« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の14件の記事

2010年7月30日 (金)

福岡空港から出発

夏休みの旅行に出かけてきました。
出発は福岡空港から。

Img_9261

私は何回か使ってますが、子ども達は福岡空港は初めて。ターミナルの大きなパタパタ(ソラリー式と言うらしい)にびっくり。

最近、LEDや大型ディスプレイに取って代わられる傾向にあるので、大きなパタパタは貴重な存在と言えるかもしれません。

Img_9272

福岡空港は今日も混雑。国際線ターミナルが反対側にあるので、国際線と出発がかち合うと、こんなふうに向かい合わせで順番を待つことも…

Img_9265

第2ターミナルにある展望デッキ。上層のここは、屋根に冷暖房完備で、快適に見学が出来ますが、ガラスの反射があって撮影にはちょっと気を使います。ガラスの影響が無いのは唯一階段の途中だけなのですが…

ターミナルといえば、福岡空港は、行き先の空港によって使うターミナルが分かれています。羽田や伊丹のように、航空会社によってターミナルが分かれているのと違うパターンなので注意が必要です。

Img_9266

ちっこいですが赤くて目立ったのが、フジドリームエアラインズ(FDA)のERJ-170。この色は1号機。レジ番号も1号機らしく"JA01FJ"。2号機以降はそれぞれ違う色に塗られています。

Img_9281

滑走路に向けてタキシング中。

Img_9285

JALのエコジェット(B777-200)の着陸待ち。定員では5倍ほど違うのですが、同じようにエンジン2つでパイロット2名の運航。大きいほうが効率よさそうだけど、「小型機にして便数を確保する」ほうが経営上は良いらしく、日本の国内線も737クラスや、さらに小さいERJのような機材が増えています。

FDAはJAL撤退の後を受けて、静岡から福岡に就航。応援の意味も込めて乗ってみたいけど、静岡にはなかなか用が無いです。残念…

Img_9297

先ほどのエコジェットが収まって、三色のB777-200が揃いました。

2010年7月25日 (日)

庭の芝刈り2回目

初回の芝刈りから2週間。

梅雨末期の大雨の間はしおれ気味でしたが、この1週間で再び元のように伸びて来ました。これはまた刈らねばならぬでしょう。

Img_9095
前回(2週間前)の芝刈り後

Img_9248 
今回の芝刈り後

調子に乗って、前回より一段しっかり刈り込んでしまいました。今後の伸び具合を見ながら、刈り込みのペースを考えていきます。

Img_9151

ナスの枝の伸びと、花のつき具合が衰えてきたので、思い切って切り戻し。ニジュウヤホシテントウに葉を食われてかなりかわいそうな姿になっていましたし…。

秋ナスまでしばらく待ちましょう。

2010年7月24日 (土)

ようやく権利証などが手元に

先日、「新築の家の固定資産税の算定をするので調査に行く」という手紙が来ました。

調査の際に… 建築確認申請書と仕様書がいる

そういえばまだ手元に無いことを思い出し、久しぶりに営業氏に電話。権利証や諸費用の精算といっしょにあわてて持ってきました。

Img_9155

建築確認の申請書・検査済み証と、長期優良住宅の申請書・認定書。
いずれも結構分厚いです。

Nintei

長期優良住宅認定証の一部。
これを得るために着工が遅れて、完成が年明けに…
家の中身は良くなったはずですが、税金の優遇を含めるとお得になるという当初の目論見通りにいったのかどうか…

固定資産税の査定はこれも見られるはずです(取得税も含め、優遇があるので)

Img_9153

いわゆる「権利証」が不動産登記のオンライン化で今はこのスタイルに。
売買などの時に、権利証という紙ではなく、シールの下に書いてある登記識別情報(暗証番号みたいなもの)を添付するのだとか。紙を盗まれなくても、番号を見られるだけで悪用される可能性があるので、基本的には売ったりすることになるまで封をしたままです。ですんで、私もシールの下に書いてある内容は知りません

詳しくは「権利証」で検索するとこういう解説ページなどがあります。

2010年7月21日 (水)

今日の庭7/21

枝豆がだいぶ膨らんできたので、思い切って引っこ抜きました。

Img_9139

1粒の豆がこれだけの数になると思うと、たいしたものです。
次世代を担える豆になる前に、人間の勝手で収穫しちゃいますが
早速ゆでていただきましょう。

Img_9141

根っこに立派な「根粒」が付いています。これが窒素固定をしてくれるので、豆類はやせた土地でも育つのだとか。知識として知ってはいますが、実物を見たのはずいぶん久しぶりのような気が…

Img_9143

キュウリのツルをフェンスに這わせていますが、中にはこんなふうに「向こう側」にぶら下がる奴もでてきます。

2010年7月19日 (月)

アジサイの葉が伸びてきた

梅雨が明けて、一気に暑くなりましたね。家の周りで下手くそな蝉が鳴いているのがどうも気になってしょうがない。

キュウリとナスが盛りになって、毎日のように収穫があります。
ありがたいことです。

Img_9130

鉢上げしたアジサイの挿し木は、乾燥を防ぐためにウッドデッキの下で過ごしていただいています。最近ずっと雨が降っていたので当然と言えば当然ですが、畝などの地面が乾いてきているのに比べてウッドデッキの下の鉢は湿ったままです。

Img_9129

真ん中の鉢は、葉っぱの脇から新しい芽が伸びてきました。あとの2つの鉢はまだです。

Img_8496 Img_9132 玄関ポーチの横に、コニファーを植えた鉢を置いているのですが、鉢をブロックにポンと置いた状態で殺風景だと妻は不満顔。そこで、右の写真のように変更。

Img_9127

鉢の周りに土を入れてみました。とりあえずクローバーを移植してみたんですが、どうなるやら…

2010年7月17日 (土)

何かおかしい…

毎年、誰か死なないと明けない梅雨というのも「何かおかしい」と思う一つですが、今回はそんな重いテーマではありません。

Hi3e0243 エアコンの操作に分からないところがあったので、取説を取り出して確認中のこと。
(メーカーや機種によって、意外と統一されてないですよね、エアコンの操作法。特に除湿とかタイマーの扱いが違う)

取説の最初のほうの概説のページですが、何かおかしい…

Hi3e0244気になりませんか?

おかしいと思わない人のために、別のエアコンの取説から抜粋したのが右。

私にはこっちのほうがしっくりきます。

答えは、なぜか職場の駐車場にたたずんでいた犬の写真の後で。

Hi3e0246

では私なりの解説。

「長袖やカーディガンを羽織っても寒い」ときに暖房すべきで、「半袖や薄着にしても暑い」時に冷房すべきですね。

Hi3e0242

同じ絵がこんなふうにも使われています。

半袖で寒いからって暖房して、カーディガン羽織って暑いからって冷房したらエコじゃない 部屋のカーテンやブラインドをチェックする前に、服装の調節も大切でしょう。

完成時の挿絵のチェックが甘かっただけですよねぇ…

2010年7月15日 (木)

2年続けて水害とは…

今年も、九州北部~山口・広島あたりまで大雨の被害が出てしまいました。
2年続けて紫川は氾濫。
残念ながら、先日「堤防の工事が完成してない」と書いたところから水が出てしまいました。
昨年の水害直後の記事と、先月の記事はそれぞれこちら)

Hi3e0240

昨年も水害後に写真を撮った日豊本線の鉄橋。去年より橋脚のゴミが少なく感じるのは、川の中に無造作に生えていた木が、かなり伐採されたからでしょうか。

Hi3e0241

鉄橋の下をくぐる通路はこんな状態。
土嚢が積んでありますが、ここからかなり水が出た模様。
その先の地面もかなり泥で汚れています。

Hi3e0239_2

昨日よりはかなり水は引いたのですが、それでもまだ河川敷が水で洗われている状態です。河川敷に降りる通路の手すりもゴミだらけ。

2010年7月12日 (月)

新幹線100系がオリジナル塗色に

2008年末に引退した0系に続き、100系も引退の時期が迫っています。こちらもまた0系と同様、デビュー当時の白地に青の塗色に塗り替えられました。

S_100

100系車両、デビュー時の姿に JR西が報道陣に公開

 デビュー当時のデザインに塗り直された山陽新幹線の「100系」車両。右は現行車両=12日午後、福岡県那珂川町のJR西日本博多総合車両所
 勤続25年を迎え、2012年春には引退する山陽新幹線の2代目車両「100系」の一部の車体について、JR西日本は12日、国鉄時代の1985年にデビューした当時のデザインに塗装し直し、若返った姿を報道陣にお披露目した。新装車両は今月下旬から順次、新大阪―博多間で再デビューを果たす予定だ。
写真、記事ともに共同通信

写真は左が今回塗り直された車両。右は現在の塗色(○井○友銀行色と言う人もいます)。

今回3編成塗り直すようですが、おそらくこれらが最後まで走ることになるのでしょう。来春九州新幹線直通の「さくら」がデビューしたあと、700系「レールスター」編成が「こだま」に転用されるのに合わせて100系は順次引退していきます。塗り直されなかった編成から先に…

物心ついた頃に新幹線が博多まで開業し、新幹線と言えば未だに0系の印象が強い私。0系が引退した後、「もう新幹線に思い入れはないかな」と思ったりもしたのですが、思い起こせば学生の頃帰省するときには100系「グランドひかり」を選んで乗ってました。「2階の」グリーン車と、グリーン個室にあこがれたものの、貧乏学生では乗れなかったなぁ


生中継のない大相撲本場所が始まりましたが、NHKに一言もの申す。ダイジェスト放送するのはいいけど、
ローカルニュースの枠をつぶすとは何事か

編集作業は大変だけど、17:30くらいから初めて、尻が上手く18:00に収まるようにするとか、あるいはニュースウォッチ9の後くらいの遅い時間に持ってくるとか検討しなかったんだろうか。

「つまらんから見ない」の一言で済ませる人も多いのかもしれないけど、地域情報ってのも大切ですよ。NHKさん。

2010年7月11日 (日)

芝刈り開始

今週末は、「思い立ったことをやる週末」になりました。
アジサイの鉢上げの次は、雨の合間を縫って芝刈りを開始。

芝刈り機を調べてみると本格的なエンジン式のものから、電動、手動といろいろあります。

うちの庭のようにあまり広くなくて、枕木とか、植え込みとか障害物が多い場合には、大型の芝刈り機は向かないだろうなと考えて(安いのも大きな理由ですが)、手軽なバリカンタイプをチョイス。

Makita1 通販のほうがいろいろ選べるのですが、この手の工具は刃の交換などのメンテナンスが必要。本体だけでなく交換部品のチェックが大切です。近所のホームセンター(例によってナフコ)で替え刃を置いていることも確認して購入。マキタのやつです。

延長コードとか、移動の際に誤ってコードを切らないように、コードを腰に引っかけるフックが付属するのは○

立った姿勢で芝刈りが出来る延長ハンドルは別売りなので今回は見送りましたが、万一腰が痛くなったりしたら追加購入の方針

Makita2

他社の製品で、車輪がついている芝生バリカンもあって、そちらと迷ったのですが、結果を言えば、刈り進めるときの滑りに関しては、この製品のフレームでも問題なし。さらに、1つのフレームで、芝刈りの高さを決めるのと、縁石などから刃を保護する機能と両立しているのはシンプルで○

Img_9093

こういう姿勢で作業せざるを得ないのは労働衛生上よろしくない でも、やりはじめるとなかなか楽しい。初回の芝刈りは30分もかからず終了しました。

結果は以下の通りです。

Img_9079 Before

Img_9095 After

2010年7月10日 (土)

アジサイの鉢上げ

昨日「もうすぐ1ヶ月」と書いたばかりですが、早速アジサイの鉢上げをしてしまいました。

Img_9088

植え替えの時に少し土をほぐして観察すると、一応根は出ておりました。一安心。

真ん中の黒い鉢だけ、ガクアジサイ(のはず。考えれば考えるほど自信がない)。記憶を補強するために記載。

Img_9084

ナスやキュウリがずいぶん伸びたものです。

Img_9089 Img_9091

フェンスを上手く使ってキュウリのツルを誘導したつもりでしたが、花のついた位置によっては、実が大きくなるのがかなり邪魔される様子。

気がついたら真上を向いて伸びたキュウリまで出現。

Img_9085 オクラの花もようやく咲き始めて、夏野菜の役者が揃った日になりました。

2010年7月 9日 (金)

今日の庭7/9

Img_9079

芝生の緑が濃くなって、最初に植えた(敷いた)ときのすき間が目立たなくなってきました。こうなると、「芝刈りはいつしようか」が次の興味。妻は、フサフサ伸びてきた今の状態が好きらしく、あまり刈らないで欲しいと言ってます。

Img_9080

アジサイの挿し木をしてからもうすぐ1ヶ月になります。こうやって袋を被せて乾燥を防いでいます。

Img_9081

おかげで、枯れることもなく、むしろ心なしか葉の付け根の新芽が大きくなったのでは?といううれしい状況。挿し穂を少し引っ張ったくらいでスポッと抜けたりしないので、おそらく根が出ているものと思われます。

そろそろ一回り大きな鉢に植え替えましょう。

Img_8984

今日の最後を飾るのは、妻が撮影した多肉植物の写真。

2010年7月 7日 (水)

SP-NA665の子機のこととか

子どもの友達から電話がありました。

子どもを呼ぶと、「2階にも電話があるよーと言うので」(お、よく分かってるな)、手元の子機の保留ボタンを押して「そっちで通話ボタンを押してー」で繋がると思いました。

…あれ、ピーピーいうばかりでダメじゃん

せっかく子機が2つあるのに、1階から2階に子機を持って行くことになりました。

後で説明書で手順を確認すると、

  • 子機から転送するときは
    「保留」ボタン→「切」ボタン→親機や別の子機で「通話」ボタン
    あるいは、「内線」ボタンで子機を呼び出して取り次ぐ

「切」ボタンは余計なんじゃないの?と思ったんですが、

  • 親機から転送するときは
    「保留」ボタン→受話器を置く→子機で「通話」ボタン
    あるいは「内線」で(ry

操作の手数としては同じか…

子機で保留しただけで他の子機から「横取り」出来ちゃうと困ることもあるよな。と無理矢理納得したのですが、実験してみると親機では「保留」を押しただけ受話器を置かなくても子機で取れちゃう。

なんだかポリシーがよく分かりません

Img_9068

ちなみに、子機と充電器はこんな感じ。よく言えばシンプル、悪く言えば地味なデザインです。電話帳機能が親機は漢字対応で子機はカナのみ。せっかくのweb対応ですから、親機の電話帳にwebで漢字とカナと両方登録しておいて、アドレス帳転送機能を使ってエイヤっと転送するのが簡単でしょう。

充電器は今時らしく非接点タイプ。ACアダプタを使用しないところは、コンセントまわりが処理しやすいので個人的には評価できます。

Img_9069

子機の物足りないところを一つ挙げると、「通話」「切」以外にキー照明がないところでしょうか。暗闇でダイヤルすることは少ないかもしれませんが…

Img_9077 Img_9076

キー照明がないのは親機も同じで、照明を落とすとこうなります。(オレンジの明かりは「留守」の設定ボタン)

2010年7月 4日 (日)

北九州空港でチャーター便発見

昨夜はまたスターフライヤー(SFJ)の遅い便を使って帰宅しました。

深夜便の一番のメリットは東京に遅くまで居れることですが、他のいいところもあります。21時を過ぎると他の出発便はほとんどないので、羽田出発時にタキシングや離陸の順番待ちもなく、極めてスムーズに北九州まで飛べます。

一方、19-20時にかけてお店がどんどん閉まっていきます。お土産買いたかったら早めに着いてまずはお土産。その後で食事や展望デッキへ向かうほうが良いでしょう。

で、一晩明けて今日。
聞いていたことではあるのですが、妻と長女が子供会の行事で出かけてしまったので、下の子の面倒を見ることに。

息子曰く「飛行機見に行く」
お父さんは昨日の晩も空港にいたんだけどな…
君の本当の狙いはアイスとかが食べられることだよな…
ま、行きましょう。天気悪いから写真も撮りづらいけど。

Img_8993

珍しいもの発見。復興航空(トランスアジア航空)のA321。
台湾行きのチャーター便ですか…

Img_9001

搭乗も荷物の積み込みも済んでるようなのでもうすぐ出発だなと思っているとSFJのA320が到着。

Img_9007

定番のショットですが…

Img_9014

復興航空が出発していきました。
地上のハンドリングはSFJのスタッフが担当。

Img_9026

続いてJALのMD81が出発。
当然のことながらこちらは自社でハンドリング。

Img_9029

MD81もまもなく退役だそうです。
胴体後方に付いたエンジンと、T型の尾翼が特徴的なんですけどね。DC10, MD11のような3発機といい、独特のフォルムの機材が減るのは残念です。

Img_9031

先ほど着いたSFJ機は荷物の搬入中。乗客の手荷物とは明らかに違います。旅客便の「ついで」でも、これだけの航空貨物を運んでいるんだなと思いながら撮影。

Img_9048

降り出した雨の中を離陸していきました。

昼食とアイスを空港内で食べることになって、高くついた…

2010年7月 2日 (金)

日本代表はエミレーツでご帰国

出張で東京に来ています。

Img_5461

行きは北九州21:00発のスターフライヤー。北九州発の最終便です。羽田に着いて一晩お休みではなくて、北九州へ折り返して到着は日付が変わった1時頃。この時間から東京までもう1往復とはご苦労様です。

Img_5460

こちらは20:30発のJALのB737

残念ながら決勝トーナメント初戦で敗れた日本代表ですが、帰りは関空着
どうやらエミレーツを乗り継いで帰国した模様。
スポンサー様の力(責任?)で帰国便を確保しておいてくれたのかもしれません。

Emirates_2 ドバイの航空会社。最近、いろんなイベントでスポンサーになっているのを見ます。総2階建てのA380をたくさん購入する、多分今世界一太っ腹な航空会社。

他にも個人的に中継を見ていて??なスポンサーがあったので、FIFAのサイト経由で調べてみました。残り試合も少ないですが、中継を見る手助け(?)になれば

Hyundaykia_3中継では確かKIAばかり映っていたはず。アジア系だろうけどどこかな?と思ったら、韓国の車メーカーで今はヒュンダイ傘下だとか。こちらを表に出すのは、今後のブランド展開の思惑か…

Satyamnew今大会のOfficial IT Services Provider。インドのITアウトソーシング会社かぁ… インドはITに強いとか、英語圏のコールセンターを引き受けていて、アメリカでコールセンターに電話すると実はインドに繋がっているとか、そういう話も聞きますね。ソニーがスポンサーになっているから、情報システムもソニーかなと思っていたけど、映像関係だけなのかな。

Seara ブラジルの食品会社。この商品群を見ればどんな会社かすぐに分かります。

Yingli 中国のソーラーパネルメーカー。ここを日本メーカーが持って行かないあたりが、最近中国がアフリカに力を入れてることの現れか。中国語混じりのパネルを見て、「中国代表が出てるから?」と言っていた人が我が家にいますが…

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

無料ブログはココログ