« 上棟ダイジェスト | トップページ | 上棟あれこれ:二階編 »

2009年10月 2日 (金)

上棟あれこれ:一階編

上棟から一夜明けた今日は結構な大雨。
大丈夫とは分かっていてもちと不安になります。

上棟の時撮りまくった写真の中からいくつか紹介していきます。

Crane1まずはクレーン。
言わずとしれた力持ち。

こうやってまとめて資材を搬入することもあれば、大きな梁をかける時はロープでつり上げる代わりにアシスト役をしていました。

結構細かい動きもします。

特に大きな声で指示が飛ぶことはないのですが、よく見ていると、大工さんが指や手のひらの動きで指示を出していました。見えない位置の時は、双方が見渡せる位置の人が指示を中継。
このへんの連携はさすがです。

Hashira1_2柱が立っていくのをぽかーんと見ていると、HMの人が教えてくれました。

『実は決まりがあるんです。
字が書いてあるでしょう?
柱の天地は字の向き、
立てる場所は向かって
右からいろは…
奥から123…
あとは字が全部こちらを向くように』

右の柱をよく見ると、①(一階の)「と」の7番なんてのがあります

こういう事前の準備がしてあるから、いちいち指示を出さなくてもどんどん柱が立っていくんですね。梁にも同様の番号が打ってあるそうです。

Hashira2

大きな梁をかけるときは、クレーンで吊りながら刺又のような道具で位置決め。あとは上からの木槌や、下からは写真右のような手前側に打ち付けるハンマー(名前聞いたんですが忘れた)で打ち込んでいきます。前の写真にも同じ道具が写ってます。

Hashira3

横からは木槌で。
奥に見える紙にくるまれたものは、リビングに顔を出す化粧梁。
これだけ特別扱い。

Hashira4一階の梁がかかったところで、仮の筋交いにあたる金具を打ち付けます。

これを締めていくんですが、この作業はHMの現場監督と大工さんのペアで、柱の垂直を出しながらやっていきます。

筋交いがないとどっちにも傾きますからね。

垂直を確認するための道具がちゃんと撮れてないのが残念。

Hashira5

最後に、リビング部分の化粧梁と、2階の根太まで。

Neta_tsuka

そして、根太に大引と束の関係を写してみました。

根太には間伐材を活用してあります。
上棟前日に降った雨で濡れちゃってます。
床を張る前に清掃と乾燥をします、と言われました。

« 上棟ダイジェスト | トップページ | 上棟あれこれ:二階編 »

家(エクステリア・構造)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上棟あれこれ:一階編:

« 上棟ダイジェスト | トップページ | 上棟あれこれ:二階編 »

無料ブログはココログ