« 下地島空港への旅:その1 | トップページ | 下地島空港への旅:その3 »

2009年9月12日 (土)

下地島空港への旅:その2

伊良部島は宮古島とフェリーで25分、高速船で15分ほどで結ばれている島ですが、その伊良部島とほとんどくっついているのが下地島です。
川にしか見えない細い水路で隔てられており、何ヶ所か橋で繋がっています。
(下図はこちらから頂いたものに地点情報を書き加えました)

ここにあるのは、日本国内で唯一の、民間航空機の訓練用飛行場。定期便の設定はないのに、レーダーとか両面ILS(計器着陸装置)とか、立派な設備の整っている空港です。

Map1

左良浜港へ着いた後、港近くで4輪バギーをレンタル。
出発前にネットで調べていると伊良部島にはレンタルバイクがないと書いてあったりしましたが、宮古空港でピックアップしたパンフレットでバイクとバギーを扱う店を発見。予約しました。
是非紹介したいと思ったのですが、帰宅後店名で検索しても情報が出てこないので断念しました。興味がある方、空港等にあるパンフの伊良部島のページをチェックしてください。

Irabu1

レンタル時に飛行機の写真を撮りに行くと言ったら、『直接空港に?』と聞かれたけど、『イヤイヤ島を一周しながらゆっくり行きます』と答えて外周道路へ。上の地図の(1)あたりで海辺に出たのでバギーを止めてパチリ。

空港に行く前に牧山展望台へ上がるつもりだったんですが、展望台へ繋がる道の入り口あたりで、前方に着陸態勢の飛行機を見つけてしまいました。期待通り訓練をしているようです。こうなるともう行くしかありません。

Irabu2

(2)のあたりまで来るとはっきり見えます。ヴィラブリゾートの屋根越しに1枚。
(JALのB767?)

Irabu3

先に書いた水路を橋で簡単に越えると、そこは下地島。サトウキビ畑(3)の向こうに大きく見えてきたANAのB767を1枚。

Shimoji1

サトウキビ畑の向こうが35エンド(滑走路の南端付近)(4)。35という数字は滑走路の方向を示します。
ここには小さな入江があり、泳ぎながら飛行機を見ている人もいました。

この日はこちら側からの着陸。上の写真だと小さくしか写っていませんが、

Shimoji2

グングン近づいてきて、

Shimoji3

真上を通り過ぎたと思ったら、 

Shimoji4

誘導灯に沿ってもう着陸間際。
上の3枚はJALのB777。一方、下はANAのA320。
同じ双発機でもかなり大きさが違うのが分かります。
このときは2機が仲良く(?)訓練をしていました。 

Shimoji5

ここでも迫力ある光景は楽しめるのですが、滑走路自体が見えないのがちょっと物足りないポイントです。

« 下地島空港への旅:その1 | トップページ | 下地島空港への旅:その3 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下地島空港への旅:その2:

« 下地島空港への旅:その1 | トップページ | 下地島空港への旅:その3 »

無料ブログはココログ