« 住宅ローン減税vs固定資産税 | トップページ | 呉へドライブ2:大和ミュージアム »

2009年12月 7日 (月)

呉へドライブ1:てつのくじら館

日帰りで呉へ出かけてきました。片道200km強。

突如そのような計画をすることになった理由は、例の事業仕分け。
そこで話題になったのが、

1_4

通称、てつのくじら館

1_1

JR呉駅の南に車を進めると、目の前にこんなものが現れます。
平成16年に退役した「あきしお」を引き揚げて、展示してあります。
たしかに、くじらが陸に上がったらこんな感じかなぁという外観。

1_3 引き気味の写真だとあまり大きく見えませんが、こうやって子供達が尾翼(?)に掴まろうとジャンプしても届きません…

じゃなくて、大きさを比べてくださいませ。

ちなみに、後ろの建物はゆめタウン呉。ここの駐車場か、隣接する大和ミュージアムの駐車場に車を停めることになります。
JR呉駅からも歩いてすぐですから、電車でもOK

1_5

館内に入ると、最初は機雷を除去する掃海活動の展示があります。
この写真は機雷の一種。

1_6

魚雷も展示されていたりします。

1_7

いよいよ、「本物の潜水艦」の中に入ります。

1_8_2 狭い艦内で、唯一個室を割り当てられるのが艦長だそう。それでも狭いですね。

「沈黙の艦隊」とか「レッドオクトーバー」の艦長は、もっと立派な艦長室に居たように思いますが、日本の通常型(ディーゼルエンジンを積んだ)潜水艦に比べて、原子力潜水艦はさぞかし立派なんでしょうか…

1_9

意外なことに撮影自由だった司令室。
(他のブログで、混雑時に撮影不可になるという情報あり)

他の乗り物と違って、外が見えない状態で操縦することの困難さとかプレッシャーは、私の想像を超えます。

1_a 面白いのは、2つある潜望鏡が生かしてあるところ。

動かすことは出来ませんが、覗くと、呉港を行く船が(運が良ければ)見えます。

事業仕分けで問題になったのは、この史料館が「無料」で公開されていた点だったと思います。

自衛隊の情報公開や広報活動は大切だと思いますし、うまく宣伝すれば私のようなものが訪れることも増えるわけです。(言い出したのは実は妻なのですが…)

事業をつぶす方向ではなくて、数百円程度でもとっていいので、こういう施設を生かすように考えて欲しいと思いました。

« 住宅ローン減税vs固定資産税 | トップページ | 呉へドライブ2:大和ミュージアム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呉へドライブ1:てつのくじら館:

« 住宅ローン減税vs固定資産税 | トップページ | 呉へドライブ2:大和ミュージアム »

無料ブログはココログ