« 床ができつつあります | トップページ | フローリングを貼る寸前 »

2009年10月27日 (火)

北九州空港にて

下地島空港まで行った話を書いたのに、地元空港の話を書いてませんでした。

子供をダシにして、北九州空港へ見物見学に行ったときのこと。

えっと、北九州空港というのは…

  • 周防灘を埋め立てて作った海上空港です
  • そのため、24時間離着陸可能
  • ちなみに、埋め立てた土砂は航路の浚渫土砂だそう(航路整備と空港整備がマッチした珍しい例)
  • 開港直後は新北九州空港と呼ばれてましたが、今は「新」が取れてます
  • 開港に合わせて、新規航空会社が就航しました
  • でも、貨物便を飛ばしていた会社が撤退(会社自体が解散)したり、最近ではJALの沖縄便が撤退候補に挙げられたりといい話があまりありません
  • 展望デッキから見えるのは飛行機だけじゃなくて、海や船もきれいでいいですよ

空港見学の話に戻しましょう。

Jal1

空港に着くと、ちょうどJALのB737-800が出発するところでした。

Jal2

息子に言わせると、「レッドな飛行機」ですけど

Sfj1_2

JAL便離陸のすぐあとに、スターフライヤーのA320が降りてきました。
黒い機体が無条件にカッコイイ
世界的に見ても異例の色づかいだそう。

Sfj7

誘導路を戻ってきて、

Sfj2

はい、停止位置OK

Sfj3

40分くらいで折り返すので、給油や荷物の積み降ろしがテキパキと進められていきます。

Sfj4

搭乗が終わったら、トーイングカーに押されて出発です。
タキシング(地上走行)開始位置までプッシュバックされる間にエンジンを一つずつ始動するのですが、向かって左側のエンジンだけが回ってるのが分かるでしょうか。

Sfj5

プッシュバックが終わったらトーイングカーを外し、最後にコクピットと連絡をとるためのインターホンを外します。

Sfj8

行ってらっしゃーい

最後になりますが、尾翼が左右(表裏?)で白と黒に塗り分けられてるの、気付きました?

« 床ができつつあります | トップページ | フローリングを貼る寸前 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北九州空港にて:

« 床ができつつあります | トップページ | フローリングを貼る寸前 »

無料ブログはココログ