« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の14件の記事

2009年8月31日 (月)

囲いが出来たでござるの巻

現場を取り囲むように囲いが出来ました。

Hi3e0124

ショベルカーが置いてあったり
(ちゃんとトイレも置いてあります)

Hi3e0125

こんな定番の看板が出してあったり

Hi3e0126

今日はここまで。

明日から基礎工事にかかるという電話があったそうです。 

2009年8月29日 (土)

祝!着工

ようやく長期優良住宅に関しても認証がおりたらしく、着工しますという連絡がありました。

最初の工事は…A070205
(本来の着工ではないそうですが)

車庫をとる関係で深基礎となる部分の土を先に掻き取っておく作業がされていました。
(右図はこちらから頂きました)

斜面が作ってあるのは、台車や重機が出入りする都合でしょうか。ちょうど玄関アプローチのあたりなので、いずれ階段にすることも考えてのことなのかもしれません。

Hi3e0121

深基礎部分を逆から見るとこんな感じです。

Hi3e0123

ようやく現場らしくなって、来週以降が楽しみです

2009年8月25日 (火)

工場見学:日産編

JAF MATEに日産九州工場見学のお誘いが載っていたので、遅めの夏休みに合わせて予約をとり、見学に行ってきました。

正門の横に見学者用の待合いホールがあります。予約時に指定された時間に行くと、同じようにJAF会員として申し込んだ方々が4家族ほど。

Hi3e0116

待合いホールも立派で、展示車もたくさんありますが、写真はここだけ。ここでデジカメやらカメラ付き携帯は没収、いや、鍵付きのロッカーに預けるように言われ、工場内の撮影は全く出来ません。産業スパイ対策でしょうね。案内中も、説明をするお姉さんの他にもう1人最後尾を付いてくる女性がいました。懐からカメラを取り出したり、熱心にスケッチしたりしたらどんな扱いを受けるか興味もありましたが、不審な行動は慎みました

説明のお姉さんからは、『他のグループの方には内緒でお願いします』と言われたのですが、もう帰宅したので、JAF会員様向けコースの特典を少々書いておきます。

  • おみやげが多いです(車種は書きませんがトミカとかチョロQのようなものが1つ余分に貰える)
  • 工場隣接の日産専用港をバスで案内して貰える(残念ながらこの日は積み込みの作業はしてませんでしたが、巨大な自動車輸送船が停まってました)

今回見学させていただいた日産の九州工場、輸出向けの車の生産が80%だとか。工場の隣に専用港があることを考えれば納得です。また、関東などの工場で生産された車も内航船でここまで運ばれて陸揚げされ、九州各地に運ばれるとか。工場と港が一体化していることでこういう物の流れが出来るんだなと関心。

2009年8月23日 (日)

プチラフティング

子供を連れて、かぐめよし少年自然の家至近で川遊びをしてきました。
(かぐめよしというのは、漢字で書くと”頂吉”のようです)

鱒淵ダムの上流、ダム湖がちょうど終わるところが、整備してあって川遊びしやすくなっています。

Kagume1

駐車場がふんだんにあるとは言いませんが、写真のように一部川岸が石積みで整備してあって、その上に広場があるので、今日なんかはバーベキューを始める家族連れや若者グループも多数。

Kagume2_2

下流側を見ています。写真では向こうの状況まで分かりにくいですが、一番奥のほうに数名いるところから先はダム湖。奥の人たちは、川遊びというよりは、ダム湖に釣り糸を垂れるのが目的のようでした。

Kagume3

上流側はこんな感じ。大人が立てないような深いところはありませんが、小さな子供は浮き輪を使って遊べます。

Kagume4

一番楽しそうだったのが、流れを利用したプチラフティング。ちょっと岩に引っかかるだけで『助けてー』となるのでお相手は楽ではありませんが…

2009年8月21日 (金)

工事開始の予感

仕事が早く終わったので現場を見てきました。

変化が一つ。

Suidou1

水道メーターと、

Suidou2

蛇口に流し。

そういえば、工事に必要なので水道と電気は先に(仮設のものを)ひくと聞いていました。しかし、電気はまだ来てないみたい… 妻によると、電気工事の打ち合わせのようなものをやってた人がいるようなのですが…

こんなことしか書くことがないのがもどかしいです。

地鎮祭の時に草を刈った地面も、再び草ボーボーになりつつあります。

2009年8月19日 (水)

息子に内緒でSLを見てきた

順番が逆になりましたが、SLやまぐち号を取りあげたのなら、今年から運転を始めたSL人吉号を取りあげないわけにはいきません。

8月の初め、妻子が妻の実家へ帰ってしまったのを良いことに、休みを使ってSLを見に行ってきました。仕事がどうなるか分からなかったのと、相当な人気のようなので、切符を入手する努力はしてません。

Tsubame

数少ない小倉直通のリレーつばめに乗って出発

Kumamoto1

まずは、熊本駅で出発を待ちます。記念写真を撮る人たち多数。

Kumamoto2

向かいのホームから眺めていると激しく煙にまかれたり

SLが主役の頃はこういうのも当たり前だったんでしょうな

Kumamoto3

そうこうするうちに人吉号は熊本を出発していきました。

私は、ちょっと寄り道をした後で、八代から特急くまがわに乗って渡(わたり)駅へ。

Watari1

よく見ると「九州横断特急」と書いてありますが、共通運用の様子。車内サービスも九州横断特急と同様です。

Watari2

渡駅は球磨川沿いにあります(肥薩線のこの区間はほぼ球磨川沿いですが)。鮎釣りをする人のほか、川下り、最近ではラフティングが人気とか。車内からもラフティングのゴムボートをいくつも見ました。子供がもうちょっと大きくなったら是非一度。

Watari3

待つこと20分ほどで、人吉からの帰りのSLがやって来ました。

Watari4

そして見送りました。

こう言うとJRの人に怒られそうですが、やっぱりSLは乗るものというより撮るものですな。乗っていても正直遅くて煙たいですからね

2009年8月18日 (火)

息子にSLを見せてみた

お盆休みの1日、帰省したついでに、道の駅「長門峡」へ行ってきました。

主な目的は川遊び。この道の駅、広い駐車場のそばに、長門峡の上流にあたる川が流れていています。

Kawa1

こんな感じで川に降りると、

Kawa2

子供にもちょうどいい浅瀬です。もちろん、深いところや流れの速いところもあるので、子供から目を離さないようにしましょう。

さて、しばらくするとSLやまぐち号がやってくる時間になりました(時刻表はこちら。下り・上り)。うまいことに、このあたりは国道9号線と並行してJR山口線が走っています。近くの踏切に息子を連れて行きました。ぼちぼち人が集まってきます。

Before

ワクワク

Sl1

ラッセル音が近づき、やまぐち号がやってきました。

Sl2

こんなに間近をSLが駆け抜けていきます。
#間違っても線路に立ち入らないでください

Sl3

最後尾の展望デッキは大人気の様子。

で、振り返って息子を見ると…

After

やっぱり泣いてました。相変わらず情けない奴よ

家に帰ってから『SL怖かったの?』と聞くと、『ここが怖かった』とオモチャのSLの車輪を指差します。仕方ないか… SLの動輪って子供の背丈よりうんと大きいですからね(C57は直径175cm)。ちなみに新幹線は86cmなので倍以上。

2009年8月16日 (日)

トミカ博@福岡

着工に至らないと、だんだん『本当に建つんだろうか』って気になってきます。

そろそろ着工してくれないと、書くネタもなくて困ります。
(帰省していた、などの事情もありますが)

お盆休みの初日は福岡までトミカ博に行ってきました。お姉ちゃん2人は先に実家に行っているので、一番下の男の子だけ連れて。

例の1000円高速の影響で、朝っぱらから混んでましたね九州道。関西ナンバーが目立ちました。安いのは確かにありがたいけど、今までの感覚ではあり得ないところが渋滞するのはどうかなぁと。高速バスも一緒に渋滞に巻き込まれていましたが、大型車は割引がない上に渋滞して遅れて客離れ… どう考えてもバランスに欠けた政策にしか思えません。

これで民主党が主張してるように無料になったら…

渋滞が酷くなるという説と、1000円高速と違って『渋滞していても高速道路に居座り続ける』メリットがないから、それなりに分散するのではという説と両方あるようです。どうなりますやら…

トミカ博の話に戻りましょう。開場してすぐに着いたのでまだマシでしたが、イベントはどれも大盛況。『20分待ち』で並んでゲットしたのが、『その場で手作りしてくれるトミカ』

Hi3e0104

(色違い程度ですが)パーツを選んで、

Hi3e0106

隣の机で仮組みして貰って、

Hi3e0107

この機械でかしめて完成。完成する頃には、列が延びて『60分待ち』に変わってました。早く来て正解。こういう『限定品』に並んでまで金を出すのは決して好きではないんですが、子供のためと言い聞かせつつ…

まぁ、私も遊んできたトミカやプラレール。規格を変えずに今まで続いているのは偉いと思います。  オモチャを売らんがために毎年キャラクターを変え、毎月のように新たな武器や新メカを投入する 日曜朝のヒーローモノよりはウンとマシです。

2009年8月10日 (月)

上空待機の理由は緊急着陸

昨日の午前中、飛行機で福岡空港へ向かっていました。

まもなく到着という時間なのに降下しないなと思っていると、

『福岡空港は現在着陸機・離陸機とも混雑していますので、壱岐上空で待機するようにと管制かIki_2ら指示がありました』というアナウンス

壱岐!

頭に地図を思い浮かべつつ、機内誌の地図で思わず確認しました。

壱岐上空で1周した後進入の許可がおりたとアナウンスがあり、20分程度の遅れで福岡に着きました。待機から離脱する(多分)スカイマーク機と、下の方で同じように回る全日空機を見たというのは珍しい体験でした。

家に帰って初めて知ったのですが、空港混雑の理由はこれでした。緊急着陸に備えて離陸機・着陸機とも待機させられていたんでしょう。

エンジントラブル 全日空機引き返す
 福岡空港


 9日午前11時10分ごろ、福岡発対馬行きの全日空4933便(ボーイング737‐500型、乗客乗員132人)が、2基あるエンジンのうち1基のトラブルのため福岡空港に引き返し、緊急着陸した。けが人はいなかった。

 国土交通省福岡空港事務所によると、午前10時50分ごろ、対馬上空を飛行中の同機機長から、1基のエンジンが不調になったとして福岡空港への緊急着陸の要請があった。同機はこのエンジンを停止させ、もう一方のエンジンで福岡空港に引き返した。エンジン不調の原因は不明という。

 福岡市消防局によると、緊急着陸に備えて消防車35台、救急車6台が福岡空港に出動した。全日空福岡空港支店によると、乗客は船や次の飛行機に乗り換えた。

=2009/08/10付 西日本新聞朝刊=

消防車の台数などを見ると、空港には緊張が走ったことと思いますが、基本的には片方のエンジンが無事であれば飛行を継続できますし、安全に着陸できます。『けが人はいなかった』というお馴染みの記述にも『当然じゃ!余計なこと書かんでもええ!』と言いたくなります。とはいえ分かってはいても、実際にそういう飛行機に乗り合わせると生きた心地はしないでしょうね。

~~以下、ヲタ的な知識

福岡空港進入の経路上に、ちゃんと壱岐で待機するパターンが書いてありました。
(AIS Japanより)

Rjff_star

よく見ると、EBISUだとかLAGERだとか、聞き覚えのある名前が進入経路上の地点(waypoint)として『国際的に』公式に登録されて公開されてます。福岡の人間は飲んべえだということですかね

2009年8月 9日 (日)

土地の決済

先週、土地の決済が済み、(一応)私のものになりました

先日の土地の契約の時は売り主さんと直接対応しましたが、決済の手続き(精算と登記)は司法書士さんとHMにお任せなので、アッサリしたものです。電話で『決済済みました』という報告を受けた程度。

そろそろ着工できるらしいのですが、お盆休みが入りますんで、その後になる見込み。

2009年8月 6日 (木)

しっぽ再生中?

ブロック塀のアイビーの間から顔を出すトカゲ君に遭遇

Tokage1

オヤ、尻尾が短い

Tokage2

よく見ると、←のところで尻尾の色が違います

Tokage3a   

以前の記事で書いた尻尾の切れたトカゲと同じなのかはわかりませんが、一度切れた尻尾が再生中みたいですね。尻尾が切れたままの状態なのを何回か見ていたので、同じトカゲが住みついていると思いたいです。

2009年8月 4日 (火)

間取りその4:子供部屋

九州北部もようやく梅雨が明けたそうですが、どうも夕方以降涼しげな雰囲気。このまま本格的な夏の天気にならずじまいとかいうことはないですよね…

暑がりな私にとっては、涼しいのは結構なんですが、野菜や米の出来が心配になりますしね。夏はそれなりに暑くならないと…

間取りの話も、語るにはそろそろネタ切れ気味。

子供部屋の取り方は悩まれるところだと思います。今は子供が小さいので兄弟仲良く過ごす(寝る)部屋がいいけど、将来的に受験勉強をするようになったりしたら個室がいるよね。というのがよくある意見かと。

そこで、モデルルーム見て回るうちに、今時ほとんどの家が採用してるんじゃないかという勢いなのがツードアワンルーム

2doors1

2doors2図面にするとこのような部屋。
(上の部屋の図面ではありません)

必要に応じて真ん中を仕切れば2つの部屋になるように想定してある部屋のことです。HMによれば、壁を入れるだけなら5万円程度で出来ますよ、とのこと。

うちも5.5畳×2になるような部屋を確保しました。上の女の子2人用に2段ベッドを買ったものの、2階で寝るのを怖がって活用しきれてないものですから、最初は2段ベッドを上下バラして2つ並べて寝ていただく。個室に近くしたくなったら2段にしてカーテンか何かで目隠しを。そして、いよいよとなれば壁を入れようかと考えています。

困ったのが一番下の男の子の部屋。まだまだ一人では寝れませんが、そのうち部屋がいるでしょうね。彼の部屋になりそうなところがかろうじて4畳半ほど取れました。クローゼットを作るといびつな4畳になる…

「ま、男の子にそんなのなくても大丈夫」と、そこは割り切ることに。お姉ちゃんが進学などで出て行けば、もうちょっといい部屋をあげましょうね。

2009年8月 2日 (日)

ツバメの巣立ち

外出中、ツバメが鳴きながらしきりに軒先に出入りしているのが気になりました。

覗いてみると、巣の中にはもう親鳥並みに毛も生えそろったヒナが3羽。

そこに、親鳥(と思う)がくり返しやって来ては、エサを与えるでもなくすぐに飛び出していきます。ヒナはエサが貰えると思っているのか、そのたびに鳴き声をあげます。

あ、これってわざとエサを与えずに、巣立ちを促しているのかな、と思ったその時、一羽が飛び出していきました。親を追いかけていって、何度か失敗してようやく電線にとまりました。

巣立ちの瞬間を見たのは初めてで、ちょっと感動

Tsubame

写真は残ったヒナたち(一羽しか見えませんが…)。すぐに後を追うのかと思ったら、そうでもなく、所在なさげに巣の中でゴソゴソしていました。

親も、巣立った方をケアしてるのか、巣に来なくなっちゃいました。残った子ツバメの運命や如何に…

2009年8月 1日 (土)

間取りその3:廊下と階段

建築確認自体はOKらしいけど、長期優良住宅の認証がまだの様子。8月5日ころに一度OKが出て、それをもう一度センター(何のセンターやねん!)に提出して、最終的にOKになるんだとか。良く分かんないけど手強い制度の様子。

お盆休みが入るので、本格的な着工はお盆明けっぽいです orz

回りからは『もう基礎くらい出来た?』と聞かれたりするのに…

さて、今回は廊下と階段の取り方、というより、最近はやり(?)のリビング階段の是非について。

先に結論というか、私達夫婦の意見を書きますが、モデルルームとか完成見学会をいろいろ見た印象としては『廊下を減らして見かけの部屋数やリビング面積を確保するための手法』の場合が多いと思います。これから家を建てる(間取りを決める)方、HMはリビング階段のメリットを言うことが多いと思いますので、リビング階段のデメリットについて考えたことを書いておきます。

  • 玄関~リビング~階段~2階居室という人の流れがあるので、リビングの中に実質的に廊下としてしか使えない部分が出来ます。
  • 断熱性・気密性の高い家ならリビング階段でも空調の点で不利はないと言い切るHMもありますが、上が暖かく下が寒いという空気の特性は変えようがありません。特に冬、寒くないですかね。
  • 2階に行くときに必ずリビングを通るから、子供が何をしている・誰を呼んでいるか分かって安心、という意見はもっともだと思います。しかし、子供の立場で考えれば監視されてるようでイヤじゃないでしょうか。
  • 2階の部屋でにぎやかにされたとき、多分リビングまでうるさいです。

いろんな意見があると思います。リビング階段にすることで希望の間取りに近づけることが可能な場合や、リビング階段にメリットを感じる場合はそれでいいのではないでしょうか。ただ、十分な広さがあるのであれば、オーソドックスに廊下に階段を付けるレイアウトのほうが長い目で見ると暮らしやすいのではないかな?と思っています。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

無料ブログはココログ