り込み。

右手前は、先週収穫したサツマイモを預かっているもの。
焼き芋になる予定。

2010年11月 1日 (月)

芋掘りで筋肉痛

5月末に畝を作り6月初めに苗を植えた子供会の芋畑。
いよいよ収穫の時期を迎えました。

Img_1975_2

植えたときには小さな穂先のような茎だけだったのですが、この有様。子供に芋掘りを楽しんでもらうために、大人の最初の仕事はこの伸び放題伸びた芋づるを刈り取ること。

絡み合ったツルを持ち上げながら、根元近くをカマで切っていくんですが、なかなかの重労働。肝心の芋掘りに入る前に汗が噴き出します。

Img_1977

マルチをはぎ取って、戦闘開始

Img_1984

マルチの下に、モグラ穴

Img_1983 住むところ奪っちゃってゴメンね。

他にもトノサマバッタやら、ゲジゲジやら、トカゲやら、色々出てきました。

ヘビに遭遇しなかったのは幸い。

子供達も頑張って掘ってくれたのですが、ちょっと参加者が少なくて、かなりの部分大人がクワで掘り起こすことに。そして、子供達が掘ったはずのところも、よく見ると掘り残しが結構あって、一通り掘り返すことになってしまいました。

Img_2001

戦闘終了

Img_1997

戦利品の数々。
来週は焼き芋大会の予定。

3時間芋畑と格闘したおかげで、久しぶりに筋肉痛を味わっています

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

無料ブログはココログ