« 基礎の基礎? | トップページ | 基礎の基礎:その3 »

2009年9月 9日 (水)

基礎の基礎:その2

砕石を敷き込んだ次のステップです。

Kiso11

薄いコンクリートで縁取りがされました。

Kiso12

深基礎の部分にもこのようにコンクリートが。

Kiso13

翌日にはここまで鉄筋が
鉄筋の下に敷いてあるのは、調べた範囲では防湿用のシートかな。

私の仕事で使う『接着剤(樹脂製)』の延長で、何となく砕石の隙間からコンクリートが流れ込んで足場を固めるイメージを持っていたので、このシートには少し違和感。

岩盤の上に安定して乗っかるのが第一で、地盤と建物基礎の間にshare force(横にずらす向きの力)が生じる状況はあまり想定しないのか… それとも、建物の重みがかかれば、砕石の石組みの部分で十分ずれないように吸収できるのかな?

ま、電車のレールも砕石(バラスト)で受けてたりするからなぁ…

今度の打ち合わせの時、建築士さんを捕まえて聞いてみよう

Kiso14

深基礎の壁になる部分にもこうやって鉄筋を入れるんですな。
手前にL字の鉄筋がまだたくさんあります。

実は、更に上に鉄筋が立ち上がっているようなんですが、妻が写真を撮り損なったようで、今日のところはここまで。

« 基礎の基礎? | トップページ | 基礎の基礎:その3 »

家(エクステリア・構造)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基礎の基礎:その2:

« 基礎の基礎? | トップページ | 基礎の基礎:その3 »

無料ブログはココログ