« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の11件の記事

2010年4月29日 (木)

畝を一つ作ってみた

ポストの横(奥)に植えたハナミズキが咲き始めました。

Img_8219 15年ほど前、働き始めた頃住んでいた街に、「はなみずき通り」というのがありました。恥ずかしながらそのときに初めてハナミズキを知ったのですが、それ以来好きな木の一つです。

最近は庭でも街路樹でもよく見かけますね。

Img_8221 他には、コデマリの花が盛りです。

Img_8223

なんやかんやで植栽の近くまで芝生を増やして、結構な面積になりました。

芝生のことなどに気を取られて、菜園のことを考えるのを(半ば意図的に)忘れていたのですが(寒い日や雨の日も多かったですし)、店頭に夏野菜の苗が並び始めたのを見て腰を上げました。

Img_8237

北側の片隅に場所が空いているので、手始めに小さな畝を作りました。残っていた真砂土に腐葉土や堆肥・石灰をすきこんだにわか作りですが…

Img_8238

今年はお試しのつもりで、去年たくさん実をつけた甘唐辛子は1本と、茄子は2本苗を植えました。あとは子どものリクエストで、オクラと枝豆の種まき。

北側とはいえ日当たりは悪くないのですが、この家の場所、風が強いんですよね。今のところはそれが心配です。

Img_8239

最後に。
子どもがカタツムリを見つけてきて、植木鉢を重ねた中で「飼う」と言って聞きません。仕方ないので飼い方を調べてやると、気の葉や枝を入れてみたり、エサにキャベツを持って行ったりと、それなりにお世話してる様子。

2010年4月25日 (日)

土地の税金の件2 固定資産税編

税金? 何それ? うまいのか?

Img_8156

不動産取得税に遅れてやってきたのが、固定資産税・都市計画税の納付書。

こっちは市が窓口か…

納付書に書いてあることや金額の根拠は不動産取得税以上に意味不明。住宅が建っている土地の固定資産税が減免されるのは分かったのですが、取得税と同じ感覚で、「家を建てるなら減免しますよ」という文言を探しても見つからず。税額に意義を唱えるときは○日以内に、なんて記述ばかり。

電話で確認したところ、「前にあった家を壊して建て替えるときは、1月1日に家がない状態でもいいんですけど、新築のときは1月1日に登記されてないとダメですね。来年は、土地の分は減額になるけど建物分が増えます」

なるほど。しょうがないな。

うちも当初の予定は年内完成だったわけですが、かえすがえす、土地の取得から建物の完成までが同じ年のうちに済んだほうが何かと楽なことがよく分かりました。住宅ローン減税も申請し損ねましたしね。

Img_8162_2  上の写真の牛の飼い主が置いた、こっちの牛さんは、「(動物のエサやりの)えさ代は100円ですよ、100ウォン入れるのは止めてね」と必死です。

100ウォンったら、10円相当だもんな

2010年4月24日 (土)

土地の税金の件1 不動産取得税編

牧ノ戸峠に咲く馬酔木(あせび)にやってきた蜂。

Img_8097

家にはいろいろと税金の話がつきものですが、土地を購入したことで既に請求が来たのが不動産取得税と固定資産税。

家は登記が今年に入ってからなので、建物分の課税はこれから(来年)です。

最初に請求が来たのが不動産取得税。
結構な額の請求だったのですが、減免の説明書が入っていて、
住宅を新築するために土地を買った場合には税金が安くなるから、必要書類を持って申請に来てね」という意味の記述あり。

いつも思うのですが、税金関係の言い回しはよく読まないとわかりにくい。
今は「何か減免や控除があるのではないか」と思ってインターネットで検索することも出来るので、具体例なども知ることが出来て助かります。

土地取得後、3年以内に家を建てれば減免になるそうで、できたばかりの建物の登記事項証明書を持って県税事務所に行きましたよ。去年のうちに建物の登記が済んでいれば、最初から減免された額で請求されたはずなんですけどね。(建物分の取得税も請求されますが)

県税事務所というところに初めて行きましたが、恐ろしく丁寧に対応されて、登記事項証明書を見せて(コピーされましたが)減免の申請書に名前を書く程度で手続きは完了。10万円近く減額された新しい振込用紙をもらって帰りました。

私の場合は、不動産取得税の納期の前に建物の登記が出来ていたので、すんなり減免の申請が済みました。しかし、3年以内ということになると、当然家を建てるつもりでいても、土地の取得税の請求が来ることには家の形どころかHMなどとの契約もまだかもしれません。そういうときはどうするんでしょうね?延納の申請が出来るのか、一度満額支払って、後で払い戻しを受けるのか…

県税事務所の腰の低さは、このあたりの制度の「ややこしくてスミマセンね」という意識の表れだったのでしょうか。

Img_8045_2 九重の地鶏。

さっきエサやりした地鶏を思い出して、「あそこにいた鶏かなぁ?」とか言いつつ平気で口に運ぶうちの子どもたち。
ま、元の姿を知っただけで食べられなくなるよりはいいのかもしれませんが、あまりにあっけらかんとしていて拍子抜けしたというかびっくりしたというか…

2010年4月22日 (木)

九重へドライブ3 ~長者原と九重やまなみ牧場~

牧ノ戸峠から下りていくと、長者原に出ます。

Img_8104

前にドライブしたときは天気が悪く、駐車場からチラッと山並みを眺めただけで終わったのですが、今回は天気がいいので、ビジターセンターの裏にあるタデ原湿原の散策路を歩いてみました。

写真は散策路から硫黄山を望んだもの。
山(?)焼きされていて妙な感じです。

Img_8111 Img_8112 ミズゴケと、名前を調べきれなかった花。

緑が本格的になるのはこれからのようです。

Img_8130

長者原を散策した後は、九重やまなみ牧場に移動。

馬に乗れると聞いて、子供たちは一目散。

Img_8132

引き馬の順番を待つ間、しばしエサやりタイム。

Img_8137

小学生以上は一人で乗っていいんだそうです。

Img_8158

牛舎に行くと、生まれて間もない感じの子牛がいました。

訪れたときは、予約しておけば子牛の授乳体験ができると書いてありましたが、今公式サイトをみると、「口蹄疫流行の兆しに付き一般客の牛舎立ち入り禁止」のために中止になってるみたいです。

Img_8166

「べべんこ」でコロッケとビーフカレーを食べて、今回のドライブは終了。

2010年4月21日 (水)

九重へドライブ2 ~小松地獄から牧ノ戸峠~

Img_8051

途中、突然現れた菜の花畑にびっくりしたりしながら、筋湯温泉の近くにある小松地獄を目指しました。

Img_8071

こんな感じの「地獄」です。駐車料、入場料無料なので、別府の地獄巡りなんかよりは大変お手軽。ちょっと迫力に欠ける感じは否めませんが、こういう大地の底知れぬパワーを感じられるスポットは大好きです。

Img_8072 地獄の一角に、「たまご蒸し場」なる熱湯が沸き出している窪地があります。不思議だったのは、卵を売ってるわけでもないのに、卵を持ち込む人の割合が多いこと。

どうやら、隣の筋湯温泉に宿泊すると卵がもらえたりするらしいです。次に来るときは筋湯温泉に泊まるか、卵を持ち込むことにしましょう。

Img_8074

小松地獄から細い道を伝っていくと、やまなみハイウェイの最高地点である牧ノ戸峠に出ます。駐車場から少し歩くと展望台。

Img_8090

Img_8093_2目の前に見える九重連山だけでなく、北を見ると阿蘇五岳。

南を見ると由布岳の山頂を眺めることが出来ます。
さすが最高地点。

デジカメの画像にコントラストをつけても、目で見たほどには山頂がくっきり表現できないのが残念。

Img_8086

展望台に取り付けられた怪しげな装置。

Img_8089 裏に回ると、ドコモの携帯のアンテナでした。こういうアンテナが、山の安全と、ドコモのシェア獲得に役立っているんでしょうか。

ちなみに、私の持ってるAUは、ここでは余裕で圏外。

2010年4月18日 (日)

九重へドライブ1 ~町田バーネット牧場~

天気が良くなると聞いて、九重へ出かけてきました。

まずは、大分道を九重ICで降りて、町田バーネット牧場を目指しました。

Img_5237 豊後牛が食べられます。

焼き肉を頼んでもいいのですが、今回は九重”夢”バーガーで我慢。

そうは言っても、結構ボリュームのあるハンバーガーなのでこれで十分。

豊後牛の他は、花と、動物とのふれあいが楽しめるスポット。

Img_8001

芝桜は、これから盛りかという状況。背景の山もまだ枯野ですし、平地より少し春が遅いのかなぁという印象。

動物はいろいろいます。

Img_8002

何かくれるの?

と、ふれあいコーナーでは定番の、食欲たくましいヤギ君。
エサを買うまでもなく、周りの草をちぎって与えればいいので、安上がり子どもたちは楽しそうでした。

Img_8015

ポニーもいるのですが、近づいてくれませんでした。

Img_8022

地鶏(なぜかガチョウも一緒)を飼っているコーナーがあって、写真の鐘を鳴らしてからエサをやってくれと書いてあります。

Img_8018

実際に鳴らしてみると、遠くにいた鶏たちも駆けつけて来ます。
結構頑張って走ってきます。
動画でないのが残念。

Img_8025

カエデの新芽を見ていて、枝の分かれ目に付いていたタマゴのようなものを発見。帰ってから調べてみると、なんと「イラガ」の繭だそう。

イラガの幼虫にはさんざん痛い目にあってるので、これが繭と知ってちょっとゾッとしました。

2010年4月13日 (火)

トレインメジャー

息子向けの京都土産

Hi3e0203

メジャー大好きな息子のために、駅でN700系型のメジャーを購入。
ちなみに、息子はメジャーで長さを測るのが好きなのではなくて、メジャーを引っ張り出して、ボタンを押すとジャッと戻るのをやりたいだけです。

Hi3e0207

このトレインメジャーという商品、ガワが新幹線の形というだけではなくて、引っ張り出すと、東京から順に新幹線の駅名標が出てくるというのがポイント。

Hi3e0208

新大阪までJR東海の駅で、新神戸からはJR西日本になるのも、駅名標の色で一目瞭然。矢印などのデザインも、改めて見ると違うんですな。

Hi3e0205

よく見るとここだけ違和感。

三島だけ矢印が左向きで、隣の駅の表示も、駅名の並びと逆なんです。

タグに解説があって、「三島駅には右矢印の駅名標が存在しない為、三島駅のみ矢印は左を向いています」

なんで? ということで調べてみました。
(図はWikipediaから拝借)

Aitai_2 新幹線駅というと、両側に向かい合ってホームがあって、真ん中に通過用の線路がある「相対式」のスタイルが一般的。

Shima ところが、三島駅に限っては、外側に通過線がある「島式」のホーム。

なので、東京から順に下り線のホームを見ていったとき、三島だけは右向きの矢印がないということになるんですな。(京都のように、下り線に2面以上のホームがある駅は、左右いずれの矢印も収集可能)

子供だましの商品と思いきや、意外と「こだわりの一品」でした。

2010年4月12日 (月)

ついにCAZASキーでの締め出しが発生

土曜日、妻から電話がかかってきました
(正確に言うと、借りた携帯で電話してきたのですが)

「締め出された~」

帰宅したところで近所の人に話しかけられたそうで、CAZASのカードキーで玄関を開け、荷物だけ中に置いて玄関を締めたところでガチャン。鍵の入ったカバンも、カードキーをつけた携帯も中に置いてしまったのでアウト!

子どもたちも外で遊んでいて、中から開けてくれる人もおらず、見事に締め出されてしまったようです。

私が慌てて帰宅して玄関を開け、事なきを得ましたが、前に懸念を書いたことが現実になってしまいました。鍵を肌身離さず持っておくということが、普通の鍵以上に大切ですね。

話題変わって…

京都に行く用事があったのですが、帰りがけに見たこと

Hi3e0200

京都駅0番線に到着した485系「雷鳥」

新型の「サンダーバード」がほとんどになってしまった中で、数少なく残る国鉄時代を感じさせる特急。

Hi3e0202

山陽新幹線某駅で見かけたN700系

「のぞみ」がN700系なのは当たり前になってしまいましたが…

Hi3e0201

来春から九州新幹線に直通する「さくら」用編成の試運転でした。

ブラインドが全部降りていて内部が見えなかったのと、試運転を重ねているのか、決して「きれい」とは言い難い状態だったのがちょっと残念。

2010年4月 7日 (水)

テレビアンテナの向きが…

以前の記事で書いた、レビューするつもりの項目

  • ノコリーユECO(済)
    実家の両親にも驚かれた
    いつかは内部の洗浄がいるはず…
  • 光ファイバー&家庭内LAN(未)
    とりあえずは予定通り稼働
    IP電話とFAXの相性が今イチの点を検証中
  • CAZASキー(済)
    電池が切れるのがいつになるか…
  • エコカラットと檜貼り(未)
    梅雨時や夏を過ぎないと分からないでしょうね
    さすがに檜の香りは薄らぎました
  • キッチン(収納など)(未)
  • SPRINO&ソフトカラリ床(未)
  • 間取りについて(未)
  • テレビ受信の都合

テレビアンテナがどうなったか、うまい具合に写真がありました。

Img_6929

引っ越し前日にアンテナを設置してもらったところ。

地デジ用のUHFアンテナとBSアンテナの2つ。
皿倉山の方向にアンテナが向いています。
皿倉山からみると山影になるうちのあたりは、別の中継局にアンテナを向けているところが多いのですが、設置時に調べると皿倉山からの電波がもっとも強かったとのこと。

今はこの状態。

Img_7326

ずいぶん向きが変わってしまいました。

皿倉山にアンテナを向けた状態で、デジタルテレビでの視聴は全く問題なかったのですが、問題は未だにアナログなHDDレコーダ。皿倉山からの電波が強ければ、VHFを使っている局も入るかな、などと淡い期待をしたのですが映らず

HDDレコーダをすぐに買い換える理由もないので、アナログ放送もUHFを使っている別の中継局に向けてもらいました。ブースターの出力を上げたり、いろいろ調整をしてもらったようです。子どものお母さんつながりで、近くで電設屋さんをやっている方に頼んでいたので、無理を聞いてもらえました。

アナログ放送終了前に、デジタル専用のレコーダが出始めたらHDDレコーダを買い換えたいと思っています。アナログ終了後は、改めて皿倉山に向けてもらおうかな

…そういえば、HDDレコーダも調子悪くなってHDD換えたなぁ。かなり古い機種なので、詳細を書くのは控えます

2010年4月 6日 (火)

銀河鉄道

週末、出かけるためにモノレールを待っていると、

Hi3e0194

銀河鉄道999のラッピングを施されたのが向かいのホームにやってきました。

慌てて携帯で撮影。

Hi3e0195

北九州モノレールの開業25周年を記念したラッピングだそうです。

駅のホームじゃなくて、小倉駅から出てくるところを撮ったらもっと銀河鉄道っぽいかも。

999の編成そのもののラッピングじゃないからダメか…

北九州空港にもメーテルがいるので、松本零士と何かゆかりがあるのかと思ったら、「小倉で幼少期を過ごした…」とありました。出身地だったんですね。

2010年4月 3日 (土)

ド根性○○

Img_5127 4月になりました。

近所の公園でも桜が満開になっています。
川沿いのちょっと大きな公園には、花見客と思われる人たちが集合中でした。

Img_5129a Img_5130a

賑やかな鳴き声がすると思ったら、桜の花の蜜を求めて、ヒヨドリが来ていました。

この公園のすぐ近くにあるブロックを積んだ壁。

Img_5120

ブロックのすき間に雑草が生えてますが、

よく見ると真ん中に黄色いもの
(上の写真でわかりますか?)

近寄ってみると…

Img_5122 パンジーです。

2週間前くらいから咲いてるのに気づいていたんですが、ようやく写真が撮れました。

苗を買ってきて植えるのはちょっと無理な場所なので、去年どこかから種が飛んできたものと思われます。

原種に近いパンジーやビオラは、種をつけて勝手に増えます(交配して出来た園芸種の中には、花のあと種をつけないものもある)。元はスミレの仲間ですから、こういうところで育つのも比較的平気なのかもしれません。

一時期ド根性大根が有名になりましたが、これもちょっとした根性?

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

無料ブログはココログ