« なぎさ水族館で魚やタコと戯れる | トップページ | 予想通りの要求が… »

2010年8月25日 (水)

「さくら」の速達版が「みずほ」だってぇ!?

全国で報道されたのか定かではありませんが、こちらで話題になったのがこの報道。

鹿児島-大阪 3時間47分 九州新幹線 3月12日全通検討 新列車「みずほ」投入

 JR西日本とJR九州が、九州新幹線鹿児島ルートについて来年3月12日全線開通を軸に検討し、全通とともに直通運転が始まる九州・山陽新幹線で、新大阪-鹿児島中央を3時間47分で結ぶ「みずほ」の運行を検討していることが24日、分かった。同区間を所要4時間で結ぶ「さくら」と同じN700系の車両を使い、停車駅を絞ることで時短を実現する。4時間を切る最速新幹線で航空機の利用客を取り込む。
 運行ダイヤは12月に発表する予定。JR幹部によると、「みずほ」は東海道・山陽新幹線の「のぞみ」に相当する。山陽区間は現在停車駅が最も少ない「のぞみ」が停車する新神戸、岡山、広島、小倉、博多に停車し、九州区間は熊本、鹿児島中央にのみ停車する見通し。出張客が多い朝晩などに本数を絞って運行する。
=8/24西日本新聞=

対東京で、広島では互角の新幹線と飛行機が、福岡は圧倒的に飛行機利用が多いなどのデータを元に、「4時間」を切る列車にこだわるのは理解できるところ。(福岡の場合は空港が市街地に近いという事情も加わりますが)

しかし、東海道新幹線と比べればそんなに多くない列車のなかで、「さくら」のさらに上の列車名を付けるとは…

  • 沿線自治体の「さくらを停めてくれ」のラブコールを捌くのに疲れ果てて、「さくら」は停めて約束を果たしつつもっと速達の列車を通過させる方便
  • 人気列車となり混雑も予想され、ドル箱にするために各種割引切符の適用外にする(のぞみ料金とか、のぞみに乗れない割引切符、今でもあります)

といった邪推もしたくなります。

また、「みずほ」という愛称についても、「さくら」と同じく九州を走っていたブルートレインのリバイバルではあるのですが、

  • 「さくら」より更にスピード感がない
  • 「はやぶさ」を東北新幹線に取られたのが痛い
  • 「さくら」の中で速達タイプを設定すれば十分

とか、

  • 銀行名みたいだ
  • 某党の党首を思い出す

といった意見もネットではみられます。私もそうですが、諸手をあげて歓迎とは言い難い。

ちょっと気になるのは、新聞各紙がこぞって報道した「みずほ」に関して、未だJR西日本もJR九州もプレスリリースを出していない点。案外少しリークしてみて、反応を見てから列車名を最終決定するつもりかもしれません。少なくとも「最速列車」を設定する意図はありそうですから。

« なぎさ水族館で魚やタコと戯れる | トップページ | 予想通りの要求が… »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さくら」の速達版が「みずほ」だってぇ!?:

« なぎさ水族館で魚やタコと戯れる | トップページ | 予想通りの要求が… »

無料ブログはココログ