« 小倉駅北口「エコ広場」建設予定地の現況 | トップページ | アジサイの挿し木に挑戦 »

2010年6月12日 (土)

南アフリカへ直行は出ないみたいですね

Img_8815

庭のナスとキュウリがなかなか快調。

Img_8814 ナスは一番花がついて、いよいよこれから実がつき始めるか。

キュウリは、つい1週間前に「花は咲くけど実が付かない」と書いたばかりなんですが、その後ぐんぐん太り始めて、収穫できそうな大きさになってきました。

今付いている花の数をみると、2株からでも毎日のように収穫できそうな予感。

さて、サッカーワールドカップが開幕しました。日本代表の活躍も気にはなりますが、あまり期待しすぎてはいけないと思うのでその点は触れません。

ちょうど1年ほど前、日本代表がワールドカップ出場を決めたときに、「日本と南アフリカに定期の直行便の設定はないけど、チャーター便が飛んだりするのか?」ということを書きました。

まず思ったのが代表の移動。これは、残念ながらスイスで事前合宿をしたので、南アフリカ直行ではありませんでしたね。帰りはどうなるんだろ?

観戦ツアーは、現地の治安を懸念してか、日本代表への期待の薄さか分かりませんが、売れ行きが悪いみたいですね。需要が少ないからか、やっぱり飛ばすのが無理なのかそこはよく分からないのですが、ツアーの旅程を調べてみると乗り継ぎ便の設定ばかりですね。残念。

小惑星「イトカワ」の石を採集していることが期待される探査機「はやぶさ」の帰還予定が13日に迫って、久しぶりに盛り上がってますね。たしか前に報道されたのは、エンジンを何とか使えるようにして、帰還への軌道に乗ったという話題だったような。そのときは、正直「それでもこんなに故障したらやっぱり無理なんだろうな」と思った記憶があります。

エンジンの一部パートが故障することを念頭に置いて、2つのエンジンのパーツを組み合わせて「再生」できるような回路を組み込んでおいたというのが、技術者の執念というか徹底したフェイルセーフの発想ですばらしいですね。最後の大仕事、大気圏突入とカプセル回収がうまくいけばよいのですが。

知人が「はやぶさ」の計画に関わっているそうで、「テレビに出るから見て」などと興奮気味のメールが来ます。ここまで来たら「小惑星の石」がちゃんと入っていることを願いましょう。

« 小倉駅北口「エコ広場」建設予定地の現況 | トップページ | アジサイの挿し木に挑戦 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アフリカへ直行は出ないみたいですね:

« 小倉駅北口「エコ広場」建設予定地の現況 | トップページ | アジサイの挿し木に挑戦 »

無料ブログはココログ