« 良く降りましたね | トップページ | キッチン編;追加 »

2009年7月27日 (月)

間取りその1:キッチン編

建築確認申請は出しているのですが、長期優良住宅の関係の処理が遅れているらしく、8月にならないと確認が降りない見込みとか orz

着工しないことには次に書くネタがないのですが、ここを友人に紹介したところ、『同じように新築を計画してるので間取りをどう工夫したのか教えて』と言われました。

特にすごい工夫はないのですが、間取りを決めていく上で夫婦で考えたことを少し書いてみようと思います。夫婦で、と言っても、妻の考えを私が了解した部分が多いのですが。

新居の土地で一番特徴的なのは、北側(の特に東側半分)の眺望に優れること。で、おそらく、南北に風の流れが良いであろうということ。地形を無視すれば、一般には南側にLDKを取ることが多いと思いますが、南にこれらを全部持って行って、北側が水回り、という間取りにすると、せっかくの眺望が生かせないよね。というのが我々とHMの共通の認識。そして、南北開けはなったら風通しが良いようにしようと。

そこで、リビングはセオリーどおり南東に持ってきましたが、ダイニングを北東に、そしてキッチンをダイニングの西隣に対面型でくっつける形にしました。ちょうどリビングとダイニングの間に入り口扉が来るので、少し仕切り壁を入れれば、キッチンがバーンと見えることもないだろうと。

ここからは主に妻の意見になるのですが、キッチンを選ぶとき、結構アイランドキッチンや、対面でも調理台とカウンター部分がフラットなのを提案されるんですよね。

Kitchen1

こんなのとか、

Kitchen2

こんな感じの。

イメージ的にはカッコイイんですが、現実問題として、カタログとかリフォーム例のようにはいかないだろうと考えました。食洗入れるから食器カゴがバーンと置かれることはないにしても、よく使うグラスや箸とか、調味料などの小物が並ぶのは避けられないだろうと。シンクの水跳ねや、調理の際の油がいくらお上品に使ってもダイニング側に飛ぶだろうと。

ある程度、キッチンは『隠したい』というのが日々調理をする妻の意見。

その結果、カウンター部分に段差のある、対面型キッチンを採用することになりました。配膳のことを考えて、カウンター部分は少し幅を取るようにしてます(この部分はHMに頼んで造作)。実際には吊り戸もあるので、下の写真ほどオープンじゃないです。

Kitchen4

#写真は実際に採用したものとは関係ありません 

« 良く降りましたね | トップページ | キッチン編;追加 »

家(インテリア・設備)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間取りその1:キッチン編:

« 良く降りましたね | トップページ | キッチン編;追加 »

無料ブログはココログ