« 栗茹でてみた | トップページ | ゴセイジャーショー@城島高原 »

2010年10月 8日 (金)

痛烈ですね

今年のノーベル賞各賞が発表されました。

化学賞で日本人受賞者が出たことは素直に喜びたい。有機化学分野で「夢の高分子」を開発したいとか思っていた高校生の頃を思い出します。純粋な化学ではありませんが、「新素材」と無縁でない仕事をしているのはその名残か。

今回のは反応前後の物質が複雑なので(そういう合成を効率よく行う技術ですが)、マスコミの解説が相当グダグダです。

医学生理学賞は体外受精の技術確立に関して。みんな知ってることなので、この業績は化学賞や物理学賞と比べると分かりやすい。新たな生殖医療の技術が開発されるたびに批判も出るのでどうかな?と思っていたら、やっぱりバチカンから批難声明が出た。

そして今日発表された、平和賞。昨年はアメリカの若きリーダーへの期待を込めた授賞でしたが、今年のは痛烈です。

科学系の賞に対して、「選考の公平さ」「実績の妥当性」という点で疑問をもつことも多い平和賞ですが、こういう形で毎年「平和」「人権」というものにたいしてメッセージを出し続けるノルウェーという国は肝が据わってるんでしょうな。

« 栗茹でてみた | トップページ | ゴセイジャーショー@城島高原 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛烈ですね:

« 栗茹でてみた | トップページ | ゴセイジャーショー@城島高原 »

無料ブログはココログ