« 芽が出た | トップページ | どんぐり村で放牧 »

2010年5月10日 (月)

背振山山頂にて

福岡と佐賀の県境にある背振山系。その最高峰の背振山に行ってきました。

例によって、車で山頂近くまで行けると知ったからですが…

九州道太宰府ICから、新幹線の博多総合車両所の横を通り、新しい九州新幹線の高架をくぐって国道385号に出ました。九州新幹線は車両所と分かれるとすぐに長さ約12kmの「筑紫トンネル」に入って背振山系を一気に越えるようです。こういうトンネル技術は相変わらずすごいですな。

話をドライブに戻します。
R385を南に進み、東背振トンネルには向かわずに、背振少年自然の家方面へ右折。

Img_8562 この先は地理に明るくないのでうまく説明できませんが、特に「背振山はこちら」みたいな看板はなく、右のような注意書きの看板が目印。一般車通行禁止ではないけど、自衛隊の車に気をつけてねとその他もろもろ

半分以上が舗装されておらず、一部凹凸がきついところもあったので、自信のない方は佐賀県側から上がるのが無難でしょう。無理せずゆっくり上がるぶんには特に危ないとは思いませんでしたが。

Img_8527

山頂近くで佐賀県側から来た道路と合流して、行き着く先がここ。
自衛隊基地の門が閉ざされていて、一瞬、来てはいけないところに来たような気分になりますが、右奥にちゃんと一般用の駐車場があります。

山頂までは階段が急ですが、子供連れでも10分以内(笑)。

背振山は山岳信仰の対象だったようで、山頂には弁財天がまつってあるほか、登山道脇には役行者の像もあります(なぜか自衛隊の敷地内です)。駐車場からの道のりは、登山道というよりは参道という趣。

Img_8539

その弁財天より目立つのが、巨大なレーダードーム。ここを自衛隊が管理している最大の理由が、防空レーダーが設置されているからなんですね。見通しのいい山上から、朝鮮半島や中国方面ににらみを効かせているのでしょうか。

レーダーからの電波を心配しつつ、弁当を食べました。

Img_8529

モヤがかかっていて今イチ遠方まで見えなかったのですが、ダム湖(背振ダム)が見えるのが福岡県側。地図で確認するとちょうど春日市から太宰府市の方向。福岡市はもう少し左なのか…

Img_8537

南東側の稜線。小ぶりなレーダーとか、なぜか中途半端な鉄塔とか、いろんな施設が建ってます。

Img_8552

自衛隊オンリーかと思いきや、民間の中継基地も発見。

Img_8554

タンポポの綿毛がたくさんあったのですが、登山道脇はすぐに取り尽くしてしまい、しまいには「立ち入り禁止」のフェンスの向こうに手を伸ばして…

見つかって捕まるまえに、おいとまして佐賀県側へ下りました。

« 芽が出た | トップページ | どんぐり村で放牧 »

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背振山山頂にて:

« 芽が出た | トップページ | どんぐり村で放牧 »

無料ブログはココログ