« キッチン編;追加 | トップページ | 水害の爪痕 »

2009年7月29日 (水)

間取りその2:和室の取り方

今時の家に和室が要るのか?という話もあるようですが、単に畳を敷いた部屋と考えた場合でも私は好きです。裸足でも心地よいですし、ベッドより、床に布団敷いて寝る方が好きというのも理由の一つ。

さて、和室をどこに作ろうか、ということですが、主に

  • リビングやダイニングと繋がった和室
    (畳スペースも含む)
  • 独立した和室

の2つに分けられると思います。

個人的には、疲れたときとか食後に眠くなったときとかに、そのままゴロンとなれるので、リビング繋がりの和室って好き。というか、今の家も前のマンションもそういう作りだったので、慣れてるのかもしれません。ただ、経験上こういう和室は、子どもの布団が敷かれていたり、おもちゃが散らばっていたり、時には洗濯物が干してあったりと、「特別な空間」になりにくいのが残念なところです。

妻もこういう状況に嫌気がさしているらしく、独立した和室を主張。上の女の子2人はもう小学生、一番下の子も幼稚園に行き出すので、「遊ぶなら子供部屋で」にしたいと。すぐにはそうならないでしょうが、気持ちは分かります。下の子が昼寝することも少なくなってますし、リビング繋がりに和室があって便利という状況は減ってきそうです。

かくして、玄関を挟んでリビングの反対側に、独立した和室を作ることに決定。両親が泊まりに来たときと、あとは季節ものですがお雛様を飾ったりするスペースというのが建前です。和室の畳や壁紙を選ぶのは楽しい作業でしたが、床の間の配置がこれで良かったのかどうかは、全く自信がありません。

風通しが良くて、気持ちよく昼寝の出来る和室になったら最高です

#独立した和室ということで、一度、中二階に和室を配置したプランも出して貰ったのですが、流石に本当に使わない部屋になりそうでこれは却下しました。

« キッチン編;追加 | トップページ | 水害の爪痕 »

家(インテリア・設備)」カテゴリの記事

コメント

読ませてもらってます。関東のはずれの村民、みや↓です。
ご無沙汰。
これからが(も?)、楽しみですね。
今後の写真などなど期待してます。

ではまた。

コメントありがとうございます。
着工に時間がかかってヤキモキしてますが、まぁ楽しい時間と思えば待てます。
また見に来てください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間取りその2:和室の取り方:

« キッチン編;追加 | トップページ | 水害の爪痕 »

無料ブログはココログ