« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の17件の記事

2010年1月31日 (日)

まだまだ外構中

引っ越しして1週間経ちました。

Img_6950

室内はかなり落ち着いたと思うんですが、外は、玄関前がまだこの有様。

このように真砂土を入れた後、上をならして固めるところまで済んだので、このエリアは小マシになりました。でも、駐車場などはコンクリートも入っておらず、外構屋さんの資材置き場にされ、自分の家なのに車が停められない状況が続いています

Img_6951 Img_6952

一通り外構が片付いてくれないと、倉庫(この部分だけ先に土をならしてもらって入れました)の回りに置いてあるプランターとか、片隅に所在なく置いてあるエアコン室外機とか、こういうものの置き場が確定しません…

Img_6953

一応完成しているのがウッドデッキ。ちょっと狭めですけど、眺望の良い北側でたまには外でお茶でも… なんてことに使うかな?

Img_6954

隣地との間の通路と、フェンスに設けた扉があって、扉から入って階段を上がるとキッチン横の勝手口に通じるようになってます。ここも土がちゃんと入らないと歩けません…

2010年1月27日 (水)

外構工事はまだまだこれから

引っ越しから数日。

Img_4579 室内のほうはだいぶ落ち着いてきましたが、外はまだまだ。アプローチですらこれからです。

道路(駐車場)レベルから上がっていく階段もまだこの状態。段の上面の処理をすれば完成のはず。

階段の左側(板が置いてあるところ)は自転車を押し上げるためのスロープになる予定。

Img_4580

階段を上がって玄関ポーチまでの間。板に沿ってコンクリートを流すのでしょうか…

Img_4572

ウッドデッキを施工中のところ。

写ってないですが、右側でフェンスを1カ所切って扉を付け、そこから入るとウッドデッキに上がる階段、階段を上がったところが勝手口という作りにしてみました。

境界が迫っていて、ここはウッドデッキに一度上がらないと通り抜けられません

2010年1月24日 (日)

(一応)引っ越し完了

ようやく落ち着きました。

とはいえ、まだ段ボールだらけですし、外構がまだまだですが…
(アプローチの階段が整備されてないおかげで、電気屋さんや引っ越し屋さんには苦労させてしまいました)

23日は朝から荷造りの仕上げをしつつ、自分で運んだほうが早い小物をせっせと運搬。
私の主な仕事は、手持ちの照明を移設することにした部分の移行作業、

こんな日に限って一番下の息子は嘔吐。
幼稚園で流行っている風邪の模様。
幸い昼には回復して、姉と一緒に両親の家へ行ってくれました。

昼前に電気屋さんが来て、新しい洗濯機と冷蔵庫を搬入。
返す刀で前の家から古い洗濯機と冷蔵庫を回収してくれました。

午後は引っ越し屋さんが来て作業は本格化。
ごくごく短距離ですが、トラックに積み込んで移動です。

Img_6945 そして夕方近く、光ファイバーの敷設に来られました。

電気の引き込み口の下に電話線用の引き込み口が作ってあったのですが、まずはそこにアンカーを打って壁にファイバーを固定。

呼び線入りのチューブが通してあったのですが、「呼び線はまた何か通す必要が出来たときに使えば…」ということで、外からグイグイ押し込んでいきます。

Img_6947 首尾良く対角線にある書斎コーナーにファイバーが届きました。

写真は余分なファイバーをさらに巻き取っているところ。

その後は室内側で終端装置や光電話アダプタを付けて開通完了。

まだまだ片付けが必要ですが、家電の搬入・ネットや電話の整備なども予定通り済んで、まずは一安心です。

2010年1月22日 (金)

引っ越し前夜

いよいよ明日は引っ越しです。

Img_4560冷蔵庫にいっぱいくっついていた付箋やらマグネットやらが外され、食器棚は空っぽ。段ボールに囲まれて過ごしています。

この冷蔵庫は、結婚以来10年使ったもの。一昨年、引っ越した直後の夏にトラブルがあり、その後もコンプレッサーの音がうるさいので、今日でお役ご免。お疲れ様でした。

Img_4567

携帯にミニ版のCAZASキーを付けて、明日以降の生活に備えました。

明日の夕方、光ファイバーの工事が手配してあるのですが、もしトラブったらしばらく更新が出来ないかもしれません。

2010年1月21日 (木)

ようやくノコリーユECOがついた

引き渡しから引っ越しまでの間に、出来る準備はしていかないといけません。

Img_4556 幸いご近所なので、エアコンなど移設に手間のかかるものの引っ越しを先行させることが出来ました。

右は、前のマンションに入居したときに購入したシーリングファン。今の借家に付けるかどうか迷ったんですが、少し経ってから近所の電気屋さんに頼んで移植。そして、今回は他の家具に先んじて引っ越し。晴れて安住の地(?)を得たはずです。

カーテンも付いて、いよいよ本当に住めそうな感じになってきました。

Img_4558

エアコンもこの時期ほとんど使わないので、先に引っ越し。
家具を入れてから壁に穴を開けたりすると意外と大変です。

Img_4559

同じく子供部屋にて。
こんなふうに大の字になっても広々なのは引っ越しまでですよ。

Img_4557

結局引き渡し日に間に合わず、ようやく付いたのがノコリーユECO。
この配管の活躍やいかに。

Img_4553

中は引っ越しを待つばかりになりましたが、外はまだこの状態。

二人作業をされているところがアプローチの階段になる予定。

ここが出来てくれないと(少なくとも荷物が安全に通せるくらいにならないと)引っ越しもままならないんですけど…

2010年1月20日 (水)

引き渡しの日

この日がやってきました。

Img_4552

私は仕事を抜けられず、妻が鍵を受け取ってきたのですが、なんと桐箱入り

手前右から、CAZASのカードキー、玄関&勝手口共通の鍵、サムターンの予備(サムターン回しを防ぐため、外せるんです)

桐箱の中にあるのは携帯ストラップ状のCAZASキー。カバンをゴソゴソしなくても家に入れます。

外構は、土留めのブロックが積まれましたが、アプローチの階段がまだ。
引っ越しの日、どのような状態なのか…

2010年1月18日 (月)

外構が始まったけど… 間に合わないな

これは16日の写真ですが、本体部分はほぼ完成となり、外構工事が始まりました。

Img_6911

玄関へアプローチする階段部分の土をユンボでかき取ってます。

Img_6926隣地との境界にブロックを積み、フェンスを作る準備がしてあります。(ここは隣地が共有地の通路になってます)

現在隣地が空き地なこともあり、ほぼ全周にわたってフェンスを張ることになるのが、コスト的には結構な負担になってしまいました。

HMの仕事は本体と給排水までで、このような外構は直接的には無関係(代金はHM経由で支払いますが)。

引っ越しまでにはとうてい完成しないのですが、HMとしては「引き渡し可」「引っ越しもご自由に」になるんですよね。ちょっと違和感。

Img_6913

内部は照明も付きました。
奥のリビングのところには、今の家からシーリングファンを移設する予定。

Img_6917

電気工事が終わってるので、ちゃんと風呂場の明かりも付きます。
トイレの便座の暖房がONになっていたのは「もったいない」とOFF

ユニットバスがらみで、ノコリーユECOの配管が出るべきところが、キャップでふさがれた状態になっているのを指摘すると、建築士さん「将来に備えた配管じゃないんですか?」。イヤイヤ、洗濯機に残り湯くみ上げるのに便利だからって、TOTOのカタログ示して説明したじゃないですか。営業氏とのやりとりの記録に、ノコリーユECOを発注したことが書いてあったので、大至急手配して貰うよう強くプッシュ。

もともと「売り」にしているところとか、先方から提案があったものなんかは、こちらの期待以上の出来だったりするんですが、こちらから頼んだこと(先方の経験が少ないこと)に関しては意図がうまく伝わってないなーと改めて実感。

引っ越してからになってもいいです。ちゃんと付けば。

2010年1月16日 (土)

西鉄貝塚線 ~都会の中のローカル線~

外構の工事が始まったようなのですが、アップする写真がないので、少し前のネタを。

年末の某日、福岡の天神に出かけるべく電車に乗りました。

Img_6650

まずは小倉からソニックに乗ります。

Img_6654

博多ではなく手前の香椎で降りて、向かったのが西鉄香椎駅。

地図で確認していただくと分かりますが。すぐ近くです。
なぜここへ向かったかというと…

Img_6662

九州最大の都市である福岡市郊外を走る「2両編成の電車」が気になったから。

前に家族で”かしいかえん”に行ったときに見かけたからなんですけどね

調べてみるとJR鹿児島線と並行している区間もあるし、地下鉄とも接続しているし、ということで、いちどこれを経由して天神に行ってみようと思った次第。

Img_6661_2 この電車、かしいかえん付近では地平を走っているのですが、西鉄香椎駅は2006年に高架駅になっています。

出発信号も最新のLED式。でも2灯w
前の写真のとおり単線だから。

このミスマッチがいいですね。

駅周辺はまだ再開発の途中という感じで独特の雰囲気があったのですが、駅の遠景を撮り忘れてしまいました。

Img_6664

西鉄香椎駅では対向列車のすれ違いがあるのですが、きれいな高架駅で、2両編成の電車が交換するというのは違和感ありますね。

だがそれがいい。

Img_6670

交換シーンを撮影した後、福岡市地下鉄と接続する貝塚駅へ向かいます。

これは、地下鉄側の改札を通過後で西鉄側を見したたところ。
線路はつながってないのですが、改札が向かい合っているので、乗り換えはそれほど大変ではないと想像します。

Img_6671 福岡市地下鉄は貝塚を出るとすぐに地下に潜ります。

左の写真のぽっかり開いた穴に吸い込まれて行くわけですね。

2010年1月15日 (金)

完成検査を受けたらしい

Img_4510 昨日(13日)は各地で大雪で大変だったようですが、我が家でもこの冬2回目の雪だるまが作られました。

この間の雪だるまよりずいぶん大きい。

Img_14546

粉雪が舞う中、新居の玄関側から1枚。
玄関の養生が外れるとこんな感じ。
サッシの「ガラス注意」のシールも取れました。

Img_24537

ベランダからみると、まだ結構な雪化粧。
職場では、今日も凍結して出勤が大変だったという同僚も。

Img_34539

室内も養生が取れました。
寝室隣の書斎コーナーに付けたカウンター。

ここは俺のもんだー

Img_44534

子供部屋は床材をナチュラル(無着色)にしたのと、扉を白にしたのでずいぶん明るく見えます。

右上の小窓は、廊下の明かり取りか、はたまた子供部屋の監視用か

Img_54528

和室はこんな感じになりました。
白木に比べて床柱の黒いのが目立つなー
そのうち馴染むでしょうが。

引っ越したら早速おひな様でも飾りましょうかね。

Img_64533

リビングからダイニング・キッチンを望む。
出入り口は引き戸にしたので、夏などは開け放てます。
キッチンとの間は微妙に目隠しを入れました。

Img_64532 逆に、ダイニング側から。

カウンターを作ったのですが、果たして当初のもくろみ通りここで誰か勉強したりするのか…

よく見ると、まだ照明がついてないのが分かります。

この状態で、市の完成検査があったということです。

17日に完成時のチェックと設備の説明があるのですが、私自身はそのときまで内部を見ることができなさそうです。

2010年1月11日 (月)

電気がつながった!

休日の朝でしたが、玄関チャイムが鳴り「電気の工事をしますので」というご挨拶がありました。(現在の)我が家の前で工事をするということは、奥にある新居への接続工事に違いありません。

Denki1_2 どうやらビンゴ。

一軒分にしてはずいぶんたくさんの本数の電線が用意されていて、それを新しく張られた支線に沿わせていきます。

新居への配線だけでなく、通り沿いの数件への配線も、この新しいルートへつなぎ変えられていきました。

後で聞くと、架空距離が長いところがあったので、ついでに張り直して整理したとのこと。

Denki2_2 Denki3

昼食後に見たら、接続完了していました。

ブレーカーを上げたら室内のコンセントも使えるそうです。

Gas1 Gas2

ガスのほうもメーター接続済み。

給湯器も、なぜか下半身丸見えのままですが、パイプ類は接続完了の様子。

出初め式を見に行ってきました

小倉駅北側のフェリーターミナルで行われた、消防出初め式に行ってきました。昨年からこの場所でやっているようですが、ここのフェリーターミナルは日中の発着がなく、駐車場などの土地は遊んでいるわけです。小倉駅から歩いていけるので、悪くない場所だと思います。

Img_6828

Img_6831 まずは定番の梯子乗り。
門司の消防団の方々です。

梯子の上でのポーズが一番きれいに決まっていたのがこの方。

女性だけの組もありました。(上の写真で赤ハチマキの梯子がそうです)

Img_6836

お次は昔の手動ポンプを持ち出しての放水デモンストレーション。

Img_6839_2

オッと、こんなホースではいけませんな いざというときにちゃんと使えるよう、点検やメンテナンスが大切です。

Img_6855

本日のメインイベント、関西汽船全面協力(?)の救助訓練。
訓練用に組んだ櫓とか、そのへんのビルではなく、現役のフェリーを使ってるところがすごいです。これにはびっくりしました。

停泊中のフェリーの油漏れから出火して、負傷者あり。
ヘリまで出動して緊迫の現場。

Img_6850

有毒ガスの立ちこめる中へ、防護服を付けた隊員と、作業車が入っていきます。
(検索してみると、開発中のレスキューロボットとのこと)

Img_6860

お、こんな所にも要救助者が!

「早く助けてー!」

…ではなさそうな中の人の表情

Img_6863

担架を直接おろす、ロープで降下させる、他にははしご車で高所から降ろすなど、いろんな方法で救助が進められます。

Img_6866 ヘリに釣り上げての救助が見せ場の一つ。

ヘリは最初映画のワンシーンのように登場してとってもかっこよかったのですが、あまりに突然で(それがニクイ演出なのですが)、写真に収めることができませんでした。残念。

Img_6876_2

仕上は纏(まとい)の演技と大纏への一斉放水。

寒そうです。

2010年1月10日 (日)

簡易リクライニングシート体験

Img_4482 所用があり新幹線で出かけました。

久しぶりにレールスター。
(さりげなく、EX-ICを使って乗ったこともアピール)

4人掛けシートですので、快適に過ごせると思って座ったら
…何かおかしい。

背もたれに寄りかかると抵抗無く倒れてしまうのです。体を起こすと背もたれも戻る。

昔体験した簡易リクライニングシート(もたれかかったときだけ少しリクライニングするけど、その状態で固定ができないシート)を思い出しました。

まぁ、そんなに力をかけなければ倒れないし、寝るわけじゃなく資料に目を通したりして過ごすから大丈夫かな、と思ったのですが、意外と辛い。背もたれに寄りかかれないと必要以上に腹筋や背筋を使うのですね。5分で「もうイヤ!」

耐えきれなくなった頃に車掌さんが通ったので、シートの調子が悪いと事情を説明し、空いている席へ案内してもらいました。車端だったので調整席か。

約30分後、通りかかった車掌さん曰く、
「シートを回転させた時、しっかりロックされてなかったみたいです。とりあえず直りました。元の席に戻られますか?」
もう一度席を立つのも面倒なので、そのまま調整席で行くことにしましたが、わざわざ案内をありがとうございました。

座席の回転が完全でないとリクライニングの異常が起こるというのは経験が無くびっくりしましたが、回転させるペダルを踏んだら、リクライニングが自動的に戻るように設計されてるのかな?と理解。

万一リクライニングの異常を感じたら、座席の回転がちゃんと行われているかチェックすることにしましょう

2010年1月 7日 (木)

今日は小ネタ集

いろいろと設備関係が充実してきています。

Img_6801

玄関ポーチのタイルと、その回りの基礎の表面を仕上げ中。
外構がまだなので、家だけ浮いてる感じですが…

Img_6809

外部の立水栓はコンクリートが固まるのを待ってるところ。

Img_6803

壁のスイッチって、蓋をする前はこんな感じなんですね。

Img_6808

1階トイレは小窓付き。
照明はまだですが、手洗い、タオル掛け、ウォシュレットのリモコンなど設置済み。
渦巻き模様が分かるかなぁ…

Img_6802 和室の真ん中にこんな穴があるとは…

床下の点検口はキッチンのところ(床下収納兼用)だけと思っていました。覚えておかないといけませんね。

2010年1月 6日 (水)

洗濯機の排水口を巡って

今回の新築にあわせて洗濯機を買い換えることにしました。
ようやく購入する機種が決まった頃、持ち上がった疑問が、

「洗濯機スペースは決めたけど、排水口ってどこに付くの?
防水パンはどうなるんやろ?」

以下、営業担当氏に電話したり、電気屋さんと話した内容
(時系列ですが、時間はとんでいるところもあります)

営業氏「一戸建てで防水パンは普通ないですね。うちも付けてません。排水口の位置?洗濯機の真下あたりに来るように既に開けてあるはずです」

電気屋真下ですか… ハウスメーカーさんは見栄えというか排水口を隠そうとして真下に付けたりするけど、真下に排水しようとするとホースの曲がりが不自然になるので、使ってるうちに水漏れとかあるんですよ。今からでも頼めるのなら防水パン付けた方がいいですよ」

営業氏「防水パンは付けられるようですけど、既に開けてる穴が残りますね。詳しくは工事担当から」

工事担当「うちで付けてる排水口は洗濯機のホースと直結するから、漏れて困ったという話は聞きませんね。集合住宅では階下への水漏れが問題になるんで防水パン付けるんですけど、一戸建てだとまず付けません。排水口の位置ですか… 図面には載ってないので、現場で確認していただくしか…

妻が現場を見に行ったとき、水道屋さんがちょうど作業をされていて、排水口について説明してくれたそうです。

Img_4469水道屋「これ(右の写真)はホースとしっかり接続されるので、水漏れは大丈夫ですよ。あー、洗濯機の真下に排水口付けちゃうのはやっぱりまずいですね」

結局、洗濯機スペースの左隅に写真のような排水口が設置されておりました。施工業者の話が聞けて安心したのと、電気屋さんの懸念する「真下排水口」でなかったのでヨシとしましょう。

PS.洗濯機のカタログには、「乾燥機能付きの洗濯機は内部が結露することがあるので防水パンの使用がお勧め」と記載がありました。PL法の関係もあっての記載と思われますが、メーカーの記載だけにちょっと懸念が残ります。

2010年1月 5日 (火)

今年の仕事始め

私自身も4日は休みで、今日が仕事始めになったのですが、現場も今日から作業再開でした。

屋外の給排水管の工事が始まりました。

Img_4465

Img_4464 上の写真は、雨水の排水管が自宅前の側溝につながるところ。

そこから敷地をぐるっと排水管が回り、何カ所かに雨水マスが設置されます。

左の写真の壁面には、ガスメーター用の配管が準備されています。

Img_4466 地面を掘るのに小型のショベルカーが大活躍。

運転席に乗せてもらって大興奮の息子

正直、うらやましい

(もちろん、エンジンは切ってあります)

Img_4471 室内では、洗面台が入っていました。

洗面台の後ろが2階トイレへのパイプスペースになっているのですが、洗面台の幅とちゃんと合わせてあります。

収まりの良さがGood

2010年1月 3日 (日)

ときわ公園でペリカンと戯れてみた

正月休み、子供たちを放牧すべく、家族(両親と弟一家を含む)で出かけたのがときわ公園

Img_6751

ここで元々有名なのは常磐湖にいるハクチョウたちなのですが、

(これは逆光で影になってるわけじゃなくて、コクチョウです

Img_6757

湖畔はユリカモメの群れに占拠されていました。

Img_6761

ハクチョウの餌としてパンくずを売っているのですが、それを放ってもごらんの通り。ほとんどカモメたちがキャッチして横取りしちゃいます。

もっとえげつないのは、たまにカモが餌をくわえたりすると集団でそれを追い立てること。

カモメのナイスキャッチも楽しいといえば楽しいのですが、まったりとハクチョウに餌をやりたいのなら、カモメがいなくなる春以降でないとダメそうです。

Img_6773

さて、ときわ公園でもうひとつ有名なのがペリカン。

カッタ君が有名でしたが残念ながら死んでしまいました。

ペリカンは飛べる状態で放し飼いにされており、ハクチョウなどのいるところとは離れた「ペリカン島」を拠点にしています。

上の写真は、一羽がどこからともなく飛んで戻ってきたところ。

Img_6775

と、見ているうちに、ペリカン島を飛び立った一羽がこちらへやってきました。

続けてもう一羽。

Img_6776

あまりに近くを飛ぶもんだから、フレームに収まりませんでした

Img_6788 2羽そろって、人目も気にせず毛繕い。

かなり人には慣れている様子。

少し頭をなでるくらいは平気でした。

ただ、目の前に立つと威嚇なのか「遊んで!」なのか分かりませんがくちばしを広げて声を上げます。

Img_6785

調子に乗って手とか袖をかませてみましたが、いわゆる「あまがみ」みたいな感じでした。本気の威嚇や攻撃ではないと思います。

#マネはお勧めしません。特にお子様。

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

最初の目標の、年内完成はかないませんでしたが、

完成日・引っ越し日も決まり、準備に追われています。

外構もまだ始まっておらず一抹の不安はあるのですが、
カウンターを引っ越しまでのカウントダウンに変更してみました。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

無料ブログはココログ