« ネットワークスピークス(ネットワーク機能付きFAX)購入 | トップページ | 父の日をダシにFAXの機能チェック »

2010年6月18日 (金)

相撲協会の迷走に思う

このブログで社会問題について書くつもりはなかったのですが、今回の野球賭博などに関する相撲協会の対応があまりに酷いというか不味いので一言。

なお、賭博や暴力団との関係を肯定する意図は一切ないことを最初に申し添えておきます。

協会は賭博行為を申し出た力士の扱いや、次の名古屋場所の開催に関して苦慮しているようですが、「今まで賭博行為が公然と行われてきたこと」を問題とするのか、「暴力団など反社会勢力との関係」を問題とするのか切り分けが出来てないのが迷走の原因の一つと思っています。琴光喜が「嘘つき」であったことも確実に混迷を深めていますが…

暴力団との関わりを問題にするならば、その前にあった、向正面の席が暴力団関係者に流れた件が参考になります。親方を処分した前例があるのですから、それにならって処分すればいい。

一方で、花札のような仲間内での賭博行為に関してはどうでしょうか?社会的にも麻雀に少額の賭け金が伴う位は処罰されません。問題と思うなら、匿名か実名かは別として実態を公開し、「いままでこのようなことが野放しになっていました。今後は禁止します」と宣言すれば十分と思います。例えるなら、ある時期までプロ野球にドーピング行為の禁止規定がなかったのと同じ。禁止規定が出来る前の記録は、ドーピングの結果かもしれないと揶揄されようが取り消されることはありません。

…この程度では監督官庁である文科省が黙ってませんかね。
こっちも一連の「事業仕分け」で公益法人のガバナンスが問題にされましたから、世間が少しでも「甘い」と言う処分では済ましてくれないかもしれませんね。難しいところですな。

隠れた「困ったちゃん」は、賭博の胴元側で、琴光喜に支払うべき「賞金」を支払わないばかりか「野球賭博のことをばらすぞ」と脅して金を要求した人(たち)でしょう。度を超せば当然バレますわな。支払うべきところはちゃんと支払って、大相撲関係者が「良いお客さん」であり続けるようにしないと…

おっと、繰り返しますが、賭博行為はダメですよ

« ネットワークスピークス(ネットワーク機能付きFAX)購入 | トップページ | 父の日をダシにFAXの機能チェック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相撲協会の迷走に思う:

« ネットワークスピークス(ネットワーク機能付きFAX)購入 | トップページ | 父の日をダシにFAXの機能チェック »

無料ブログはココログ