« 広島… のはずが周防大島へ | トップページ | 「さくら」の速達版が「みずほ」だってぇ!? »

2010年8月24日 (火)

なぎさ水族館で魚やタコと戯れる

Img_5856 前回の終わりに、思わず「ショボい」と書いたなぎさ水族館ですが、大人210円、子供100円という料金を聞けば納得せざるを得ないでしょう。

2000円近く必要な水族館もある中、これは安い

特徴としてまずは、ここ周防大島周辺で採れたものを展示してあること。地元の漁師さんが協力してくれているとか。

Img_0386 Img_0405

展示されている水槽は小さいのですが、小さいのと、行列が無い故にこういう写真は撮りやすい。

Img_0404

「カニが食事をしてるよ」と子ども達を呼びに行ったら、「お友達のはずなんですけど…」とスタッフのお兄さんが困惑した問題のシーン。遊んでいるようには見えなかったので、何かふたりの関係に変化があったようです。

Img_0388

ここのメインとも言える施設がこのタッチプール。手を入れてタッチするだけじゃなくて、浅い水槽にジャブジャブ入っていって魚を捕まえてもOKなのが特徴。完全にずぶ濡れのチビちゃんも多数。

Img_0394

中にはサメ(ネコザメという危険のない種類だそうです)もいたりして、遠慮なく「サメ肌」に触れることも出来ます。

Img_0397 ナマコの触感にはまったお姉ちゃん、魚を追いかけ回して「もうちょっとで捕まえられるのに」と不満げな妹、そして、ヤドカリが出てくるのに大喜びな弟と、子ども達は三者三様に楽しんでいたようです。

Img_0398 私は、タコがいるのに驚きました。

サッカーの試合予想で食べていけるわけもなく、触られ放題で足の先がちぎれていたりして、結構ストレスフルな環境だよなぁとちょっと同情したりして…

でも、吸盤の感触とか、テレビでしか見たことがない、周辺の環境に合わせて色が変わるのが分かったりとか、なかなか勉強になりました。

Img_0416 (自称日本一)小さな水族館でしたが、珍しい生き物を展示しているだけの水族館を物足りなく感じてしまいそうなくらい楽しめました。思ったよりお客さんも多かったです。

帰り道に海の写真を一枚。

行きは寝ていてあまり見れなかったのですが、海岸線沿いの道が続いて絶景を堪能できます。次は海水浴を兼ねて泊まりで来ようかな、と話しながら家路につきました。

« 広島… のはずが周防大島へ | トップページ | 「さくら」の速達版が「みずほ」だってぇ!? »

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぎさ水族館で魚やタコと戯れる:

« 広島… のはずが周防大島へ | トップページ | 「さくら」の速達版が「みずほ」だってぇ!? »

無料ブログはココログ