« 九重へドライブ3 ~長者原と九重やまなみ牧場~ | トップページ | 土地の税金の件2 固定資産税編 »

2010年4月24日 (土)

土地の税金の件1 不動産取得税編

牧ノ戸峠に咲く馬酔木(あせび)にやってきた蜂。

Img_8097

家にはいろいろと税金の話がつきものですが、土地を購入したことで既に請求が来たのが不動産取得税と固定資産税。

家は登記が今年に入ってからなので、建物分の課税はこれから(来年)です。

最初に請求が来たのが不動産取得税。
結構な額の請求だったのですが、減免の説明書が入っていて、
住宅を新築するために土地を買った場合には税金が安くなるから、必要書類を持って申請に来てね」という意味の記述あり。

いつも思うのですが、税金関係の言い回しはよく読まないとわかりにくい。
今は「何か減免や控除があるのではないか」と思ってインターネットで検索することも出来るので、具体例なども知ることが出来て助かります。

土地取得後、3年以内に家を建てれば減免になるそうで、できたばかりの建物の登記事項証明書を持って県税事務所に行きましたよ。去年のうちに建物の登記が済んでいれば、最初から減免された額で請求されたはずなんですけどね。(建物分の取得税も請求されますが)

県税事務所というところに初めて行きましたが、恐ろしく丁寧に対応されて、登記事項証明書を見せて(コピーされましたが)減免の申請書に名前を書く程度で手続きは完了。10万円近く減額された新しい振込用紙をもらって帰りました。

私の場合は、不動産取得税の納期の前に建物の登記が出来ていたので、すんなり減免の申請が済みました。しかし、3年以内ということになると、当然家を建てるつもりでいても、土地の取得税の請求が来ることには家の形どころかHMなどとの契約もまだかもしれません。そういうときはどうするんでしょうね?延納の申請が出来るのか、一度満額支払って、後で払い戻しを受けるのか…

県税事務所の腰の低さは、このあたりの制度の「ややこしくてスミマセンね」という意識の表れだったのでしょうか。

Img_8045_2 九重の地鶏。

さっきエサやりした地鶏を思い出して、「あそこにいた鶏かなぁ?」とか言いつつ平気で口に運ぶうちの子どもたち。
ま、元の姿を知っただけで食べられなくなるよりはいいのかもしれませんが、あまりにあっけらかんとしていて拍子抜けしたというかびっくりしたというか…

« 九重へドライブ3 ~長者原と九重やまなみ牧場~ | トップページ | 土地の税金の件2 固定資産税編 »

家(土地・契約・ローン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地の税金の件1 不動産取得税編:

« 九重へドライブ3 ~長者原と九重やまなみ牧場~ | トップページ | 土地の税金の件2 固定資産税編 »

無料ブログはココログ