« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の21件の記事

2009年12月30日 (水)

エコカラット施工中

今日はさすがに作業をされていなかったので、昨日の話ですが…

Img_6636

スクリーンを入れるために壁を出した部分に対応するため、基礎にコンクリートブロックが追加されていました。(今日もこの状態だったので、最終的な仕上げは年明けのようです)

Img_6639

玄関から入ってみると、玄関ホールの突き当たりのところにエコカラットが入っていました。

Img_6641 拡大するとこんな感じ。

室内用のタイルですが、壁面に変化を付けられるだけじゃなく、吸湿性とか、においを軽減できるとか、そういう効果が期待できるそうです。

汚したときにサッと一拭き、というわけにいかないのが、子供がまだまだやんちゃな我が家には鬼門となる可能性もありますが…

Img_6642

リビングはちょうど貼り付けている最中でした。

玄関ホールはダウンライトを当てたときに陰影で雰囲気が出るようなものを選択。リビングは機能性優先で、あまり目立たないものにしました。ぱっと見は、壁紙の色を少し変えた程度です。

Img_6643 2階に上がってみると、トイレが中途半端に設置された状態。

滅多に見れない状況なので思わず写真を撮りましたが、このままで終わられたら泣きます

2009年12月27日 (日)

キッチンが入った!

日曜日にもかかわらず、今日もクロスを貼りに来られていました。
明日までの予定だそうで、ぱっと見8割方は終了している感じ。

Img_6623

2階トイレ。
子供部屋とトイレは、少し柄の入ったクロスにしました。

Img_6624

同じく2階トイレ。
上の写真の棚と、この写真の棚(小物置き)は、棟梁と現地で相談しながら付けてもらったもの。このような最初の図面にない棚がいくつかできてます。

Img_6598

さて、本日の目玉。

Img_6621 キッチンが入っておりました。

吊り戸棚と下部収納のパネル色が違うのは妻の趣味。

妻が所望した(トステムを選んだ決め手になった)レンジ横の収納棚もちゃんと入ってます。
経緯はこちら

引き出して記念撮影

Img_6632

いつもは塀の上で見る程度の猫(たぶん野良)が、気づいたら室内を覗いていました。

ゲームでベンチマーク

ロールケーキプレイングゲーム: ココログゲーム広場

ブログを置かせてもらっているココログが公開している、ブラウザ上で楽しめるゲームです。同じ種類を3つ以上並べると消える、というよくあるゲームですが、落ちてくるのはロールケーキ!。時間を競う要素がないので、誰でもまったりと時間つぶしができるのがよいです。

このゲーム、真ん丸じゃないロールケーキの転がりとかバウンドを、ちゃんと計算してるみたいなんですよね。そのためか、今まで使っていたPCだと、ケーキが積み上がってきたときに、落ちる速度が遅くなったり、バウンドが収束するまでに時間がかかりすぎたりしていました。

具体的には、

  1. 約4年前購入のPentiumM 1.6GHz搭載のノート
    ケーキが真ん中くらいまで積み上がると落ちるのが遅くなり始める
  2. この間壊れた、3年前購入の(2の付かない)CoreDuo(クロック失念)のノート
    落ちる速さは変わらないけど、最後の最後になるとバウンドが収まるのに時間がかかる
  3. 1より古くて、Pentium4 2.4GHzを使って自作したデスクトップ
    意外と健闘して、2と同じくらい
  4. そして今回購入したCore2Duo 2.4GHz搭載のノート
    最後まで違和感ないのはさすがです。

単純にCPUの能力の違いを反映してるわけではないと思いますが、それなりにPCの能力の違いが現れていると思います。

3Dゲームがストレスなくプレーできるかどうかを判定するベンチマークソフトの点数が、自作PCの性能比較などに使われたりしています。3Dゲームとは違いますが、ブラウザで簡易的にPCの性能チェックができるゲームということでお試しあれ。

最後まで「落ちる」「転がる」に違和感がなければ合格

2009年12月25日 (金)

タイルと壁紙

23日に撮影した家の写真。

Img_6536

玄関では、タイルを並べて目地の処理中。

Img_6538

Img_6537 (上)階段を上がったところの壁には、アクセントにガラスブロックが埋め込み済み。

(左)キッチンに作ってもらった棚が塗装されてました。

石膏ボードの継ぎ目などに、目止め材が塗ってあります。これをしないと壁紙に余計なデコボコができてしまうのだとか。

Img_6587

リビングをみると、化粧梁が塗装されて、すでに壁紙が貼ってあります。

Img_6563 冬に動物園に行くと、動物の姿が暖かい時期とは違います。

タヌキは丸々と肥えて、いかにもタヌキ、な格好。Img_6566

南方系(?)のお猿さんたちは、寒いのに弱いのかヒーターの前から動きません。Img_6574_2

ワオキツネザルは、みんなで固まっちゃってます。

2009年12月23日 (水)

到津の森公園へ行ってきました

Img_6586 昨日気の早いサンタがくれた買った、SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMをぶら下げて、到津(いとうづ)の森公園へ出かけてきました。

少しパラッと降られましたが、今日は風もなく暖かめで、動物園へ行くにはまずまず。

旭山動物園の成功をうけて、多くの動物園が取り入れつつある「行動展示」ですが、到津の森もそういう展示を増やしてきています。

Img_6546

まずは、岩山をつなぐ橋を渡るヤギさんたちがお出迎え。

橋の下には、「ウンチに注意」「ヤギが渡っているときは手前で待つように」の表示あり。

Img_6555

前に来たときも、レッサーパンダを通路の下から眺められるようになっていましたが、バージョンアップしていて、今は上から見ることも可能。

Img_6558

盗難騒動もあったプレーリードッグ。ガラス越しですが近くで観察できます。

干草をせっせと集めて、巣穴に運んでいる姿がかわいらしいです。地面の下の通路とか、ねぐらも公開中。

飼育員が敷き詰めてやるんじゃなくて、こうして干草を外で与えることで、自ら巣作りをするところを見せる意図なんでしょうか。
意図はともかく、とにかくかわいいです

Img_6569

象のえさやりができますが、小学校が精一杯手を伸ばして、ようやく象の鼻に届く程度の距離。

もうちょっと近ければ、とも思うのですが、近すぎて象が観客の荷物をヒョイッと取っちゃったりしてもまずいですよね。お互いに手と鼻を精一杯伸ばして届く、この距離が多分ちょうど良いのでしょう。

Img_6573

トラが水を飲む姿はネコと同じだ、というのは今日の発見。

Img_6578 新しいレンズの性能(特に手ぶれ補正の効き具合)を実感できるような場面はほとんどなかったのですが、マクロ性能をいかして右のような写真は比較的容易に撮れます。

小さな鳥かごの中のキバタン君ですが、テレ端で金網にレンズをくっつけるようにして撮影したものです。離れて撮ると、金網がもっと目立ってしまいます。

最後に、クリスマスの存亡にかかわるスクープ。

Img_6559

「おーい、もう一軒いくぞ

「先輩、もうダメですぅ

イブを控えているのにもう忘年会でしょうか?
明日、彼らはちゃんとプレゼントを配って回れるのか、
心配になってしまいました

どう見てもクリスマスプレゼントだよな…

(既に日付が変わってしまいましたが)
今日届いた荷物が2つ。

Img_4332

下のDELLの箱は、起動しなくなったパソコンの代わりに購入したもの。

上のは、デジカメ用の交換レンズ。

SIGMAの17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMです。新製品。

Img_4333

左が、愛用していた(OS, HSMのない)17-70mm F2.8-4 DC MACRO。比べると使い込んだ感じがありますが、広角側で撮るのが好きで、あとはたまに虫とか花とかを撮影したくなる私にはそこそこ寄れてちょうどいいレンズでした。

しかし… 1ヶ月前から、撮影後に絞りが開放に戻らない現象が多発して、使用に耐え難くなってきたのでした。

修理に出すくらいなら別に使い勝手の良いレンズを探そうかと思っていたときに見つけたのが、ズームの範囲が同じで、OS (Optical Stabilizer =手ぶれ補正機能)とHSM (Hyper Sonic Motor =超音波モーターによるオートフォーカス)の付いた新製品。

前のレンズの物足りないと思っていたところを上手く補っていますし、これは買いでしょう。と、早速購入。

Img_4334

とりあえずEOS Kissに付けてみたところ。

前より胴の部分がちょっと太いので、あまり似合わないな…
フィルター径は両者とも72mmで同じなんですけどね。

使用感などはまたいずれ。

Img_4336

パソコンのほうも早速セットアップして、webとメールが使えるようにして一安心。

右のネットブックは、またサブに格下げです。

最初の写真に戻ります…
レンズもパソコンも必要に駆られて買ったものなんですけど、この時期に届くとクリスマスプレゼントにしか見えないですね

2009年12月21日 (月)

左官さんの仕事が始まった

前回貼ったものからなのですが、このアングルの眺めに一つ変化があります。

Img_6521

手前にあった資材小屋が撤去されました。

棟梁の仕事が終わって、木やボードといった資材を仮置きする必要がなくなったのと、今後は外構をしていくからですね。

週末は外構を担当する会社の方と打ち合わせをしました。
玄関方向ではなくて、アプローチしてきたときに正面になる、この方向を意識して表札とか門柱をどう配置するか、ということなどを検討。

久しぶりにタイルなどのカタログと格闘して疲れました

Img_6532

左官さんが来て玄関ポーチの仕上げを始めました。

この上にタイルが来るはずです。

Img_6530

基礎のコンクリートはこうやってお化粧の途中。

2009年12月19日 (土)

棟梁お疲れ様でした

Img_6508 日本海側を中心に大雪に見舞われた週末。

当地では屋根などに少し積もった程度でしたが、早速小さな雪だるまがお目見えしました。

Img_6510

完成間近となった我が家も、初めての雪化粧です。

Img_6524 中のほうは、今日で棟梁の仕事が一段落。

仕上げに、作業の邪魔になるため、今まで取り付けができなかったことをされていました。

例えば階段の手すり。

Img_6517

2階に上がると、子供部屋のドアが入っていました。

ドアがカワイイと喜ぶ娘。
ベッドはココ、机はココと、楽しそう。

Img_6513_2

1階の天井も仕上がりました。

リビングは化粧梁を出してもらいました。
梁がアクセントになるのと、天井が高くなる分、部屋を広く見せる効果あり。

Img_6515 前回途中だった台所の棚。

綺麗に収まっていました。
サイズを確認したところ、収まるべき家電はちゃんと収まるようで一安心。

棟梁、本当に長い間ありがとうございました。

クロスを貼ったり、外構をしたりとか、完成までにはもう少し作業がありますが、引っ越しのスケジュールも決まって、「いよいよ」という実感が湧いてきました。

2009年12月17日 (木)

檜板シリーズ&台所の棚

Img_4323 室内の大工仕事はだいたい終わりのようで、棟梁の仕事も今週いっぱいとか。まだまだ大工仕事を見ていたい気もするのですが、いいかげん完成して貰わないと困るわけで、複雑な心境です。

前に和室の天井に檜板が貼ってあるのを紹介しましたが、他に檜板貼り仕様にしたところも、ほぼできあがってきました。

まず、右の写真は2階トイレの腰板。

上半分は普通に壁紙になります。

Img_4290

ウォークインクローゼットは思い切って全面檜貼りです。

Img_4289

子供部屋は変化を付けるために1面だけ檜貼り。

檜板は、吸湿などの機能を期待するのが主なんですが、絵とか写真を貼るコルクボード代わりにも使えそうです。

Img_4285 Img_4286 最後に、レンジ台代わりにキッチンに作ってもらう棚です。

左は下側の棚。この上にオーブンレンジと炊飯器が収まる予定。

レンジが収まるその上に、天井に付けるようにして右の写真の棚を取り付けて貰います。

一番上の部分を収納に使うか、神棚を置くかが懸案事項の一つ。

住居表示が決まりました

家に必要なものの一つが住所。
土地の取引とか建築確認には住居表示とは異なる地番しか出てきませんでしたので、新居の住所(住居表示)がどうなるのか気になってました。

建物が完成間近になって、区役所に申請に行くと決めて貰えるそうで、HM担当氏が持ってきてくれたのがこれ。

Img_6506

完成した時点で門柱などに貼ってくださいということで、コンクリートボンドのサービス付き。
…そういえばこれを貰うのにいくらかかるのかは、HM任せで聞いてません。もしかして無料?

これで、ようやく新住所が書けます。
まずは年賀状の作成と、光ファイバーの申し込み。

昨日救出したHDDは、ざっと中身の無事が確認できました。

バックアップはとっていたつもりなんですが、「たまに」じゃダメですね。あやうくデジカメのデータが数ヶ月分消えてなくなるところでした。

以下、私見や反省。

  • HDDの交換方法は知っておいて損はないです。取り出した状態のHDDにアダプタ(ケース)を付けて、USBでPCに接続できるキットが売られていますので。
  • デザインとか、好みのメーカーなどと必ずしも両立しませんが、いざというときにHDDをすぐに取り外せるPCというのも、個人的には一つの選択基準
  • バックアップはマメにとりましょう
  • 新居はLANが速くなるはずだから、ミラーリング機能付きのNASを用意して、そこに自動的にバックアップされるようにできればいいな…

2009年12月15日 (火)

パソコンの突然のクラッシュ

日曜日、自宅のノートパソコン画面がなんか変です。
マウスカーソルが滲んだみたいに影がかかってるし、タスクトレイのアイコンのいくつかがモザイクかかったようになってます。
3年使ってるし、ハードディスクが不調なのかと思い、慌ててデータのバックアップを取り始めたところ、数分後、数回点滅を繰り返したと思ったら、突然電源が落ちました。

これが最期。

Img_4277

電源を入れ直したら、BIOS画面も出ず、変な色の帯が入った状態にしかなりません。
データ救出と、問題の切り分けのために、HDDを抜いてみても同じ。(写真は、既にHDDを抜き去ったあとです)

どうやら、HDD以外の問題か…
修理するくらいなら買い換えかな…

Img_4280

日曜日の時点では、HDDが生きているかどうか確かめる術がなく、今日ようやく接続キットを入手。

このガチャポンパッという製品、

Img_4281

取り扱いは非常に簡単で、HDDを奥のコネクタに差し込んで、

Img_4282

蓋をかぶせれば終了。

USBケーブルを差し込んだらPCへの接続を待つばかり。

Img_4283

別に持っているネットブックに繋いでみたら、

お、認識した

何とか、重要なデータを失うという事態だけは避けられました

2009年12月12日 (土)

昨日とあまり変わりありませんが…

先週、内部を見ることが出来なかったので、2週間ぶりに現場の様子を見ることが出来ました。

1 寒くはないのですがしぐれていて、現場に着いたとたんパラッと降ったなと思うと虹が架かっていました。

昨日アップした写真とあまり状況的には変化なかったのですが、せっかく自分の目で確認できたので少し載せておきます。

2

壁になるべきところにほとんどボードが入りました。
ダイニングとキッチンを分けるカウンターもこの通り。
キッチンや洗面台といった水回りが入るのは、棟梁の仕事が終わったあとだそう。

3

和室は前回の写真から少し進んでこんな感じ。
天井に檜板を貼ってあります。
契約時に、キャンペーンで○○㎡檜板張りをサービスしますからと言われ、和室やウォークインクローゼット、子供部屋などに活用させていただきました。

4

2階の子供部屋。
2ドアワンルームなので、ドアが2つ。クローゼットが2箇所。
ボードが貼ってないところは、檜板貼りにする予定の場所。

5

息子がどうもこのところ、棟梁に木切れを組み合わせたものを作ってもらっている様子。今日も「部品」の追加を要求。

棟梁意外と楽しそうです
親としても、せっかくの機会なので子供にこういう物作りの現場や技術を見ておいて欲しいと思っています。「危ないから」と遠ざけるだけの棟梁でなくて良かったです。

息子のほうは、「武器」を作ってもらって嬉しい、くらいにしか思ってないでしょうけど、我が家の大部分が人手によって作られたことは覚えておいて欲しいですね。

6

今日できあがったのはここまで。
まだ何か付けるのかい君は?

2009年12月11日 (金)

和室の造作が始まりました

今回は妻の取材に基づいています。

Img_4238

ベランダが完成して、ようやく子供達を出しても大丈夫になりました。
息子が隙間から何か投げたりしないか、別の心配もありますが…

今まで1階の和室部分は資材置き場にされていたのですが、他の部屋の作業が進んで荷物が減ったとのことで、ようやく造作が始まりました。

Img_4241_2 Img_4243

左)真ん中の黒いのが床柱。
その奥(左側)の幕板がかかっているのが床の間で、手前が押し入れになる予定の部分

右)左の写真の翌日。
押し入れの内部ができあがっています。

Img_4244 玄関ホールには、下駄箱になる収納ボックスが設置されました。

シューズボックスの代わりに、土間状のシューズクロークを作る家もありますが、和室を取ったりする関係で我が家では採用しませんでした。

#画像に斑点が入って見えるのは、多分フラッシュの光がホコリで反射したものです。

2009年12月10日 (木)

呉へドライブ3:アレイからすこじま

3_1 大和ミュージアムのあと、日本で唯一、潜水艦を間近に見られるという「アレイからすこじま」に車を走らせました。

お車でない方の最寄りバス停はこちら。「潜水隊前」というバス停の名前もステキ

土日休日は、呉探訪ループバス『くれたん』も立ち寄るようですので、呉駅や大和ミュージアムのエリアからでも意外と行きやすそうです。

3_2

目の前に、生きた「鉄の鯨」の群れが

てつのくじら館で見た「標本」とはまた違う迫力があります。

ま、残念ながら動いている姿ではありませんので、繋がれたペットみたいな印象も受けます。

3_3_2

微妙に雰囲気の違うのが一隻。
あとで護衛艦の見学に行ったとき、岸壁から写真を撮ろうとしたら、艦上で立哨している方から「撮影は勘弁」と言われちゃいました。
隠密行動を旨とする潜水艦ですから、機密に触れるものも当然あるでしょうが、ここから撮れる範囲なら問題ないんでしょう

3_4

日曜日は護衛艦などの一般公開をしています。

3_5私たちは、てつのくじら館内の張り紙で、一般公開の情報を見つけて駆けつけたのですが、web上の情報はこちら
受付時間が限られているので、その点だけご注意を。

見学者名簿を書かされるのですが、結構皆さん遠方から来られているのが印象的。我々も他府県ですけど…

隊員の方が意外とサービス精神旺盛で、設備の説明だけでなく記念撮影などに気軽に応じていました。

3_6 帰り道…

自宅から近すぎて、あまり立ち寄らないのですが、子供が「おしっこ」と言ったので壇ノ浦PAで休憩。

呉で1日楽しんだおかげで、すっかり暗くなってしまいました。

2009年12月 8日 (火)

呉へドライブ2:大和ミュージアム

てつのくじら館の隣にあるのが大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)。
…こちらは有料です

呉市は、明治22年に呉鎮守府、明治36年には呉海軍工廠が設置され、戦前においては、戦艦「大和」を建造した東洋一の軍港、日本一の海軍工廠のまちとして栄え…
大和ミュージアムの趣旨、より)

なるほど。

2_1

それで、10分の1の大和なんてのが展示してあるわけですな。

2_2

軍港としての呉の歴史や、大和にまつわる展示、ほかにはこのような零戦などもあります。

写真を撮りそこねましたが、人間魚雷「回天」の展示とか、それで出撃していった兵士の遺書などが胸を打ちます。

2_3

子供達には、3階にある、船の技術の展示のほうが楽しめそうです。浮力の展示などに混じって、本格的な操船シミュレータがありました。

スクリューや舵の効きが遅くって、進路や速度の先読みが難しい。車を運転することが如何に単純な操作かよく分かります。停まりたければパワーを絞るだけじゃなくて逆進に入れないとダメ、っていうのが子供には理解できないらしく、岸壁にガシガシ激突してました

2_4

外に出ると、すぐそこはフェリーターミナルになっています。
そしてその向こうはIHIの造船所と自衛隊基地。

護衛艦が入港するよ、と教えられてカメラを向けたのがこれ。
タグボートのエスコート付きです。

護衛艦の右後方から来るのは…

2_5

石崎汽船の松山→広島のフェリーでした。呉へ寄港するところ。一度乗ったことがあるんですが、狭い音戸ノ瀬戸を大型船で通過するのは迫力がありました。

2_6

江田島行きのフェリーと仲良く並びました。

2009年12月 7日 (月)

呉へドライブ1:てつのくじら館

日帰りで呉へ出かけてきました。片道200km強。

突如そのような計画をすることになった理由は、例の事業仕分け。
そこで話題になったのが、

1_4

通称、てつのくじら館

1_1

JR呉駅の南に車を進めると、目の前にこんなものが現れます。
平成16年に退役した「あきしお」を引き揚げて、展示してあります。
たしかに、くじらが陸に上がったらこんな感じかなぁという外観。

1_3 引き気味の写真だとあまり大きく見えませんが、こうやって子供達が尾翼(?)に掴まろうとジャンプしても届きません…

じゃなくて、大きさを比べてくださいませ。

ちなみに、後ろの建物はゆめタウン呉。ここの駐車場か、隣接する大和ミュージアムの駐車場に車を停めることになります。
JR呉駅からも歩いてすぐですから、電車でもOK

1_5

館内に入ると、最初は機雷を除去する掃海活動の展示があります。
この写真は機雷の一種。

1_6

魚雷も展示されていたりします。

1_7

いよいよ、「本物の潜水艦」の中に入ります。

1_8_2 狭い艦内で、唯一個室を割り当てられるのが艦長だそう。それでも狭いですね。

「沈黙の艦隊」とか「レッドオクトーバー」の艦長は、もっと立派な艦長室に居たように思いますが、日本の通常型(ディーゼルエンジンを積んだ)潜水艦に比べて、原子力潜水艦はさぞかし立派なんでしょうか…

1_9

意外なことに撮影自由だった司令室。
(他のブログで、混雑時に撮影不可になるという情報あり)

他の乗り物と違って、外が見えない状態で操縦することの困難さとかプレッシャーは、私の想像を超えます。

1_a 面白いのは、2つある潜望鏡が生かしてあるところ。

動かすことは出来ませんが、覗くと、呉港を行く船が(運が良ければ)見えます。

事業仕分けで問題になったのは、この史料館が「無料」で公開されていた点だったと思います。

自衛隊の情報公開や広報活動は大切だと思いますし、うまく宣伝すれば私のようなものが訪れることも増えるわけです。(言い出したのは実は妻なのですが…)

事業をつぶす方向ではなくて、数百円程度でもとっていいので、こういう施設を生かすように考えて欲しいと思いました。

住宅ローン減税vs固定資産税

年末までに完成して、住宅ローン減税を今年の分から受けるぞ、というつもりで進めていたのですが、長期優良住宅の件で時間がかかり、完成(引っ越せる状態になる)のは年明けというのが現状です。それでも、登記などを年内に済ませて、融資が年内に実行されるように、というのが今までの前提。

ところが、最近HMの担当氏がこんな話を持ってきました。

  1. 住宅ローン減税の減税枠や、長期優良住宅の優遇は今年も来年も同じである
  2. 家にかかる固定資産税は1月1日時点の所有者に課税されるので、年内に登記すると来年の分が丸々かかる。逆に、1月に登記しても課税されるのはその次の年から

家のほうの固定資産税がだいたい年10万くらいの試算だそうです。減税の額が同じなら、固定資産税が1年分少なくて済むほうがお得じゃないですかね、というのが向こうの言い分。

固定資産税って、日割りじゃないの?と思って調べたら、

年度途中で売買した時、固定資産税は誰が払うのですか?

固定資産税は、毎年1月1日現在の登記簿に、記載されている所有者に対して課税する年税です。
その年の1月1日時点に所有されている方に、1年度分の納税義務が課せられます。年の途中で売買
された場合でも、市役所では月割計算、日割計算は行いません。固定資産税の清算については、
売買契約締結時に売主・買主の間で話し合われることが多いようです。

複数の市町村の税金FAQにこんな記載があります。

新築住宅の場合、引渡しを受けた年には建物分への課税はなく、新築住宅の土地分や、中古住宅の土地と建物分の税金は、引渡しの年の分の税金を、1月1日に所有していた者である売主が支払うことになります。このため、引渡日を基準に税額を日割り計算し、売買代金に固定資産税日割り相当分として上乗せして、購入者が支払う場合が多いようです。
固定資産税ガイド、より抜粋)

日割り、って思ったのは、マンションや土地の売買の時にそういう計算をしたからですね。新築の時は建ったあとの1月1日基準で良さそうです。

フムフム、税金は毎年払うわけだから、課税が後回しになる方が得か…

と、さっきまで納得していたのですが、どうやらそうでもないですね。

家屋の固定資産税は評価額が経年的に下がっていって、いつかはゼロになります。つまり、ずっと住み続ける(所有する)限り、課税方法が変わらなければトータルの額は同じ。スタートが後回しになるだけです。(経済状況の変化による評価額の変化を無視してますが、予測なんか無理

住宅ローン減税も「枠」では今年も来年も同じ。だけどこっちは、12月融資と1月融資のときの、各々年末の残債ってのを考えないといけない。12月融資だとすぐですが、1月融資だと11ヶ月分余分に返済を済ませてから最初の住宅ローン減税を迎えます。いくら差が出るかは返済方法次第ですが、例えば残債に100万円の差があるとしたら、1.2%減税として年に12000円、50万円なら6000円。結構な差ですよね。枠を使い切るほど融資を受けている人なら関係ないんですが。

今の進み具合を見ていて、年末までに建物本体だけでも完成、ってのが厳しいのは分かってるんで、納得したふりして上の計算は腹に収めますかね。民主党が既に決まっている住宅ローン減税まで反故にしないのを願いつつ…

2009年12月 5日 (土)

今日は外からだけ…

午前中仕事があったので、午後から見に行きました。

Img_6330

ベランダはいい感じに完成しています。

Img_6329

が、しかし…

玄関閉まってる!雨戸降りてる!

(午前中は作業しておられたようですが)
棟梁お休みのようです。

Img_6326

悔しいので、ぐるっと周囲を撮影して帰りました。

Img_6325

ベランダの工事を緊急取材

4日の朝、妻が家で洗濯物を干しているときに、スクリーンを積んだトラックが通っていったのを目撃。慌てて現場へ向かったそうです。

Img_4171_2

3人がかりで、支柱の付いたところにスクリーンを設置中。

ベランダの幅もあるので、落とさずに設置しようとすると、最後は人手が要りますよね。

Img_4174

右側の長辺のほうは設置完了。左側がまだ。

Img_4178

だいたい設置完了なんでしょうか?

意外と‥‥ スケスケです。

玄関などが養生してあるのと、作業してる人が映っているのを除けば、結構カッコイイ写真に仕上がってます。屋根が空から浮き上がっている感じで、合成した完成予想図のようでもあります。

明日は我が目で確認しにいきましょう。

2009年12月 3日 (木)

エクスプレス予約がUターンラッシュでダウン? 他

大きな社会問題、まではいかないのかもしれませんが、私にとってはネット関連で身近な話題の多い日でした。
影響の大きそうな順に挙げてみます。

新幹線ネット予約システム障害、3時間で復旧

3日午前10時頃、東海道・山陽新幹線のインターネット予約サービス「エクスプレス予約」で、パソコンや携帯電話からの予約や変更ができなくなる不具合が発生した。
専用のICカードで乗車できる「EX―ICサービス」でも、両新幹線の各駅で、乗客が改札口を通れないトラブルが発生したが、いずれも約3時間後の同日午後1時頃に正常に戻った。
(中略)
新大阪駅では、改札でカードを何度もかざす会社員らの姿が多く見られ、そのたびに、駅員が止めて、発券機に誘導していた。
Yomiuri Online

JRの指定席は1ヶ月前の10時発売開始。つまり、1ヶ月後の来年1月3日、Uターンラッシュの指定券が発売されるタイミングでのトラブルです。詳しくは明らかにされていませんが、アクセスが殺到してシステムダウンしたのか?

パソコンの前で10時を待ちかまえていて、新幹線の切符が取れずに泣いた人も居るんじゃないでしょうか。

最近はネット予約だけじゃなくて、ICカードを使ってチケットレスで改札を通れるサービス(EX-IC)もありますが、予約システムと連動してこっちもダウンするようではね。トラブルが、連休や年末年始の1ヶ月前の風物詩になるようでは困りますよJRさん。

Googleが日本語入力システム参入 β版無料公開

Googleが日本語入力システムを公開した。Webから自動で辞書を生成。強力なサジェスト機能も備えている。
ITmedia News

手元にインストールしてみたわけではないのですが、サジェスト機能という点を皆さん指摘していますね。

サジェスト機能というのは今でも体感できます。Googleで検索ワードを入力するときに、最初の数文字から、それに続くであろう候補を出してくれるのがそう。携帯の変換候補の出かたと似た機能です。それを本格的にパソコン用の日本語入力システムとして提供してきました。

面白いのは、web上の「生の」データに基づいているので、最新の流行語とか、スラングも候補に出る可能性がある点。個人でメールやブログを書くのには便利そうですが、公的な文書とか、専門用語が並ぶ文書には向かないかもしれませんね(それなりの専用辞書の方が良いでしょう)。

あと問題点を挙げるとすれば、サジェスト機能=誰かが入力したデータが元、ですから、自分が入力した文書がgoogleに筒抜けという可能性が否定できません
そういう理由で(ベータ版というのも理由ですが)、非常に興味はありますがしばらくは様子見です。

ATOKが息の根を止められるんじゃないかと、愛用者としては危惧しています。

「avast!」が大量のファイルをウイルスと誤検知する問題が一時発生
ウイルス定義ファイルを最新の“091203-1”へアップデートすることで解決する模様

ALWIL Software製の無償ウイルス対策ソフト「avast! 4 Home Edition」v4.8.1368に、多数のファイルをトロイの木馬“Win32:Delf-MZG[Tri]”として誤検知してしまう問題が発生していたことが、読者から窓の杜編集部に寄せられた情報や複数のブログなどから明らかになった。
窓の杜News

無料版だから、というのを理由にしてはいけませんが、アンチウィルスソフトの誤爆は困りますね。

”2chに専用ブラウザで書き込もうとしたら警告が出る”といった訴えが主のようで、記事自体もわずかですから、社会への影響は極小でしょう。

最後に、ネット関連ではない話題を

発進!!J2:サッカー 6日に喜びのパレード 昇格のNW、小倉中心部で /福岡
◇8日はシーズン報告会

Jリーグ2部に昇格したニューウェーブ北九州(NW、来季からギラヴァンツ北九州)は6日、小倉北区のアーケード街を徒歩でパレードする。与那城ジョージ監督と全28選手が参加、支援への感謝の気持ちを市民に伝えるとともに、今後の応援を呼びかける。
毎日jp

公式情報はこちら。盛り上がるといいですね。

しかし、この話題の一つ上には、戦力外選手のリストも。
プロスポーツの世界は厳しいです。

2009年12月 2日 (水)

2階の天井作成中

珍しく仕事が定時に終わった水曜日…
こんな日はさっさと帰るに限ります。

よかった。まだ作業中でした。

Img_6311

リビングにはまだ大量のタイガーボードが置かれています。

Img_6313

Img_6283玄関ホールから階段下収納を見たところ。
前回(右図)は内部の桐板を貼るまででしたが、扉が付きました。

ここは掃除機などの収納を想定。

Img_6316
Img_6319

2階は天井の作業が進んでいます。
上は子供部屋、下は階段ホール。
こんな屋根裏の写真が撮れるのもあと少し。

Img_6320右の写真は、クローゼットの入り口を見たところ。
奥では、父ちゃん棟梁が天井の作業中。

扉の上の高さに棚があって、縦に見える板はその支えになります。スリットが入っているのは棟梁の作だそう。

台所にも棚を一つ作ってもらうのですが、そこの側板もこんな風にしてみましょうかと提案がありました。
こういうところに、一つ一つ手作りな感じがあっていいですね。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

無料ブログはココログ